無料ダウンロードe-book

無料ダウンロードできるe-bookはこちらから

高速ブレンダー、ジューサーを特価でご紹介

読者特価のブレンダー・ジューサーとRBJ推薦のお買い物

ローフード・フォー・ビジー・ピープル

石塚ともの出版物はこちらから

お知らせ(2016/11/05)
長いことお楽しみいただきました「寺子屋メルマガ」は、だいたいのコンテンツをお伝えしたと思い、近いうちにひとまず終了したいと考えています(あと10本ぐらい発行します)。
終了後は無料で学習できる英語メルマガを集中して発行していきたいと思っていますので楽しみにお待ちください。
英語メルマガの登録はこちらから。

英語・寺子屋の新規生徒様募集は現在しておりません。 英語は無料メルマガでぜひお勉強ください。

下記をご参考にお願いします。
寺子屋・受講生様の声
英語教室・受講生様の声

2015年11月07日

財布を「千円札」でいっぱいに(財政) vol.315

***********************************************************************

石塚とものロービューティ寺子屋

財布を「千円札」でいっぱいに(財政) vol.315

***********************************************************************

みなさまこんにちは。
「石塚とものロービューティ寺子屋」は、
「一番大切なことを愛する」読者の皆様に向けて、
今、この時代に学ぶべき価値を発信することを目指しています。
「究極のタカラ=自分との出会い」をご一緒に探求してまいりましょう。



☆★☆ 寺子屋&英語 ☆★☆
英語教室、来年1月か2月に開講する
新規「基礎みっちりじっくりでも伸びるよクラス」を開催しようと
思っています。
・毎週水曜日午後
(ただし月3回ぐらいの開催)
・30回ぐらいできっちりじっくりが終了
・その後は火曜日か土曜日午後の継続クラスに編入が可能
・初心者でも大丈夫
・何回間違えてもいやな顔しません
・ただし、できるまでしつこく同じ質問します
・家族の体調のため急な休講の可能あることご了承ください
にする予定です。
生徒様のおひとりおひとりをじっくり伸ばすため、
早めに募集を始めようと思いますので、
近日のご案内をお待ちください。
ご質問、ご興味の方は、
こちらからお問い合わせください
http://www.enpitu.ne.jp/tool/formmail.cgi?id=72381


☆★☆ローフード・フォー・ビジー・ピープル☆★☆
アメリカで3万部、日本で7000部、
インディレーベルでそれぞれひとりで売った、
ローフードの基本と時間をかけないレシピが学べる古典。
簡単なアボカド・ディップから、三段がさねの「ロー・コテッジ・パイ」まで
1冊に147のレシピを収録のボリュームです。
(書籍はテキスト中心です)
書籍
http://goo.gl/31fdYv
DVD
http://goo.gl/vefC7g


☆★☆ローフード わたしをきれいにした不思議な食べもの☆★☆
どうして今でも売れてるの?
どうして圧倒的な数のレビュー(アマゾン31 mixi 27)がつくの?
(今でもつきます)
それは、この本が、あなたのなかの「あなた」を
目覚めさせるからではないかな、と自己分析しています。
食べものの本なのに、心がめざめる、不思議な本。
「自分が見つけられなくて」ちょっとつらそうなお友達がいたら
奨めてあげてね。
http://goo.gl/jcnftQ


☆★☆ このメルマガのバック・ナンバー・ブログです。
とくに最近購読を開始された方は、ぜひお読みになってみてください ☆★☆
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net


☆★☆無料e-book 英語はまずはこれでお勉強を☆★☆
◆『あなたの「日本語」を味方にすれば、 「英語」はもっとラクに伸びる。
ロービューティジャパン英語教室のメソッドの一部を無料でお伝えします。vol.01』
超ボリューミー! !これだけでもお教室が開けるぐらいの内容です^^
お友達にもぜひ下記のURLをご紹介ください。
http://www.rawbeautyjapan.com/ebook/RBJe_reportvol0120120717.pdf


☆★☆ note で、子宮筋腫のことを書いています☆★☆
3月11日に受けた検査で、
今まで10個以上あった子宮筋腫が、
2個しか確認できませんでした。その2個も小さくなっていました。
子宮筋腫の経緯についてなど
ご興味のある方は見てみてくださいね。
note
https://note.mu/ishizukatomo_rbj



☆★☆ 財布を「千円札」でいっぱいに(財政) vol.315 ☆★☆


英語の話は、vol.313 と314 でいったん終わりにしますね。
英語上達に興味のある方、ぜひ

vol.313
「はうあいわんだ〜わっちゅ〜あ〜」
http://rawbeauty.seesaa.net/article/427777830.html

vol.314
マトリョーシカ英文、おひなさま英文(語学学習)vol.314
http://rawbeauty.seesaa.net/article/428542990.html

を読んでみてくださいね。


今、東京にいます。
なんぜわざわざ「東京にいます」というかというと、


今朝から渡仏する予定だったのですが、
ともパパ肺炎でドタキャンになっちゃったからです
(重症じゃないのでご安心を)
あちらでたっぷりメルマガ書く時間にあててましたので
病状急変しないかぎり
こちらでそうする予定ですので
お楽しみに。


さて、
今日は、
「財布の中身は【千円札】でいっぱいにしておくことをオススメ」
という話です。
「千円札」
です。
「一万円札」ではないです。


そもそもこの「寺子屋」メルマガ、
第一回のテーマが
「財布は長財布」だったんですよね^^
(今過去ログが出て来ませんが……)

ちょうど亀田潤一郎さんの
『稼ぐ人はなぜ長財布を使うのか』が
話題になっていて、
http://goo.gl/AOxOoK
私もそれを実践してみた感想を書きました。

「長財布を使うことで、小銭ではなく
札の方に視線が向くようになった。
それゆえにマクロ指向になり、収入も上がるのではないか?」

そんなまとめ方をしたと思います。


そのあと、私の財布は
「長財布」から「二つ折り財布」に
戻りました。


きっかけは、今だから言いますが、
2年前にその長財布をパリですられたことです(汗)

シャルル・ドゴール空港に向かう電車
(治安が悪いと言われている)に
ラッシュアワーの時間帯にのってしまって、
厚着していたものですから人いきれでぼーっと
してしまって
「あ、今やばいな」と思ったら
やられてました;;


ちなみに被害は現金20ユーロぐらいで、
財布代は旅行保険で全額戻って来て、
かえって黒字なぐらいでしたが^^


ただ、そのときに考えました。


「長財布=大きな財布=お金持ち」という発想は
「お金持ち=土地持ちというか大規模所有」時代の
発想で
「お金持ち=移動の自由=コンパクト」という
時代の発想には合わないな、と。


あと、そのちょっと前まで交際していた男性が、
収入も高かったし、一種の「権力」も持っているポジションにいる人
だったんだけど
その人の財布が見事にぼろぼろの二つ折り財布でした^^


むしろ、「豊かさとは、持ってる通貨の種類の数」かも、
と思わせる財布でした。

というわけで、
その後買い替えた財布は二つ折りで、
以降、ずっと二つ折りの財布を使っています。


最近は父の診察券なんかも入れていて
どうしても膨らんで来てしまうので、
「うすいのがウリ」の二つ折り財布を
今、物色しているところです。


で、財布の外側はそう変わって
本題は中身の話です。


「財布に一万円札を入れておく」派の人は、
一万円という単位でものを考える、
スケールの大きさが次の富をみちびく、
という論旨だと思います。


しかし、私の異論は、です。


お金というのは、額が大きくなれば、
必ず「現物(貨幣)」から「概念(数字)」に
スイッチします。
たとえば、今、どのような経済状態であっても、
給料を現金で受け取ったり、
家賃を現金で大家さんに持って行く人は
超少数派でしょう。
ちゃんと数が数えられて、
その数がどれほどの意味を持つか、が
数字を見たら感覚でとらえられる必要があります。


ときどき
「カードだと使ってしまうからお買い物は現金派」
という人がいますが、
現金だろうがカードだろうが振込だろうが、
お買い物できる額というのは
自分の支払い能力の額、と
決まってる訳です。
それを管理できなかったら、
カードでも現金でもあっぷあっぷになるのは見えています。


もっとも最近はそういう人は減ったかな?
日本ではクレジットカードの普及は遅いほうでしたが
(現金をもっても安全だし偽金も流通しないので)
今はインターネッとショッピングに欠かせないので
日本人のカードへの垣根はすごく下がったかもしれません。


インターネットショッピングの話を書きましたが、
そういうわけで、今、
数千円以上の買物なら、カードを使う人は増えているし、
5桁以上になったら振込の機会も増えるわけです。


……と、すると。
現金で買物をするのは、圧倒的に小額の現金の
買物の率が高い、もしくは
前より率が上がっている、ということです。


海外(欧米豪ですが)に行く機会が増えて思うのは、

「日本は、コンビニなどの小売店に
『両替機』の機能を負わせてしまっていないか?」

ということです。

ATM でお金を下ろして
マシーンから出て来た1万円を
小売店でくずすのが通常になってますよね。

小売店側も、そのぶんを見越して
1000円札を用意しているはず。


でも、本当は、それは、小売店の「仕事」ではないはずです。
(あくまでモノを売るのが仕事)


しかも、客単価は1000円前後が多いのだから
(5000円以上なら別だけど)
同じ支払うのなら、
1万円で払うのと、1000円札で支払ってあげたほうが、
助かる具合がずっと違うはずです。
客側から見たら
おつりが出てくるのも早いです。


欧米(豪)のATM だと、
お金を引き出すときにおおむね金種が選べます。

そのときに、「100ドル」「100ユーロ」というのは
存在しないマシーンも多くて、

いちばん主流は「20」
あと「50」とか「10」との組み合わせになっています。

そもそも
「20」しか選択肢が無いマシーンもひんぱんに見ました。
たとえば、100だったら20×5の組み合わせしか無いのです。

また200 以上(日本だったら2万円ぐらい)
を引き出す選択肢がない場合もあります。
高額現金は防犯の意味もあって持ち歩かないんですね。


私はそれでやっと「2000円札」誕生の意味がわかりました。
たしかに「20」という単位に慣れてしまうと、
これは使いやすい。
ランチだとか、コンビニでの買物だとか、
日常で現金を使う生活では「12〜15(円なら1200〜1500円)」
という支払額が多いからです。
そうすると「20」を一枚出して、
硬貨でおつりをもらう、というのは、
とっても勘定が手早い。

「2000円札」もそれに習って作られたのだろう、
と想像しますが、
日本では「2」という単位がそもそも不慣れなため
(「5」と「10」しかありませんでした)
流通の主流になることができませんでした。
(2003年以降製造されていないのだそうです)
今、日本の金融機関においてある両替機でも2000円札はない場合もあります。
習慣の違いなので、まあしょうがないですが。


で、話を戻すと、
ATMが小額紙幣を引き出す、という機能を持っていれば
小売店は「両替」の部分まで見込む必要がないんです。


だけど、日本では
ATM が「小額紙幣引き出し」の機能を持たないんですね。
銀行によってまちまちで、
一万円しか出てこない機械も多いです。
私がメインにしているみずほ銀行は、
引き出すときに10枚だけ1000円札を引き出すことが
できるのですが、
先日、三井住友銀行のATM が入れ替えがあったようですが、
新しい機械にもやっぱり「一部小額紙幣」の機能はついていませんでした。。。


「小額紙幣の供給」が
金融機関の仕事か小売店の仕事かといえば、
私は金融機関だと思うんですがね……。


で。
財布の中身に一万円札を入れて
イメージ力をあげてお金持ちになることも
大切かもしれませんが、
千円札と一万円札、出して喜ばれるのはどっちでしょうか。

千円札のほうが、
圧倒的に喜ばれるのではないでしょうか。

小売店だったら、
たとえ勘定が6000円であったとしても、
五千円札一枚と千円札一枚出すより、
千円札六枚出す方が喜ばれるのではないか、と思います。


「喜ばれる」
のは
「ニーズを満たす」
ということです。

同時に
「決済が早い」
「喜ばれる」
などの自分のニーズも満たしています。


「ニーズ」を「満たす」
ためには
相手の「ニーズ」を「知」らないとできませんので、
当然、相手の「ニーズ」を考えることが
習慣化するはずです。


お金持ちになりたかったら、
「一万円でイメトレ」
するより、
「相手のニーズ」を
つかむほうが
確実だと思うのですが!


ちなみに
『稼ぐ人はなぜ長財布を〜』
の著者の亀田さんは
「財布の中身は五千円札」を
推奨していますが、
これは「五千円が稀少だから」
だそうですが、
「五千円」は「一万円」よりは
いいと思います。
日本では「五千円札」を
欧米豪の「二千円札」的に
使うのが、
「おつりの利便性」という点から見ても
よいかもしれません。

それに、ほんとに「お金持ち」になりたかったら、
最低8桁ぐらいの数字でその価値が体感でイメージできるように
しておきたいですから、
8桁の現金なんて、絶対に財布に入らないんですから(笑)
身の回りの現金は現金、これはこれと
イメージ能力を管理できないと、
富豪への道は成就できないのでは。

上にも書きましたように、
今は、インターネットショッピングの普及で、
カードの買物は誰でもするようになっているわけですし。

千円札を意識して使うようになると、
世の中には、六桁、七桁の金額にびびらない、
という豊かさがあるのと同様、
千円札一枚でどれほどのことができるのか、
というありがたさにしみじみすることも
多くなります。

私は
「ひとりで仕事をしているので、日中、あまり
人と話さない」
「1000円前後のタクシーに乗る機会が多い」
ため、千円札を意図してつくるようになったのですが、
そうすると、お店やタクシーで
「ありがとうございます。助かります」
と言ってもらえる機会が
格段に増えることに気がつきました。


人と話す機会が少ないので、
一回一回「(ニーズを満たすことで)喜ばれる」のは、
一日の気持ちのよさに大きく関わってきます。


それこそが
「富」
ですよ!

財布の中身を全部一万円にして
毎回「おつりはいいからとっておきなさい」
と言える場合をのぞいては(爆)


《本日のまとめ》
財布の中身に千円札をたくさん用意しておくと

・支払いが早い
(「少々お待ちください」と言われない)
・支払う場面で喜ばれ、お互い気持ちがいい
・「現金で支払うシーン」「カードや銀行決済で支払うシーン」
などのイメージ管理力が鍛えられ、
財政管理能力が上がる

・「相手のニーズを満たす」「自分のニーズも満たす」
という動機にもとづいた選択であり、そのような選択が常にできる
ようになることは、生活の豊さにつながる

というメリットがある。




本日もお読みいただきまして、
ありがとうございました。


次回も楽しみにしてくださったら
とても嬉しいです。

「みんなにも知ってほしい」と思うことは、
どうぞシェアで広めてください。




ご意見、ご要望、石塚ともに聞いてみたいご質問を遠慮無くお寄せください。
お名前、メルアドは残す必要ありません。
ただ、この感想フォームは、ブログ、メルマガ、すべての記事の感想が
一ヶ所に集まってしまう仕組みになっているので
「メルマガの何号感想」というふうに書いていただけると嬉しいです。
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/146935122.html


【ジューサー、ブレンダー類のご紹介について】
ジューサー類のご紹介は現在休止中です。
(もうすぐ再開できそうです……
 といいながら止まってしまってごめんなさい)

バイタミックスは引き続きロービューティジャパン特別価格でお取り扱いしています
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/category/6337973-1.html


発行人 石塚とも
ブログ『Raw Food, Raw life, Raw love.』
http://rawbeauty.seesaa.net

石塚とものプロフィール
http://www.rawbeautyjapan.com/about_us/


登録・解除フォーム
(まぐまぐ版・1270部)
http://www.mag2.com/m/0001243615.html
(インフォマグ版・465部)
http://www.infomag.jp/Site_6330.html


本文は著作権により保護されていますが、有料の媒体への転載をのぞき、
許可なく転送、転載可能です。
その場合は、メルマガの紹介をお願いいたします。


「記事面白かった」「もっと読みたい」「応援してます」の
方、下記バナーをクリックして知らせてください。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村 ダイエットブログ 食べるダイエットへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 幸せな暮らしへ



メルマガ「石塚とものロービューティ寺子屋」
読んだらエネルギーが伝わるメルマガ、目指してます。
こちらからご登録を。
http://www.mag2.com/m/0001243615.html

note
子宮筋腫のことや、映画評を書いてます。
https://note.mu/ishizukatomo_rbj

twitter
@tomoishizuka

facebook
お友達申請は、ひとことメッセージを添えてくださいね。
https://www.facebook.com/tomo.ishizuka
(メッセージ添えていただければお会いしたこと無い方でも承認しております。
メッセージなしでいきなりのリクエストは
承認ご遠慮しておりますのでご了承ください。
ご理解よろしくお願いいたします)


thank you for reading..jpg
posted by 石塚とも at 00:13| ロービューティ寺子屋バックナンバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。