無料ダウンロードe-book

無料ダウンロードできるe-bookはこちらから

高速ブレンダー、ジューサーを特価でご紹介

読者特価のブレンダー・ジューサーとRBJ推薦のお買い物

ローフード・フォー・ビジー・ピープル

石塚ともの出版物はこちらから

お知らせ(2016/11/05)
長いことお楽しみいただきました「寺子屋メルマガ」は、だいたいのコンテンツをお伝えしたと思い、近いうちにひとまず終了したいと考えています(あと10本ぐらい発行します)。
終了後は無料で学習できる英語メルマガを集中して発行していきたいと思っていますので楽しみにお待ちください。
英語メルマガの登録はこちらから。

英語・寺子屋の新規生徒様募集は現在しておりません。 英語は無料メルマガでぜひお勉強ください。

下記をご参考にお願いします。
寺子屋・受講生様の声
英語教室・受講生様の声

2016年01月31日

吉方移転(きっぽういてん) (お片づけ) vol.323

*******************************************************************************************

石塚とものロービューティ寺子屋

吉方移転(きっぽういてん) (お片づけ) vol.323


*******************************************************************************************


みなさまこんにちは。
「石塚とものロービューティ寺子屋」は、
「一番大切なことを愛する」読者の皆様に向けて、
今、この時代に学ぶべき価値を発信することを目指しています。
「究極のタカラ=自分との出会い」をご一緒に探求してまいりましょう。



☆★☆ 寺子屋&英語☆★☆

新年予定していた新規クラスの開講は、延期させて
いただくことになりました。
お待ちくださった皆様には申し訳ございません。
再開のとき、ご縁がありましたらお会いいたしましょう。

・初心者でも大丈夫
・何回間違えてもいやな顔しません
・ただし、できるまでしつこく同じ質問します

↑RBJ英語の方針です!

ご質問、ご興味の方は、
引き続きこちらからお問い合わせください
http://www.enpitu.ne.jp/tool/formmail.cgi?id=72381


☆★☆ローフード・フォー・ビジー・ピープル☆★☆
アメリカで3万部、日本で7000部、
インディレーベルでそれぞれひとりで売った、
ローフードの基本と時間をかけないレシピが学べる古典。
簡単なアボカド・ディップから、三段がさねの「ロー・コテッジ・パイ」まで
1冊に147のレシピを収録のボリュームです。
(書籍はテキスト中心です)
書籍
http://goo.gl/31fdYv
DVD
http://goo.gl/vefC7g


☆★☆ローフード わたしをきれいにした不思議な食べもの☆★☆
どうして今でも売れてるの?
どうして圧倒的な数のレビュー(アマゾン31 mixi 27)がつくの?
(今でもつきます)
それは、この本が、あなたのなかの「あなた」を
目覚めさせるからではないかな、と自己分析しています。
食べものの本なのに、心がめざめる、不思議な本。
「自分が見つけられなくて」ちょっとつらそうなお友達がいたら
奨めてあげてね。
http://goo.gl/jcnftQ


☆★☆ このメルマガのバック・ナンバー・ブログです。
とくに最近購読を開始された方は、ぜひお読みになってみてください ☆★☆
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net


☆★☆まずはこれでお勉強をしていただける完全無料e-book作りました☆★☆
◆『あなたの「日本語」を味方にすれば、 「英語」はもっとラクに伸びる。
ロービューティジャパン英語教室のメソッドの一部を無料でお伝えします。vol.01』
超ボリューミー! !これだけでもお教室が開けるぐらいの内容です^^
お友達にもぜひ下記のURLをご紹介ください。
http://www.rawbeautyjapan.com/ebook/RBJe_reportvol0120120717.pdf


☆★☆ note で、子宮筋腫のことを書いています☆★☆
3月11日に受けた検査で、
今まで10個以上あった子宮筋腫が、
2個しか確認できませんでした。その2個も小さくなっていました。
子宮筋腫の経緯についてなど
ご興味のある方は見てみてくださいね。
note
https://note.mu/ishizukatomo_rbj


☆★☆編集前記? シドニーの免税店、ローチョコまつり!☆★☆
日本に戻って来ましたが、
乗り継ぎのシドニー空港で改装されたてのぴかぴかの免税店で、
オーストラリアが誇るローチョコブランド、Pana Chocolate が
大々的にフィーチャーされててびっくりしました。
スイーツのショーケースもあり、搭乗前にロースイーツが食べられちゃうんです。
すごい時代になりました。
写真アップしたので見てみてください。
https://www.facebook.com/tomo.ishizuka/posts/1102566703111558?pnref=story



☆★☆吉方移転(きっぽういてん) (お片づけ) vol.323 ☆★☆


上にも書きましたが
東京に戻って来て、
1月前半に引っ越した新居にいるわけですが、
そして、前回は「人感センサーライト」なんて
細かいものの話を書いてしまったのですが、
実は、もっと大きな
報告すべきことがあるのです……。

それは……

この場で感じている「エネルギー」がすごいんです。

わー、なんだかヤバい話ですね^^;

こんなこと書くようになっちゃった
自分、昔はこんなこと書くような人間じゃ
絶対なかったような気もするのですが、
でも、結構昔から感じていたような記憶もあります。
「感覚を封印していた」
というやつかしら?

とにかく、
この場にいますと、
「フレッシュ・ジュース」とか
「新鮮な有機野菜で作った料理」とか
「塩なしミール」とか

食べたときの
「うお〜〜〜、この感覚はなんだ! でも間違いなく、
身体に何かいいことが起こっている!」
という感覚と同じで。
もはや否定できないワサワサ感なんですよね〜


実はこの場所に引っ越しを決めたのは、
実家への交通の便の良さとかもあるのですけど、
「方位」
を見て引っ越したのです。


以前からも報告しているように、
テンプル・ビューティフルさんのご紹介で
コンテンポラリー風水のマーク・エインリー氏と
そのお弟子さん(エンジェル)たちの指導を受け、
家の中の風水にはあれこれ気を使うようになったのですが、
家の外の「方位」まで気にして住む場所を決めたのは
人生で初の体験でした。


このように、方角のいい方向に
引っ越すことを
「吉方移転(きっぽういてん)」
と言うそうです。


前の元麻布の家(一戸建て、二世帯住宅部分を
大家さんからお借りしていた)は
「以前からここに住みたかった!」と思っていた
場所だったので、意気揚々と引っ越したのですけれど、
そして、コンテンポラリー風水(方位は気にしません)の点からは
家が真四角な上、最初からアドバイス通りの配置、と
かなり理想的なつもりでした。


そこで、特別悪いことが起こったというわけでもありません
(ただし、絶好調というわけでもありませんでした。
ご存知のとおり、実家の仕事の方が優先になっていたし
メルマガをはじめ、書く方のライフワークは
とくに2014, 2015 は
うっちゃらかしになっていた状態でした)


そんなことをぽろっと言ったら
ある人に言われたんですね〜。

「ともさーん……
そのときに言おうかどうか迷ったんですけど、
実は、前回のお引越し時期は、
誰も動いてはいけないときだったんです」


と。

おおお〜〜、
聞いちゃったからには
最後まで聞かなくては気持ちが悪い。

それに、そんなことで「流れ」が
変わるんなら、
活用するのは大好きですしね。


そんな時期に、
前に住んでいた元麻布の家の前で、まさかの
マンション建築が始まりまして
(引っ越す前に周囲の建物まで調べて
絶対に騒音はないと思ったのに、
築10年だという比較的新しめの賃貸マンションを壊して
新築が始まっちゃったのです)
木造の我が家は土台から響くような騒音に
巻き込まれるはめになってしまいました。


そのほか、
木造の広い家にひとりで住むのはかなり寒かった、とか、
実家の事務所にもっと通いやすいところに移りたい、という
希望も出て来ました。
(ゲルソンのお弁当を持って通うようになってからは
毎回、荷物が小旅行状態でした。
「ジュース」とか「野菜」とか水分なので重いのです><)


方位について教えてくれた人の情報では
私が引っ越したほうがいいのは
「2016年の1月に、南東へ」
という、なんとも狭いレンジの話で
「それを逃しちゃったら動かない方がいい」
というお話だったので、
不動産屋さんを困らせることになるんじゃないかしら、
と焦りましたが、
ちゃんといいのがでてきました。

ちなみに、今回お世話になった不動産屋さんに
よると、
「風水」や「方角」について気にする人は
実はかなり多く
(以前からそうだったのか、最近そうなのかは聞くの忘れました)
むしろ最初から風水なり気学なりの人に鑑定してもらい、
評価が高かった物件は「風水コンサルタント推奨物件」
みたいなラベリングをすれば、他の仲介業者さんと
差別化できるんじゃないか、なんて
前向きなことをおっしゃっていました。


そして、引っ越してみて日々びっくりしてるんですが、
なんだか、理想の物件なんです。

最初に書いた
「エネルギー」みたいな
抽象的なことだけではなくて、


・交通の便の良さ(5線5駅+バス)
・駅までの近さ(遠くて8分)
・すべての駅まで道が平ら
・間取り
・広さ(これ以上広くても狭くても住みづらい)
・収納量(上記に同じ)
・食材の買物
・工夫されて使いやすいキッチン
・建て付けの良さ(床に座っても冷えてこない)
・静かさ
・採光(南向きでないにもかかわらず明るい)
・カフェ(オーガニックカフェと朝6時半にあいてるファミレス)
・浴室衣類乾燥(使ってないけどいざというとき)
・隣が空室(使いづらい間取りでずっとあいてる)

・あと、羽田、成田、双方に便利です。



これだけ揃えば
そりゃー「理想的」ですよね〜。

ちなみに賃料なんですが、
本来は前の住まいよりもちょっと高くて
「うーむ」と唸っていたら、
不動産屋さんの大活躍で、
結局、以前の住まいよりも
下がってしまいました ^o^/


そして、
上記に書いた
「理想的」よりも
もっと
「素晴らしい」と
思っていることがあります。


それは、ここに転居してみて
たとえば、
多すぎも少なすぎもしない収納にものを
入れてみて、
「自分が持てるもの」
「持ちたいもの」
の量がわかった、ということ。

それなりに収容量があるが
「ずっと読まない」本をしまえるほどでもない大きさの
書棚に本を並べてみて
「自分が何を調べ」
「何を書きたいのか」
がわかった、ということ。


そんなふうに、
「自分がわかった」感が
強いのです。

頭の中も
心の中も、
めちゃくちゃ整理されました。

今、
calm radio
https://calmradio.com/ja/
の「メンデルスゾーン」のプログラムを
ipad から BOSE のスピーカーとつなげて
聞きながら書いてるんですけど、
こんな優雅な瞬間が、
人生の中であったかどうか思い出せないぐらいなので
やっぱり理想の境地に
いるのかなあ、と思っています。

何よりも
メルマガ発行の頻度が戻って来ているのが
自分の充実ぶりを表して
いるのではないかと思います。


最後に、
冒頭に書いた
「エネルギーの良さ」
ですが、
検証してみると、
ふたつの要素が感じられます。


一つは、
気学が提唱する
「大地エネルギー」みたいのを
本当に感じてるんじゃないか、ってこと。


マークが奨める
「コンテンポラリー風水」が
方角を気にしないのは、
「今は、家の中に電磁波を飛ばす電気製品があったり
他のエネルギーが飛び交ってしまっているので
大地のエネルギーを感じようにも感じにくく
なっているから」
ということだそうですが、
でも、そのうえで、
感じられるものなら感じて利用できれば
鬼に金棒ですよね。


私は、物件の内見のときから
このエリアに来るたびに、
駅に降りた時点で
「うわ〜〜〜」と響いてくる
エネルギーを感じていて、
(セドナで感じた「ボルテックス」みたいだった)
また、全然なじみがなかったにも関わらず、
「懐かしさ」や「親しみやすさ」も感じていたので、
やっぱり、そういうのってあるかもしれません。

(プラシーボ、かもしれませんのであしからず^^;)


それと、もう一つは、
「人との距離感」
です。


前に住んでいたところは、
文字通りの「住宅街」だったので、
お店も少なかったし、人通りも少なかった。
人の「気配」を感じることが
とても少なかったのです。


それに対し今回は、
商店街もありながら、
オフィス街でもあり、
さらに、集合住宅も多いという、
ややごった煮風の空間。

でもおかげで、
お昼休みどきには家の前を
たくさんのお勤め人さんが通っていくのが見える。
家の回りには、
定食屋さんやお弁当屋さん、居酒屋もたくさんあり、
昼時には「そばつゆ」や「天ぷら」のにおいが
ただよってきます^^


一方、上にも書きましたが
建て付けのよさのおかげで
「騒音」と感じることはなく
人の
「気配」
は感じるのに
「わずらわしさ」を
感じることがない、
という
絶妙の距離感なのです。


この感覚が、
とても快いのだと思います。


今回私が住むことになったこのエリア、
私は東京育ちですが、
まったくご縁がなく、
もちろん足を踏み入れたこともなく、
地図で見るだけでは
どんなところか全然わからなかったのに、
来てみたらこんなに自分にぴったりのところだった、
というのが
とても興味深いです。

というのは、
「方位」なんていう、
自分の意思とは関係のない選択で
選んでみたら、
自分の欲しいものだらけだった、
それも、はっきり「欲しい」と意識していなかったものまで
どんどん提供された、
という結果が得られたからです。


私が今回「方位」と呼んでいるものは、
一般的な「九星気学」
らしいのですが、
占術って
やっぱり、
あなどれないですね〜〜。

引っ越しとお片づけの話は、
次回も続きます。





《本日のまとめ》

1)いにしえから続く「占術」関係
 やっぱりあなどりがたし!

2)「ほい、こんなん出ました」に従ってみたら
  自分が求めていたもの(意識する、しないにかかわらず)
  がより明確にされることがある。
  
3) 「こんなん出ました」に従ってみたら
   自分が求めていたものが手に入るようなら
   それは「理想」





本日もお読みいただきまして、
まことにありがとうございました。


次回も楽しみにしてくださったら
とても嬉しいです。


「みんなにも知ってほしい」と思うことは、
どうぞシェアで広めてください。




ご意見、ご要望、石塚ともに聞いてみたいご質問を遠慮無くお寄せください。
お名前、メルアドは残す必要ありません。
ただ、この感想フォームは、ブログ、メルマガ、すべての記事の感想が
一ヶ所に集まってしまう仕組みになっているので
「メルマガの何号感想」というふうに書いていただけると嬉しいです。
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/146935122.html


【ジューサー、ブレンダー類のご紹介について】
ジューサー類のご紹介は現在休止中です。
(もうすぐ再開できそうです……
 といいながら止まってしまってごめんなさい)

バイタミックスは引き続きロービューティジャパン特別価格でお取り扱いしています
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/category/6337973-1.html


発行人 石塚とも
ブログ『Raw Food, Raw life, Raw love.』
http://rawbeauty.seesaa.net

石塚とものプロフィール
http://www.rawbeautyjapan.com/about_us/


登録・解除フォーム
(まぐまぐ版・1249部)
http://www.mag2.com/m/0001243615.html
(インフォマグ版・455部)
http://www.infomag.jp/Site_6330.html


本文は著作権により保護されていますが、有料の媒体への転載をのぞき、
許可なく転送、転載可能です。
その場合は、メルマガの紹介をお願いいたします。


「記事面白かった」「もっと読みたい」「応援してます」の
方、下記バナーを
ぽちっ↓ と押して知らせてください。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村 ダイエットブログ 食べるダイエットへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 幸せな暮らしへ



メルマガ「石塚とものロービューティ寺子屋」
あなたの暮らしが、今日と変わる。
こちらからご登録を。
http://www.mag2.com/m/0001243615.html

note
子宮筋腫のことや、映画評を書いてます。
https://note.mu/ishizukatomo_rbj

twitter
@tomoishizuka

facebook
お友達申請は、ひとことメッセージを添えてくださいね。
https://www.facebook.com/tomo.ishizuka
(メッセージ添えていただければお会いしたこと無い方でも承認しております。
メッセージなしでいきなりのリクエストは
承認ご遠慮しておりますのでご了承ください。
ご理解よろしくお願いいたします)


thank you for reading..jpg



posted by 石塚とも at 23:59| ロービューティ寺子屋バックナンバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月26日

人感(じんかん)センサーライト(お片づけ) vol.322

*******************************************************************************************

石塚とものロービューティ寺子屋

人感(じんかん)センサーライト(お片づけ) vol.322

*******************************************************************************************


みなさまこんにちは。
「石塚とものロービューティ寺子屋」は、
「一番大切なことを愛する」読者の皆様に向けて、
今、この時代に学ぶべき価値を発信することを目指しています。
「究極のタカラ=自分との出会い」をご一緒に探求してまいりましょう。



☆★☆ 寺子屋&英語☆★☆

新年予定していた新規クラスの開講は、延期させて
いただくことになりました。
お待ちくださった皆様には申し訳ございません。
再開のとき、ご縁がありましたらお会いいたしましょう。

・初心者でも大丈夫
・何回間違えてもいやな顔しません
・ただし、できるまでしつこく同じ質問します

↑RBJ英語の方針です!

ご質問、ご興味の方は、
引き続きこちらからお問い合わせください
http://www.enpitu.ne.jp/tool/formmail.cgi?id=72381


☆★☆ローフード・フォー・ビジー・ピープル☆★☆
アメリカで3万部、日本で7000部、
インディレーベルでそれぞれひとりで売った、
ローフードの基本と時間をかけないレシピが学べる古典。
簡単なアボカド・ディップから、三段がさねの「ロー・コテッジ・パイ」まで
1冊に147のレシピを収録のボリュームです。
(書籍はテキスト中心です)
書籍
http://goo.gl/31fdYv
DVD
http://goo.gl/vefC7g


☆★☆ローフード わたしをきれいにした不思議な食べもの☆★☆
どうして今でも売れてるの?
どうして圧倒的な数のレビュー(アマゾン31 mixi 27)がつくの?
(今でもつきます)
それは、この本が、あなたのなかの「あなた」を
目覚めさせるからではないかな、と自己分析しています。
食べものの本なのに、心がめざめる、不思議な本。
「自分が見つけられなくて」ちょっとつらそうなお友達がいたら
奨めてあげてね。
http://goo.gl/jcnftQ


☆★☆ このメルマガのバック・ナンバー・ブログです。
とくに最近購読を開始された方は、ぜひお読みになってみてください ☆★☆
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net


☆★☆まずはこれでお勉強をしていただける完全無料e-book作りました☆★☆
◆『あなたの「日本語」を味方にすれば、 「英語」はもっとラクに伸びる。
ロービューティジャパン英語教室のメソッドの一部を無料でお伝えします。vol.01』
超ボリューミー! !これだけでもお教室が開けるぐらいの内容です^^
お友達にもぜひ下記のURLをご紹介ください。
http://www.rawbeautyjapan.com/ebook/RBJe_reportvol0120120717.pdf


☆★☆ note で、子宮筋腫のことを書いています☆★☆
3月11日に受けた検査で、
今まで10個以上あった子宮筋腫が、
2個しか確認できませんでした。その2個も小さくなっていました。
子宮筋腫の経緯についてなど
ご興味のある方は見てみてくださいね。
note
https://note.mu/ishizukatomo_rbj


☆★☆編集前記? 数日だけメルボルンにいます☆★☆
ほんとにおいしいデカフェ&ソイ(もしくはアーモンド)のカプチーノ飲んで
数日だけ休憩中です。
すぐに帰ります。



☆★☆人感(じんかん)センサーライト (お片づけ) vol.322 ☆★☆


前号にも書きましたが、1月前半に引っ越しをしたので、
今回もまたお片づけ、というか
ちょっとしたインテリアの工夫の話です。


しばらくヨーロッパから遠ざかっていますが、
ヨーロッパでは必ずそうなってて、
日本では全然そうならないもの。


それは、マンション(集合住宅)やホテルの廊下の
照明が、つけて1〜2分経つと自動的に消えることです。


「ミニュットリー」というのですが、
廊下の照明は「スイッチ」でなく
「ボタン」を1回押すと照明がついて明るくなります。


そのボタンがタイマーになっていて、
1〜2分たつと、自動的に消えるのです、節電のために。
ボタンは、小さなランプが入っていて、
真っ暗な中でもどこにあるのかがわかるようになっています。


全部の国を回ったわけじゃないですが、
フランスではまずこれが普及しています。
ドイツも、滞在経験が少ないですが、こうなってました。
(ドイツ在住の方のブログなどでもそのようです)


ホテルでも、「三ツ星」
つまりバスタブがあるようなそれなりにちゃんとしたホテルや、
パリの5000万円ぐらいしそうなマンションでも、
共用部の電気は1〜2分たつと消えて
真っ暗なのが普通なんです。




ちなみに、今いるオーストラリアでは
まったく普及していません><
(日本と同じで「スイッチ」です)


「ミニュットリー」の話を日本ですると
「防犯上よろしくないんじゃないの?」という意見が
圧倒的なのですが
(なにしろ、公共部分の電気が「ばたっ」と
消えて真っ暗になるので、日本人からしたら
相当戸惑います)
私は、この「ミニュットリー」が大好きです。


どうしてかというと、
つけるだけつけて、消す心配をしなくていいからです!


私は、私のお仕事を一つでも減らしてくれるものが
大好きなのです!^^

日本でも、
トイレの換気扇などだったら
スイッチを入れたとたんタイマーが入って
トイレの換気に十分な数分間がたったあと
自動的に切れるタイプのものを見るのですが、
照明や空調にも、これをやったらいいと思う訳です。

「後ろを振り返らないでいい」
というのは、私には大きな助けなのです。

たとえば暖房器具なども、
エアコンはスイッチを入れたとき同時に
「1時間後に切れる」タイマーのスイッチを入れますし、
(切れて寒くなったらまたつければいいのです。
ちなみに、冷房はつけっぱなしの方が消費電力が少ないですが、
暖房については、ネット上の各種実験結果を見ますと
必ずしもそうではないようです)


ヒーター型の暖房器具も、
ナショナルのタイマーを全部かませてあります。
(ヒーター型の暖房は、スイッチを入れているあいだ消費電力が変わることは
ありませんので、
つけている時間はなるべく短いに越したことありません)

↓アマゾンの評価でも愛用者がたくさん



そして、ヨーロッパにかぶれて
「ミニュットリー」の便利さを
東京でも実現したい私が
超愛用しているのが
「人感(じんかん)センサーライト」!


これ、賃貸住宅では大規模な電気工事がしづらい日本の住環境では、
じわじわ浸透し始めているようなのですが、
人が近くで動くと、その「動き」を感知して
スイッチを入れなくても
「ぱっ」と電灯がつき、
1〜2分たつと、また
自動的に照明がきれる、というものです。


中でも私が愛用しているのは、
イケアのOLEBY というシリーズで
単四電池で作動して
両面テープを使ってはりつけることができて
2個で699円という安さです。
電池をエネループなどの充電型のものにすれば
電気代も激安です。
(イケアの商品は世界共通ですので、
日本以外でも重要があるということなのかもしれません)
http://www.ikea.com/jp/ja/catalog/products/90287597/


最近では代行業者がアマゾンの委託に出品もしているようです。
価格が倍ですがイケアへの交通費を考えたら安いと言えます
(イケア本社には通販のシステムはありませんので)




私は、これを、以前の住まいでは
トイレや風呂場の天井にまで取り付けていたので、
たくさん持っていますので、
全部はがして持って来て、
新居にもあちこちはっています。

(なお、貼る場所と接着テープに注意が必要です。
1度目の接着テープは何回も使っているうちに
どうしても粘着度が落ちて照明ごと落ちてしまいますので
両面テープを買って付け替えます。
強度のある粘着テープでないとまた落ちてしまいますが、
強度があるテープを使って壁紙の上などに貼ると
今度は壁紙を一緒にはがしてしまったりするので
注意が必要です。
何種類か試して、
私は「ニトムズ はがせる両面テープ」というのを
使っています)



http://goo.gl/g5VKGM


たとえば、
台所の食器棚キャビネットの下に取り付けたり・・・
2016-01-20 21.27.36.jpg

クローゼット内はもちろん、
廊下に書類などをしまえる収納があるので
ここにもとりつけています。
2016-01-20 09.34.28.jpg


今発見した navar まとめによると、
テープを使わずに足下においておくだけで
寝室や廊下の立派な「ミニュットリー」として使えると
書いてありましたので、
これはさっそくやってみよう!
http://matome.naver.jp/odai/2142822889600324101


今のところ、玄関には、イケア のobely でなく
玄関の靴箱の上には
ちょっとユニークな形
(誰もが「ゲゲゲの鬼太郎」の目玉親父を思い出すことでしょう)
のこれを置いています。
こちらも、人感で点灯、乾電池式です。

↓これですね


光の色が蛍光灯的に白いのがちょっと残念ですが、
光量が強いし、
あと、電池が単三でもちがよいので、
あと、これ、いざ、災害のときにぱっと持って
逃げるときに役立つと思っています。
蛍光色的な白い色については、
セロファンや和紙かなんかで
暖かみのある色に演出することができるかもと
考えています。


そして、人感センサーの電源の取り方なのですが、
コンセントにつないで使うものもありますが、
乾電池で使う(だからこそ電源の場所で大活躍するわけですが)
タイプのものも多いので、
充電式乾電池はヘビロテで使います。

私は今まで2本ずつちまちま充電するタイプの充電器しか
持っていなかったのですが、
引っ越し荷物の中からどうしても出てこないので
これを機会に
4本一度に充電できるものを購入しようと思っています。


パナソニックの急速充電器


http://goo.gl/H8zRNg


《本日のまとめ》
忙しい人は、
「後ろを振り返らなくていい」仕組みを作る。
そのために、「人感センサー照明」はとってもお役立ち。

ただ、人生、
「すべてを振り返らなくていい」ということはありえないので、
振り返らなくていいシステムを作っていないものに関しては
しっかり指差し確認しよう。



本日もお読みいただきまして、
まことにありがとうございました。


次回も楽しみにしてくださったら
とても嬉しいです。


「みんなにも知ってほしい」と思うことは、
どうぞシェアで広めてください。




ご意見、ご要望、石塚ともに聞いてみたいご質問を遠慮無くお寄せください。
お名前、メルアドは残す必要ありません。
ただ、この感想フォームは、ブログ、メルマガ、すべての記事の感想が
一ヶ所に集まってしまう仕組みになっているので
「メルマガの何号感想」というふうに書いていただけると嬉しいです。
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/146935122.html


【ジューサー、ブレンダー類のご紹介について】
ジューサー類のご紹介は現在休止中です。
(もうすぐ再開できそうです……
 といいながら止まってしまってごめんなさい)

バイタミックスは引き続きロービューティジャパン特別価格でお取り扱いしています
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/category/6337973-1.html


発行人 石塚とも
ブログ『Raw Food, Raw life, Raw love.』
http://rawbeauty.seesaa.net

石塚とものプロフィール
http://www.rawbeautyjapan.com/about_us/


登録・解除フォーム
(まぐまぐ版・1252部)
http://www.mag2.com/m/0001243615.html
(インフォマグ版・455部)
http://www.infomag.jp/Site_6330.html


本文は著作権により保護されていますが、有料の媒体への転載をのぞき、
許可なく転送、転載可能です。
その場合は、メルマガの紹介をお願いいたします。


「記事面白かった」「もっと読みたい」「応援してます」の
方、下記バナーを
ぽちっ↓ と押して知らせてください。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村 ダイエットブログ 食べるダイエットへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 幸せな暮らしへ



メルマガ「石塚とものロービューティ寺子屋」
あなたの暮らしが、今日と変わる。
こちらからご登録を。
http://www.mag2.com/m/0001243615.html

note
子宮筋腫のことや、映画評を書いてます。
https://note.mu/ishizukatomo_rbj

twitter
@tomoishizuka

facebook
お友達申請は、ひとことメッセージを添えてくださいね。
https://www.facebook.com/tomo.ishizuka
(メッセージ添えていただければお会いしたこと無い方でも承認しております。
メッセージなしでいきなりのリクエストは
承認ご遠慮しておりますのでご了承ください。
ご理解よろしくお願いいたします)


thank you for reading..jpg

posted by 石塚とも at 09:26| ロービューティ寺子屋バックナンバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月17日

今さらですが、マステ(マスキングテープ)活用法 (お片づけ) vol.321

*******************************************************************************************

石塚とものロービューティ寺子屋

今さらですが、マステ(マスキングテープ)活用法 (お片づけ) vol.321

*******************************************************************************************


みなさまこんにちは。
「石塚とものロービューティ寺子屋」は、
「一番大切なことを愛する」読者の皆様に向けて、
今、この時代に学ぶべき価値を発信することを目指しています。
「究極のタカラ=自分との出会い」をご一緒に探求してまいりましょう。



☆★☆ 寺子屋&英語☆★☆

新年予定していた新規クラスの開講は、延期させて
いただくことになりました。
お待ちくださった皆様には申し訳ございません。
再開のとき、ご縁がありましたらお会いいたしましょう。

・初心者でも大丈夫
・何回間違えてもいやな顔しません
・ただし、できるまでしつこく同じ質問します

↑RBJ英語の方針です!

ご質問、ご興味の方は、
引き続きこちらからお問い合わせください
http://www.enpitu.ne.jp/tool/formmail.cgi?id=72381


☆★☆ローフード・フォー・ビジー・ピープル☆★☆
アメリカで3万部、日本で7000部、
インディレーベルでそれぞれひとりで売った、
ローフードの基本と時間をかけないレシピが学べる古典。
簡単なアボカド・ディップから、三段がさねの「ロー・コテッジ・パイ」まで
1冊に147のレシピを収録のボリュームです。
(書籍はテキスト中心です)
書籍
http://goo.gl/31fdYv
DVD
http://goo.gl/vefC7g


☆★☆ローフード わたしをきれいにした不思議な食べもの☆★☆
どうして今でも売れてるの?
どうして圧倒的な数のレビュー(アマゾン31 mixi 27)がつくの?
(今でもつきます)
それは、この本が、あなたのなかの「あなた」を
目覚めさせるからではないかな、と自己分析しています。
食べものの本なのに、心がめざめる、不思議な本。
「自分が見つけられなくて」ちょっとつらそうなお友達がいたら
奨めてあげてね。
http://goo.gl/jcnftQ


☆★☆ このメルマガのバック・ナンバー・ブログです。
とくに最近購読を開始された方は、ぜひお読みになってみてください ☆★☆
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net


☆★☆まずはこれでお勉強をしていただける完全無料e-book作りました☆★☆
◆『あなたの「日本語」を味方にすれば、 「英語」はもっとラクに伸びる。
ロービューティジャパン英語教室のメソッドの一部を無料でお伝えします。vol.01』
超ボリューミー! !これだけでもお教室が開けるぐらいの内容です^^
お友達にもぜひ下記のURLをご紹介ください。
http://www.rawbeautyjapan.com/ebook/RBJe_reportvol0120120717.pdf


☆★☆ note で、子宮筋腫のことを書いています☆★☆
3月11日に受けた検査で、
今まで10個以上あった子宮筋腫が、
2個しか確認できませんでした。その2個も小さくなっていました。
子宮筋腫の経緯についてなど
ご興味のある方は見てみてくださいね。
note
https://note.mu/ishizukatomo_rbj


☆★☆編集前記? 引っ越ししました☆★☆
水曜日に引っ越したのでまだ片付いてないです><
人生でこんなところに住むとはまったく想定外? のエリアに
引っ越したのですが
かなり欲しかったものが全部ある感じです^^
またこの視点からのメルマガも書きますので
お楽しみに。


☆★☆今さらですが、マステ(マスキングテープ)活用法 (お片づけ) vol.321 ☆★☆

上にも書いたのですが、
数日前に引っ越しをしました。

引っ越しと言えば「ものの処分と導入」「整理整頓」
「お片づけ」「風水」
他、インテリア関係のインスパイアがいっぱいですが、
今回は、ずっと気になりつつ
書いていなかった
「マステ=マスキングテープ」
のお話を書きたいと思います。


「マステ」


そうです。
「マステ」


いつから「マステ」なんて
呼ばれるほど、大ブームになった?

(といっても、知らない人は文具業界にいても全然
知らなくて、かの有名文具&画材店
六本木の「ラピ○○ズリ」で先日聞いてみたら
「こちらです」と言って、
作業用のベージュのマステのみの売り場に案内されちゃいました^^)


読者の方も全然知らない方もいるかもしれないので
おさらいしておくと、
昨年ぐらいから?
突然ブームになったようです。

マステ=マスキングテープというのは、
上にも書いたように、内装の工事現場なんかで
塗装を避けたり養生のために使われるテープなんですが、

↓こういうの



それが突然、色とりどりの
かわいいのが出現しちゃったんですね。

「マスキングテープ」で
検索すると、
それはもう山のように出ますので
(商品ページもたくさん出ますし、
かわいいのをあつめた「まとめ」も
たくさん出ます)
検索してみてください。


中には、幅が20センチぐらいのものもあるので
インテリアに使えたりもするのです。
壁にはったり、椅子などの家具を
かわいくしたりすることもできるのです。
https://goo.gl/3nFrrw
東急ハンズの銀座店で実演販売してるの見ましたので
ご興味ある方はのぞいてみてください。


「女子文具好きのあいだで
空前の大ブーム」
とまで言われているらしい
マステ=マスキングテープ


今までの
「粘着テープ」および
「かわいいテープ」

どこが違うのか、というと、
大きな特徴は、二つの点です。

一つは
・「簡単に、あとがつかずにはがせる」こと
もう一つは
・テープの上に文字が書ける

ということです。

さらに私の意見を付け加えるなら、
・「簡単にはがせるわりに、しっかりはれる」
 (はがれちゃうんじゃしょうがない)
・うすい
(付箋ぐらいの厚さのは今までもあったのです
 ヤマトのメモックロールテープというもの
 


・はる面が平らでなくても強い
(無印良品に多いポリプロピレンやザラ感のある面、
あと、ファイルの背表紙などにラベルテープをはると
はがれてくることがあるが、マステだとはがれてこない)

・水にも強い
(私は髪染め用のヘナやエネマ用のコーヒーを入れる容器を
食器と分けるためにはっているのですが
なんと水洗いしてもへっちゃらなのです)

・手でちぎれる
特別なカッターやハサミを必要としない

などなど……

こうした特質をふまえて、
私はインテリアや「かわいいシール感覚」での使用は全然しないのですが、
とにかく、ラベルをはるために愛用するようになりました。
一度はったらはがすとのりのあとが残るラベル、
逆に、でこぼこ面やファイルの背表紙にはるとはがれてくるラベル
などは、一気にさようならです。


それと、安くてどんどんはがせるので、どんどんはって
どんどんはがせます。

下記に、私が実行していることを
紹介します。


・各種収納。とにかく、中に何が入っているか、
忘れそうになったらまずはる
ラベリングがすごく手軽にできるようになった。
女優さんやスタイリストさんの中には、
靴の箱にポラロイド写真をはっている人もいますが、
マステに文字書きでじゅうぶん。

・冷蔵庫の食材。買った日、届いた日を書いて
袋にはってラベリング
とくにゲルソンミールに欠かせない
ジュース用ニンジンは毎週届くので
順番がわからなくならないように

・食品以外のものを入れて台所で使う容器
(上にも書きましたが、髪を染めるヘナ、
汚くないんだけどエネマ用のコーヒー液、
クレイパック用のクレイ水溶き、など)
などを入れる容器をラベリングするために。
和紙でできているので水に強い。
今のところ10回ぐらい洗ってびくともしない。


・お気に入りの文房具(ペンなど)も巻いておくと
オフィスなどで他人のとごっちゃにならない。


・白の無地は、ノートや書類への修正テープとして使えます。
とくに、スキャンする書類には、
修正液、修正テープを使うと、スキャンを通したときに
ひっかかってしまいそうなので安心。
保存してもかわいたりよれたりするもったいなさもない。


・インデックスラベル
(2枚のシールを張り合わせてみだしにする)
タイプのラベルだと、ノートやバインダーからはみ出すのですが、
マステでちょっとページのすみにはっておくだけで
インデックスになるし、
あとでスキャンするときにいちいちはがさなくてすみます。


・コンサートチケット、招待状など
ピンでとめておきたいものを、
ピンがさせない場所に貼付けておける。
私は映画の試写状をこの方法で整理していました。
(↓納戸の扉の裏にはりつけていた。
今の場所は扉がつづれおりしてしまうので
この方法は採用していませんが)

・電源コード、ケーブルなどをまとめたいときに
くるっと一巻き。

・実は、今回の引っ越しの後忘れないように
やっていることなのですが、
インターネットやパソコン回りの電源がとくにそうですが、
プラグがたくさんありすぎて、
どれが何やらわからなくなります。
それで、最初にさしたときに、
「これは何のコードか?」
マステで名前を書いておくのです。
2016-01-16 20.26.10.jpg
こんな感じ。
このプラグ&コンセントは、棚の後ろに隠れるものですので
文字レイアウトとかに気を使わなくてもいいのです。


以上に使用するテープは、
私はテープの数を増やしたくないので、
白の無地と、もう一色ぐらいしか持っていないのですが、
かわいいデザインを買って
使い分ければ、電源コードなんかにはっても
見えてもかっこわるくないと思います。
ちなみに無地でも柄でも
値段は変わらないです。


全然デザイン性がない使い方ですが^^;
(私らしいかな〜)
一巻き150円前後でものすごく
役にたちますので、
導入したら、きっと
あなたの生活にも役に立つかと思います!


《本日のまとめ》
マステ1本
お片づけのもと。





本日もお読みいただきまして、
まことにありがとうございました。


次回も楽しみにしてくださったら
とても嬉しいです。


「みんなにも知ってほしい」と思うことは、
どうぞシェアで広めてください。




ご意見、ご要望、石塚ともに聞いてみたいご質問を遠慮無くお寄せください。
お名前、メルアドは残す必要ありません。
ただ、この感想フォームは、ブログ、メルマガ、すべての記事の感想が
一ヶ所に集まってしまう仕組みになっているので
「メルマガの何号感想」というふうに書いていただけると嬉しいです。
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/146935122.html


【ジューサー、ブレンダー類のご紹介について】
ジューサー類のご紹介は現在休止中です。
(もうすぐ再開できそうです……
 といいながら止まってしまってごめんなさい)

バイタミックスは引き続きロービューティジャパン特別価格でお取り扱いしています
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/category/6337973-1.html


発行人 石塚とも
ブログ『Raw Food, Raw life, Raw love.』
http://rawbeauty.seesaa.net

石塚とものプロフィール
http://www.rawbeautyjapan.com/about_us/


登録・解除フォーム
(まぐまぐ版・1258部)
http://www.mag2.com/m/0001243615.html
(インフォマグ版・456部)
http://www.infomag.jp/Site_6330.html


本文は著作権により保護されていますが、有料の媒体への転載をのぞき、
許可なく転送、転載可能です。
その場合は、メルマガの紹介をお願いいたします。


「記事面白かった」「もっと読みたい」「応援してます」の
方、下記バナーを
ぽちっ↓ と押して知らせてください。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村 ダイエットブログ 食べるダイエットへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 幸せな暮らしへ



メルマガ「石塚とものロービューティ寺子屋」
あなたの暮らしが、今日と変わる。
こちらからご登録を。
http://www.mag2.com/m/0001243615.html

note
子宮筋腫のことや、映画評を書いてます。
https://note.mu/ishizukatomo_rbj

twitter
@tomoishizuka

facebook
お友達申請は、ひとことメッセージを添えてくださいね。
https://www.facebook.com/tomo.ishizuka
(メッセージ添えていただければお会いしたこと無い方でも承認しております。
メッセージなしでいきなりのリクエストは
承認ご遠慮しておりますのでご了承ください。
ご理解よろしくお願いいたします)


thank you for reading..jpg

posted by 石塚とも at 20:37| ロービューティ寺子屋バックナンバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

「どうだ明るくなっただろう」(お金) vol.320

*******************************************************************************************

石塚とものロービューティ寺子屋

「どうだ明るくなっただろう」(お金) vol.320

*******************************************************************************************


みなさまこんにちは。
「石塚とものロービューティ寺子屋」は、
「一番大切なことを愛する」読者の皆様に向けて、
今、この時代に学ぶべき価値を発信することを目指しています。
「究極のタカラ=自分との出会い」をご一緒に探求してまいりましょう。



☆★☆ 寺子屋&英語☆★☆

新年予定していた新規クラスの開講は、延期させて
いただくことになりました。
お待ちくださった皆様には申し訳ございません。
再開のとき、ご縁がありましたらお会いいたしましょう。

・初心者でも大丈夫
・何回間違えてもいやな顔しません
・ただし、できるまでしつこく同じ質問します

↑RBJ英語の方針です!

ご質問、ご興味の方は、
引き続きこちらからお問い合わせください
http://www.enpitu.ne.jp/tool/formmail.cgi?id=72381


☆★☆ローフード・フォー・ビジー・ピープル☆★☆
アメリカで3万部、日本で7000部、
インディレーベルでそれぞれひとりで売った、
ローフードの基本と時間をかけないレシピが学べる古典。
簡単なアボカド・ディップから、三段がさねの「ロー・コテッジ・パイ」まで
1冊に147のレシピを収録のボリュームです。
(書籍はテキスト中心です)
書籍
http://goo.gl/31fdYv
DVD
http://goo.gl/vefC7g


☆★☆ローフード わたしをきれいにした不思議な食べもの☆★☆
どうして今でも売れてるの?
どうして圧倒的な数のレビュー(アマゾン31 mixi 27)がつくの?
(今でもつきます)
それは、この本が、あなたのなかの「あなた」を
目覚めさせるからではないかな、と自己分析しています。
食べものの本なのに、心がめざめる、不思議な本。
「自分が見つけられなくて」ちょっとつらそうなお友達がいたら
奨めてあげてね。
http://goo.gl/jcnftQ


☆★☆ このメルマガのバック・ナンバー・ブログです。
とくに最近購読を開始された方は、ぜひお読みになってみてください ☆★☆
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net


☆★☆まずはこれでお勉強をしていただける完全無料e-book作りました☆★☆
◆『あなたの「日本語」を味方にすれば、 「英語」はもっとラクに伸びる。
ロービューティジャパン英語教室のメソッドの一部を無料でお伝えします。vol.01』
超ボリューミー! !これだけでもお教室が開けるぐらいの内容です^^
お友達にもぜひ下記のURLをご紹介ください。
http://www.rawbeautyjapan.com/ebook/RBJe_reportvol0120120717.pdf


☆★☆ note で、子宮筋腫のことを書いています☆★☆
3月11日に受けた検査で、
今まで10個以上あった子宮筋腫が、
2個しか確認できませんでした。その2個も小さくなっていました。
子宮筋腫の経緯についてなど
ご興味のある方は見てみてくださいね。
note
https://note.mu/ishizukatomo_rbj



☆★☆「どうだ明るくなっただろう」(お金) vol.320  ☆★☆

vol.315 の
「財布を千円札でいっぱいに」
http://rawbeauty.seesaa.net/article/429202589.html

が好評だったみたいで、いくつかメールとか
シェアなどいただきました^^


でも、あの号、送り終わってから
「あ〜! 失敗した〜!」
って思ったんです。

「こう書けば良かった」
って思うところがありました。
ので、今日はそれを書きたいと思います。


あの話、
つまり
「私たちが現金経済での経済感覚を鋭くするのは
一万円札ではなく、むしろ千円札である」
(一万円単位の経済は、書類や銀行残高をともなうもので
現金感覚ではむしろ限界がある)」
という主張はよかったと思ってるんですけど。

最後に付け足した一言に、
ぽろっと自分の意識の甘さが出て、
あとで、
「あっ、しまった〜」
と思いました。

それは、どこの部分かというと、

本題とは関係なく最後にちょっと付け足した
オチの部分

>財布の中身を全部一万円にして
>毎回「おつりはいいからとっておきなさい」
>と言える場合をのぞいては(爆)


という3行を失敗した! と思っているんです。


どうしてか?

このメルマガを読んでくださっているみなさま、
この3行を読んで、
この
「おつりはいいからとっておきなさい」
と言った人を、
どんな感じの人だと想像しましたか?


まず、「男でしょうか? 女でしょうか?」
(たぶん、男を想像したのでは?)
「若い人でしょうか、中年でしょうか、年寄りでしょうか?」
(完全にシニアっぽい)
「見た目はどんな感じ?」
(スリムというよりは太りぎみ……往年の田中角栄とか、
人相の悪いカーネル・サンダース?)
「支持政党は?」
(書いてないけど……)


……ようするに、
大正〜昭和時代に描かれた、典型的な
「成金」
みたいのをイメージしませんでした?


ほら、歴史の教科書にのってたあの「絵」みたいな。


料亭で豪遊して、
いざご帰還というときに玄関が暗くて
仲居サンたちが
「暗くてお靴が見つからないわ」と
右往左往していたところ、
懐から取り出した百円札(現在の価値で言うなら百万円ほど)に
さっと火をつけ、
「どうだ明るくなっただろう」
とニコニコ目を細めている姿!

(これ)
http://www.geocities.jp/akarukunatuta/moto.html
(「どうだ明るくなっただろう」で検索すると、
パロディとかフィギュアまでたくさん出ます^^)

……しかしですね。
これではいけなーい!


と、私は思ったのです。


何がいけないのかというと、
「お金持ち」
「チップをはずむ人」
の姿を、
自分の中で、ものすごーく限定しちゃっているからです。


きっと、この瞬間まで、私は
まるで、
「女」だったり
「若」かったり
「ある特定の支持政党」だったりする人は、
チップを出さない、
とイメージしていたような気もするのです。


そして、大事なことは、
日本語で生活するということは、
「おつりはいらないからとっておきなさい」
と上からものを言うことが、
ジェンダーや年齢などをある程度限定してしまうということなんです。


若い女が
「おつりはいらないからとっておきなさい」
と言うことがありえない、とまでは言いませんが、
ほぼないと言っていいでしょう。


私は英語教室で
「日本語という言語を使う以上、
私たちは、『どういう言葉を使うか』で『社会的成分を限定』し
その『限定された社会的成分』が『使う言葉遣い』をまた限定する、
というスパイラルにはまっています。
英語を使うことにより、そこから抜け出すことができるのです」
と、常々言っています。

私が外国語教室を開催している理由は、
まさにそこにあるのです。

でも、日本語だって、言葉に限定されない自由が
まったくないわけじゃないんですよね。


それに、老年の男性だからといって、
必ずしも、こんなに上から目線でものを言わなくちゃ
いけない、ということでもありません。


老若男女、誰であろうと

「(サービスしてくれた方のサービスが良かったので)
おかげで助かりました。
あの、おつりは結構ですので。ほんとうにありがとうございます」

これぐらいが、
適切なんじゃないですかね〜。


上のセリフを読んだら、
どんな人が言っているのか
ずっと幅が広がりますよね。
かなりいろんな人が使えます。

また、
たとえば男性なら、

「おつりはいらないからとっておきなさい」

な男性より、

上みたいな言葉遣いでチップ提案できる人
のほうが、ずっとずっと素敵に見えるのに、

私ったら、どうしちゃってたんだ(笑)


それでも、日本にはそもそもチップという習慣がないから
難しいですよね。
私は、すごい量の荷物とタクシーに乗って、玄関先まで
運んでくださったりすることがあるのですが、
それでも、
女子のわたくしが、それより年配の男性の
タクシー運転手さんには、
「おつりはいいです」とは言いづらい点もがあります。
あちらも、お礼を言われて嬉しいと思ってると思いますが、
それを小銭に換算する、という感覚はないでしょうしね。


フランスなんかだと、スーツケースを運んでもらったら
1個1ユーロってざっくり(かつ不文律)なんだけど機械的に決まっているので
そういうところで気を使わないですむのですが。
たとえば 運賃が20ユーロで、荷物が2個だったら
25 ユーロ渡すと、
もうおつり、出てこなかったりします。
(で、領収書は25ユーロって書いてくれます)


というわけで、
お金持ちというのは、どんな姿をしているか
実際わからないものだし、
日本語は、その「姿」を限定してしまうという
機能を持つ言葉なので、
言葉に対しては、ますます敏感になりたいなと思いました。


それと、日本語が
「感謝」を伝えづらい言葉であるのも、
この、「言葉」が「姿」を限定してしまう、という
特徴のせいのような気がします。


前々回異論を書いたように、
今、日本語で感謝を口にする人は多いのですが、
いざ、本当にそう思っているシーンで
感謝を表しているかというと、
以外と、言葉がジャマをしているように思うのです。


「(サービスしてくれた方のサービスが良かったので)
おかげで助かりました。
あの、おつりは結構ですので。ほんとうにありがとうございます」


こういうシーンで
「ありがとうございます」っていうの、
結構恥ずかしいのではないでしょうか。

私も、「ありがとうございます」じゃなくて、
「とっても助かりました」のほうを
何度も言ってしまいますね。


英語だったら
Thank you .
以外の何ものでもないのにね。




《本日のまとめ》


以前は
「男」は「男」の、
「女」は「女」の
「老年」は「老年」の
「若者」は「若者」の
「経済的状況」や「社会的身分」によっても
それぞれ言葉があった。
(もちろん、地域でもありましたが、
地域は一応、「地域」という「横」で違いがあるものですので
ここでは省きます)

昔は、それを「らしさ」と呼んでいた。
「らしさ」は
「セルフ」が発達していない人でも
アイデンティティを崩壊させず、
スムーズに社会に溶け込める機能を果たしていたが、
反対に、「本当の自分の気持ち?」を自分に
問いかける力を弱めてしまった。

今は、とくに「上下関係」を表す言葉は
自然に崩れて行き、
その代わりに「誰にでも求められる丁寧さ」と
「自分の気持ち」を込めた
言葉を使える人が、素敵な人になりつつある。


そのような言葉を使える人は、
だから、言葉によって、
年齢、性別、経済的状況などが限定されない。




本日もお読みいただきまして、
まことにありがとうございました。


次回も楽しみにしてくださったら
とても嬉しいです。


「みんなにも知ってほしい」と思うことは、
どうぞシェアで広めてください。




ご意見、ご要望、石塚ともに聞いてみたいご質問を遠慮無くお寄せください。
お名前、メルアドは残す必要ありません。
ただ、この感想フォームは、ブログ、メルマガ、すべての記事の感想が
一ヶ所に集まってしまう仕組みになっているので
「メルマガの何号感想」というふうに書いていただけると嬉しいです。
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/146935122.html


【ジューサー、ブレンダー類のご紹介について】
ジューサー類のご紹介は現在休止中です。
(もうすぐ再開できそうです……
 といいながら止まってしまってごめんなさい)

バイタミックスは引き続きロービューティジャパン特別価格でお取り扱いしています
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/category/6337973-1.html


発行人 石塚とも
ブログ『Raw Food, Raw life, Raw love.』
http://rawbeauty.seesaa.net

石塚とものプロフィール
http://www.rawbeautyjapan.com/about_us/


登録・解除フォーム
(まぐまぐ版・1259部)
http://www.mag2.com/m/0001243615.html
(インフォマグ版・458部)
http://www.infomag.jp/Site_6330.html


本文は著作権により保護されていますが、有料の媒体への転載をのぞき、
許可なく転送、転載可能です。
その場合は、メルマガの紹介をお願いいたします。


「記事面白かった」「もっと読みたい」「応援してます」の
方、下記バナーを
ぽちっ↓ と押して知らせてください。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村 ダイエットブログ 食べるダイエットへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 幸せな暮らしへ



メルマガ「石塚とものロービューティ寺子屋」
読んだらエネルギーが伝わるメルマガ、目指してます。
こちらからご登録を。
http://www.mag2.com/m/0001243615.html

note
子宮筋腫のことや、映画評を書いてます。
https://note.mu/ishizukatomo_rbj

twitter
@tomoishizuka

facebook
お友達申請は、ひとことメッセージを添えてくださいね。
https://www.facebook.com/tomo.ishizuka
(メッセージ添えていただければお会いしたこと無い方でも承認しております。
メッセージなしでいきなりのリクエストは
承認ご遠慮しておりますのでご了承ください。
ご理解よろしくお願いいたします)


thank you for reading..jpg



応援したい方は
posted by 石塚とも at 14:51| ロービューティ寺子屋バックナンバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月04日

支点(してん)・力点(りきてん)・作用点(さようてん)(健康) vol.319

*******************************************************************************************

石塚とものロービューティ寺子屋

支点(してん)・力点(りきてん)・作用点(さようてん)(健康) vol.319


*******************************************************************************************


みなさまこんにちは。
「石塚とものロービューティ寺子屋」は、
「一番大切なことを愛する」読者の皆様に向けて、
今、この時代に学ぶべき価値を発信することを目指しています。
「究極のタカラ=自分との出会い」をご一緒に探求してまいりましょう。



☆★☆ 寺子屋&英語☆★☆

1月または2月に予定していた新規クラスの開講は、延期させて
いただくことになりました。
お待ちくださった皆様には申し訳ございません。
再開のとき、ご縁がありましたらお会いいたしましょう。

・初心者でも大丈夫
・何回間違えてもいやな顔しません
・ただし、できるまでしつこく同じ質問します

↑RBJ英語の方針です!

ご質問、ご興味の方は、
引き続きこちらからお問い合わせください
http://www.enpitu.ne.jp/tool/formmail.cgi?id=72381


☆★☆ローフード・フォー・ビジー・ピープル☆★☆
アメリカで3万部、日本で7000部、
インディレーベルでそれぞれひとりで売った、
ローフードの基本と時間をかけないレシピが学べる古典。
簡単なアボカド・ディップから、三段がさねの「ロー・コテッジ・パイ」まで
1冊に147のレシピを収録のボリュームです。
(書籍はテキスト中心です)
書籍
http://goo.gl/31fdYv
DVD
http://goo.gl/vefC7g


☆★☆ローフード わたしをきれいにした不思議な食べもの☆★☆
どうして今でも売れてるの?
どうして圧倒的な数のレビュー(アマゾン31 mixi 27)がつくの?
(今でもつきます)
それは、この本が、あなたのなかの「あなた」を
目覚めさせるからではないかな、と自己分析しています。
食べものの本なのに、心がめざめる、不思議な本。
「自分が見つけられなくて」ちょっとつらそうなお友達がいたら
奨めてあげてね。
http://goo.gl/jcnftQ


☆★☆ このメルマガのバック・ナンバー・ブログです。
とくに最近購読を開始された方は、ぜひお読みになってみてください ☆★☆
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net


☆★☆無料e-book 英語はまずはこれでお勉強を☆★☆
◆『あなたの「日本語」を味方にすれば、 「英語」はもっとラクに伸びる。
ロービューティジャパン英語教室のメソッドの一部を無料でお伝えします。vol.01』
超ボリューミー! !これだけでもお教室が開けるぐらいの内容です^^
お友達にもぜひ下記のURLをご紹介ください。
http://www.rawbeautyjapan.com/ebook/RBJe_reportvol0120120717.pdf


☆★☆ note で、子宮筋腫のことを書いています☆★☆
3月11日に受けた検査で、
今まで10個以上あった子宮筋腫が、
2個しか確認できませんでした。その2個も小さくなっていました。
子宮筋腫の経緯についてなど
ご興味のある方は見てみてくださいね。
note
https://note.mu/ishizukatomo_rbj



☆★☆支点(してん)・力点(りきてん)・作用点(さようてん)
(健康) vol.319  ☆★☆


昨年(2015年)の年末ですが、
あの「ほぐれッチ」の
八田永子先生のワークショップに参加しました。


八田先生のウェブサイト
http://eicohatta.com/

一家に1セットもしくは
自分が行く場所にすべて置いておきたい
ほぐれッチセット
(私はオーストラリアに一セット置いてあります)
http://goo.gl/PwSRiV




それにしても、八田永子先生は
本当にすごい方だと思います。
私の知っている「講師」というか、
一種の「情報起業家」だと思うんだけど、
その中で、
いちばん独自研究の引き出しが深くて、
しかもそのデータを出し惜しみしないで
どんどん出しちゃえる方です。
(毎日のFB更新、すごいですよねえ)
単純至極に見える「ほぐれッチ」も
その「好きこそ研究」の
なみなみならぬ成果なんだろうなあ、と
思うと、感激至極です。

(1/5 追記)
大事なこと書き忘れましたが、
先生は、めちゃくちゃかわいいのです!
ちっちゃくて元気いっぱい
ご自身がよくメンテされた身体をしていらっしゃる
っていうのが伝わってきます。
「現在がいちばん動けている」そうです。



私は、自分の時間があまりとれないせいもあって
「本でできることはなるべく本読んでやっちゃう」し、
それができるだけの情報吸収能力は
鍛えていると思うのですが、

「からだ」
のことは、
やっぱり直接体験するのには
かなわないなあ、と
思います。


ダンスや演劇のように、
見るだけにしても
「その場で共時体験する」
ことに価値があるものもありますね。


私が「ほぐれッチ」に出会って以来、
寝る前の「はみがき」のように念入りに
「ほぐし」に取り組むようになった話は、
はじめて「ほぐれッチ」を紹介するメルマガを
リリースしたときに興奮ぎみに書いたのですが、
http://rawbeauty.seesaa.net/article/415916353.html


そのときは、「毎日40分ぐらいかけて
からだメンテナンスしている」と
書きましたが、最近はさぼり気味になっていました。


どうしてかというと、
実はこれ、前から思っていたことなのですが、

「寝る前の習慣」

にしたいことって、たくさんありすぎません?


私が「寝る前の習慣」に「したいこと」
「してること」
「一度したけど中断中のこと」
を書き出してみると

・じっくり浴槽につかる
・歯磨きとフロス(フロスは大切です! これもまた書きます!)
・ほぐれッチ
・コーヒー・エネマ(エネマは寝る前でなくてもいいのですが、
私は、この時間でないと失敗率がとても高いのです)

なんか、これだけで2時間以上とっちゃいそうな勢い…
しかも上記は「お風呂掃除」「洗面台掃除」「トイレ掃除」
などの時間を含んでいませんからね ……


さらにこれ以外に
・読書や瞑想、音楽を聴いたり、リラックス

さらにご家族やパートナーさんが一緒の方は
語らい、むつみあいの時間もプラスされてくる……

って、
うぉー〜〜、
何時間あったら足りるねん!


って、私だけなのか、それともみなさん共通の悩みなのか……
(こちらからぜひ教えてください、次回以降の参考にしたいので)
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/146935122.html


そんななかで、ややさぼり気味なっていた
ほぐれッチ……。


しかし、昨年末のドタバタ(11月、12月と父が入院、さらに
家族の重要案件あり)
プラス、「経年硬化」とでもいうべきかな?
私も白髪が増えて来たり、視力が落ちて来たり、
2015年は、フィジカルの下り坂を結構感じた年だったのですが、
そんな中で、
身体が硬くなりストレッチするのがつまらない
ストレッチしないからまた硬くなる
を繰り返し、
慢性的に感じていた
背中の痛さがピーク時に並ぶ、というのを
久々に体験しました。


そんな中、前々から行ってみたかった
先生のワークショップへの参加を申し込んだところ、
「1日かけて柔軟性を改善するワークショップが
近日あります、ぜひそちらにお出かけください」
とお返事をいただき、
いさんでそちらに参加したのでした。



FBですでに写真を公開したので
ご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんが、
ちゃんと結果が出ましたよ^^

写真で変化がわかりますよね〜。あの「ほぐれっチ」の八田永子先生の柔軟性WSについに参加してきました。この写真、「ストレッチ」はしてないんですよ。先生いわく「それ以前」。最近、バレエも頻繁に行くことができず、重なるともパパ入院で気も張ってる...

Posted by 石塚 とも on 2015年12月13日



写真だと、たとえば両脚のあいだから
頭が出ちゃうような極端な変化じゃないですけど
(そういう参加者がいらっしゃったんですよ!)
ただ、私も、
家に帰って来てからのほうが、
さらに前屈できるようになりました。
(今やってみたら、おなかが前腿に
つくようになりました!)

というのは、
「身体が柔かくなった」じゃなくて
「やり方が違ってた」からだと
わかったからです。


「柔軟性」というのは、筋肉をストレッチして毎日少しずつ
向上して行くものだと思っていたのですけど、
そうじゃなくて
「やり方を間違えている」といつまでも向上しない
(そういうとき、むしろ、柔軟性がわざわざなくなるような
動き方をしている)
「柔らかくなる方向に」身体を向けてあげると
あっさり向上するのだったのですね。
今までは、まるで
ビンのフタを右にねじって
「あかない、あかない」とがっかりしていたような……。


そしてです。
WSに参加して、
さらにもう一つ、しみじみ「そうだよなあ」と
納得してしまった大きな発見が
今回タイトルにした
「支点(してん)・力点(りきてん)・作用点(さようてん)」
という考え方なんです。

「支点(してん)・力点(りきてん)・作用点(さようてん)」

小学校の理科の時間に
「てこの原理」
で習った言葉ですよね。


今回のワークショップ、
参加者が50名はかるくいましたので、
老若男女、アスリートの方からデスクワーク疲れの方、
全体的な硬さの方から、
どこか特定の場所に痛みや向上させたいポイントがある方
と、いろいろな方で、ですから
それぞれの個別に指導、という
タイプのものではありませんでした。

でも、何パターンかのケーススタディを通じて、
よくわかったことは、
「痛い」とか「硬い」という場所があったら
そこを押したりほぐしたりして
解決するわけではない例が多い、ということ。


そこは、ただ血流が悪くなったり硬くなったりする
「結果」が出ている、
つまり
「作用点」
だということです。

だから、作用点に及ぼされている「作用」を
解消するためには、
作用点をもみほぐしてもダメで
(時間がたてばまた硬くなったり痛みが現れてしまう)
「支点」を探し、
また、私たちが知らず知らずのうちに
固めてしまっている
「力点」を探して、そこに、ゆるむような指令を与えて
あげると、
あっというまにゆるんでしまうのです。


先生は、
「ほぐれッチの究極計は
ほぐれッチを使う前に解決しちゃうことです」
とおっしゃってましたが、
そうした例がいくつも疲労されました。


では、その「力点」となる場所はどこなのかというと、
個別例をすべてお伝えできませんし、
私も全部わかってるわけじゃ全然ないのですが、
(なので、このWSは言葉では伝えきれないので
現場に行った方がいいWSです)
言えることは、
「逆」
だという例が多かったことです。


「後ろ」が痛かったら「前」とか
「右に曲がらない〜」と思ったら「左」とか。


そこを、ちょいちょいとつつくだけで
「あっ」と身体がしなうようになる
例が示され、
そのたびに、会場ざわざわ。^^


上にも書いたように、
個別のお悩みに対応するWSではなかったのですが、
私も、実は、15年間(バレエを始めてすぐのときから)
「ぴっ」と左ももの内側に走る痛みがあり、
いろいろな動きをだましだましやるしかなかったのですが、
家に帰って
「こうじゃないかな?」
と思って、自分で仮説をたてて
やってみました。
(はずれてもとくに困ることも無かったので~^)


その結果なのですが、
なんと、痛みがとれてきたのです〜


長座・開脚の前屈も
ピークのときにかなり近くなってきました。
(前にべったりつく)


それから、さらに面白いことに、
私がほぐしていたのは股関節まわりだったのですが、
そのへんをほぐすと、
腰にびーっときます。
したがって、腰にも「作用」しているらしい。

長時間椅子に座っている
(=股関節を縮める)
姿勢は、本当によくないんだと、
今更ながら痛感した次第ですが……。


さて、やや説教くさいまとめになりますが、
私たちの回りで「問題」だと思っていることに
働きかけてもうまく効果が現れない場合、
それは「作用点」にのみ働きかけて
しまっている、という可能性が、
きっと少なからずあるのだと思います。

本当は「力点」を変えたり、
「力点」に変える力を変えたりしなくちゃ
いけないのに。

「しなくちゃいけない」っていうより、
そうしさえすれば、
さっと「作用」が変わるのに。

きっと誰でも頭でわかっていることなんだとは
思います。
(なにしろ小学生のときに習うんですから!)

でも、
自分の身体で体験してみると、
何か自分の望まない事態や
うまくいかない事態に直面したときに、
「力点はどこだろう?」
「力点に加える力はどのように
すればいいだろう?」

考えてみようとする
意欲というか視点の変化が
わくのではないかと思います。



《本日のまとめ》


あなたが見ているその「現象」は
「作用点」である。

では、「支点」「力点」は?





本日もお読みいただきまして、
まことにありがとうございました。


次回も楽しみにしてくださったら
とても嬉しいです。


「みんなにも知ってほしい」と思うことは、
どうぞシェアで広めてください。




ご意見、ご要望、石塚ともに聞いてみたいご質問を遠慮無くお寄せください。
お名前、メルアドは残す必要ありません。
ただ、この感想フォームは、ブログ、メルマガ、すべての記事の感想が
一ヶ所に集まってしまう仕組みになっているので
「メルマガの何号感想」というふうに書いていただけると嬉しいです。
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/146935122.html


【ジューサー、ブレンダー類のご紹介について】
ジューサー類のご紹介は現在休止中です。
(もうすぐ再開できそうです……
 といいながら止まってしまってごめんなさい)

バイタミックスは引き続きロービューティジャパン特別価格でお取り扱いしています
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/category/6337973-1.html


発行人 石塚とも
ブログ『Raw Food, Raw life, Raw love.』
http://rawbeauty.seesaa.net

石塚とものプロフィール
http://www.rawbeautyjapan.com/about_us/


登録・解除フォーム
(まぐまぐ版・1259部)
http://www.mag2.com/m/0001243615.html
(インフォマグ版・465部)
http://www.infomag.jp/Site_6330.html


本文は著作権により保護されていますが、有料の媒体への転載をのぞき、
許可なく転送、転載可能です。
その場合は、メルマガの紹介をお願いいたします。


「記事面白かった」「もっと読みたい」「応援してます」の
方、下記バナーを
ぽちっ↓ と押して知らせてください。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村 ダイエットブログ 食べるダイエットへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 幸せな暮らしへ



メルマガ「石塚とものロービューティ寺子屋」
読んだらエネルギーが伝わるメルマガ、目指してます。
こちらからご登録を。
http://www.mag2.com/m/0001243615.html

note
子宮筋腫のことや、映画評を書いてます。
https://note.mu/ishizukatomo_rbj

twitter
@tomoishizuka

facebook
お友達申請は、ひとことメッセージを添えてくださいね。
https://www.facebook.com/tomo.ishizuka
(メッセージ添えていただければお会いしたこと無い方でも承認しております。
メッセージなしでいきなりのリクエストは
承認ご遠慮しておりますのでご了承ください。
ご理解よろしくお願いいたします)


thank you for reading..jpg


posted by 石塚とも at 22:04| ロービューティ寺子屋バックナンバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月02日

大手マスコミにいたころから思っていたこと(メディアについて) vol.318

*******************************************************************************************

石塚とものロービューティ寺子屋

大手マスコミにいたころから思っていたこと(メディアについて) vol.318


*******************************************************************************************


みなさまこんにちは。
「石塚とものロービューティ寺子屋」は、
「一番大切なことを愛する」読者の皆様に向けて、
今、この時代に学ぶべき価値を発信することを目指しています。
「究極のタカラ=自分との出会い」をご一緒に探求してまいりましょう。



☆★☆ 寺子屋&英語、延期のお知らせ☆★☆

期待してくださってた方、大変申し訳ございません。
家族健康事情にともない、
1月または2月に予定していた新規クラスの開講をさらに延期させて
いただくことにしました。
再開のとき、ご縁がありましたらお会いいたしましょう。

・初心者でも大丈夫
・何回間違えてもいやな顔しません
・ただし、できるまでしつこく同じ質問します

↑RBJ英語の方針です!

ご質問、ご興味の方は、
引き続きこちらからお問い合わせください
http://www.enpitu.ne.jp/tool/formmail.cgi?id=72381


☆★☆ローフード・フォー・ビジー・ピープル☆★☆
アメリカで3万部、日本で7000部、
インディレーベルでそれぞれひとりで売った、
ローフードの基本と時間をかけないレシピが学べる古典。
簡単なアボカド・ディップから、三段がさねの「ロー・コテッジ・パイ」まで
1冊に147のレシピを収録のボリュームです。
(書籍はテキスト中心です)
書籍
http://goo.gl/31fdYv
DVD
http://goo.gl/vefC7g


☆★☆ローフード わたしをきれいにした不思議な食べもの☆★☆
どうして今でも売れてるの?
どうして圧倒的な数のレビュー(アマゾン31 mixi 27)がつくの?
(今でもつきます)
それは、この本が、あなたのなかの「あなた」を
目覚めさせるからではないかな、と自己分析しています。
食べものの本なのに、心がめざめる、不思議な本。
「自分が見つけられなくて」ちょっとつらそうなお友達がいたら
奨めてあげてね。
http://goo.gl/jcnftQ


☆★☆ このメルマガのバック・ナンバー・ブログです。
とくに最近購読を開始された方は、ぜひお読みになってみてください ☆★☆
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net


☆★☆無料e-book 英語はまずはこれでお勉強を☆★☆
◆『あなたの「日本語」を味方にすれば、 「英語」はもっとラクに伸びる。
ロービューティジャパン英語教室のメソッドの一部を無料でお伝えします。vol.01』
超ボリューミー! !これだけでもお教室が開けるぐらいの内容です^^
お友達にもぜひ下記のURLをご紹介ください。
http://www.rawbeautyjapan.com/ebook/RBJe_reportvol0120120717.pdf


☆★☆ note で、子宮筋腫のことを書いています☆★☆
3月11日に受けた検査で、
今まで10個以上あった子宮筋腫が、
2個しか確認できませんでした。その2個も小さくなっていました。
子宮筋腫の経緯についてなど
ご興味のある方は見てみてくださいね。
note
https://note.mu/ishizukatomo_rbj



☆★☆大手マスコミにいたころから思っていたこと
(メディアについて)vol.318  ☆★☆


大学を卒業した後、私は、大手の出版社に入社しました。

今でも、あのときのことを考えると、
脚が震えます。

あそこで入社できなかったら、
どうなっていただろう、と、
ときどき思います。

その年の就職活動は、
9月の初旬にはほぼすべての活動が終了する
(「解禁日=拘束日」と言って、
内定者がビルの一室に集められたり、
東京近郊にバスで連れ出されたりした)
スケジュールだったのですが、
出版社だけはのんびりしていて、
私は、たしか、決まったのが11月だったと
記憶しています。

それまで、12社だったかな?
落ちたのが。

13社目に、大学のクラスの中でも
クラブ活動の中でも
いちばん最後に決まった私が
一番競争率の高い会社に内定をもらって
周囲も自分も度肝を抜かれたのが、
今でもちょっと痛々しい思い出です。


何がよかったって、
かなり好きなことさせてもらえたし
(たくさん企画を通した)、
それに給料がよかった。

社内預金の利率とかも良かった(笑)。


しっかりお金をためて、
退職させてもらえたわけです。

「実力も無いのに、アホなことしたなあ」と
その後何度も思ったけど。

でも、在籍したのがたった六年で、
やめてから今年で二十年もたったから、
何がもうなんだか、
やめてよかったんだか、
やめないほうがよかったんだか、
「当時」と「今」の因果がもはや関係づけられないぐらい
時間がたってる2016年です。


私は当時、「日本で一番売れているファッション雑誌」の
人物インタビューやお店や映画などの紹介、
旅情報、占い、恋愛の悩みなど
「ファッションとビューティと料理以外の全部」を
扱うグループに属していました。


時代がバブルで、
しかも売れている雑誌でしたから、
編集部全体にも「イケイケどんどん」なムードがあり、
私たちのチームの上司もよく
「どこにでも入れてもらえ、もぐりこめ(勉強して来い)。
その名刺で入れない場所なんかないんだから」
みたいなことを言っていました。

まあこの言葉は100%本当ではありませんが
(たとえば映画のマスコミ試写などは、同じ編集部でも
映画の担当者でないと入れません。私が今、個人で
映画のマスコミ試写室に入れていただけるのは
資産とさえ言えるかもしれません)
多くの情報に、「消費者」でない立場から触れることができたのは
確かです。


化粧品や家電などは
メーカーの担当者さんが、
新製品を持って会社に説明会をしに来ましたし
さまざまなあーtぃストのコンサートとか、
サーカス(シ○ク・ド・ソ○イユ)
なんかも見せていただいたことがあります。

企画がとおれば、自分の好きな有名人さんに会うことも
できました。
(当時尊敬していた山田詠美サンにお会いできました!)


しかし、一方で、です。


上で、「100%ではなかった」と書きましたが、
本当は、取材の申し込みを入れてもOKしていただけない相手、
撮影のために商品を貸してくださいとお願いしてもOKが出ない
ブランドもたくさんあったのです。


じゃあどうして100%近くになるかというと、
読者層を考えて
「こういうものなら読者の役に立ち、
取材される方もメリットがある」と考える相手を
選んでいるからで、
それが成立しなければ、
全然引っかかりはしないのです。


たとえば、空港の国際線の出発ロビーに出店しているような
高級ブランドなどは、相手としてはまったく成立しません。
イメージが安っぽくなりますので、
そういうブランドは、叶姉妹が最初にフィーチャーされた雑誌や
表紙はいつも篠山紀信さんが撮るような限られた
雑誌としかお付き合いをしません。


まあ、こちらとしても、
そんなののせても
読者に「こんなの買えない」と思うだけですから
頼みにいくこともないのですが。


メインは高級なのだが、手頃なラインを持っている
ブランドだけが、本当は貸してもらいたくて、
ちょっと困りましたけど。
(その代表格が「ティファニー」!)

でも、それ以外にも、
取材をお願いしても、
「どんなタイプのもメディアにも、出ない」
というタイプの相手がいたのです。


たとえば。


めちゃめちゃ当たる占い師。


当時、あの人、どうやって見つけたんだろう?(笑)
どこかのメディアに出ていなければ目に入るわけもないから
完全シャットアウトではなかったんだろうけど。
(ちなみに今その名前で調べたら、
著書を一冊だけ出してる。
絶版ですが中古で2000円以上ついていますので
やっぱりあの方、
知る人ぞ知るお方らしい)


なんでも、「先代から急に跡継ぎに命名され」
「自分だけが知っている中国伝来の方法で」
「政治家とか、そういう方の運勢見てる」
みたいな話だったな。
お家が元々資産家らしくて、
お金もあまりとってない、と言ってました
(今こうやって書いてみると
話ができすぎていて、全部詐欺かもしれない、
と、ふと思う^^)


私の所属していた雑誌は、
占い、とくに「年末の占い特集」に
非常に力を入れておりましたので、
頼み込んで「写真はのせない」という
条件で、頼み込んで
出ていただいた記憶があります。


それ以外にも、

「小さくてすぐにいっぱいになってしまう
名店と言われるレストラン」

「常連さんのぶんだけですぐに
売り切れてしまう、限定生産のお菓子屋さん」


「なかなか予約がとれないエステ」


などは紹介を断られます。


編集部員がどんなに「おいしい!」と
感激して、
「この味、みんなに知ってほしい!」と思っても、
取材される側からしてみれば
「今いるお客さんに迷惑をかけることになるから」
掲載する側にしても
「せっかく掲載しても売り切れで買えなければ
読者をがっかりさせるだけ」
と、結局
掲載を見送ってしまうことになります。


ライフスタイルなんかにしても
「世の中には、こんなふうな素敵な暮らしをしている
人がいるのよ!」と
紹介したくても、
「自分たちの暮らしを騒がしくされたくない」
という理由で断られてしまうこともあります。
「こういう暮らしの方が本当にお得なのに」
と思う情報を、
なかなか出せない。


そういう意味で、
「メディアにのらない情報
(そして、本当は「こっちのほうがいいんだよ〜」と
取材者が思ってる情報)」
というのが、
実はたーーくさんあることを、
当時の私は知ったのです。


そしてさらに。

その占い師の話なんですが、

今となってはどういう内容だったのか
覚えてないんだけど
(だからあまり説得力ないんだけど)


「え〜〜〜ほんと??
だったら、それ、みんなに知らせた
ほうがいいんじゃない??」

みたいな話をしてくれた。
(そこまで書いて、内容思い出せよ、自分!(笑))


ただし、その内容を書いたら
読者の人が、むしろ反発感を感じるだろうな、と
若かった私は、とっさに思った。


文章力や企画力がまだなくて、
「こういう切り口にすれば、
面白いテーマになるだろうな」
という企画に練り上げることもできなかった。


別に「スポンサーからの圧力」みたいなものを
感じたわけじゃない。
でも、肝心の読者が好きじゃないだろうな、と
思って、引っ込めてしまうネタでした。

出版社に在籍中、
そういうネタにときどき遭遇しました。


逆に、あちらから
「のせてください」と言ってやってきたのに、
「うちの雑誌にはあいません」と思って
却下しちゃったネタもあります。


あるとき
編集部に「私たちの占いのことを取り上げてほしい」と
言ったのか、
「健康法のことをとりあげてほしい」と言ったのか
覚えていないけど。

埼玉のかなり遠いところのオフィスに案内されて、
インド人と日本人の男性がふたりがかりで説明してくれて。

でもその説明がものぐそく本格的で
先方からしてみれば
省略がきかないみたいで、
全部聞いても理解できず疲れてしまって。

「うちの読者にはこの内容では無理です、
理解できません」

と言ってすげなく
お断りしちゃったんだけど。

インド人の方が、
「私たちの考え方では、宝石は、金属の台につけずに
直接肌に触れさせます。だから、
指輪の台に、穴をあけてはめこませるんです」
と、金に大きなエメラルドがついた
指輪を見せてくれたのを覚えてる
(あまり大きくてびっくりした(笑))


そして、名刺に書かれていた研究所の名前が
「マハリシ総合研究所」
と書かれていた記憶なのだけど、
あの日本人はもしかして
蓮村誠さんだったのだろうか?
と今でも思います。


そして、あのときぎょっとした
大きな指輪からもわかるように、
「本格的なこと」って
それなりに
「手が届かなかったり」
下手すると
「反発を受ける」
ことなんですよね。


でも、きっと、そっちのほうが
役立つこともある。


だから、なるべく、情報発信者側が
リスクをとって、
そういう情報を発信できる発信者になりたい、
と、その頃から思っていました。


『ローフード』のピンクの本を書いたときも
当時は、ただ書いたんじゃ
単なる「アメリカかぶれ」に感じられちゃう
食材がたくさんあるだろうなあ
学生のときから欧米で暮らしたくて、でもそれが
かなわなかった自分だから、
あちらでの体験に、憧れを超えた「手の届かなさ」を感じる
気持ちもよくわかる、
だから、なるべくそういう気持ちを中和して、
食材や料理の魅力を感じてもらえるようにしたいなあ、
あの本は、そんな自分の気持ちと工夫の
結晶でもありました。
(でもだからこそ、ローフードやスーパーフードが
認知されて来た今でも売れてるんだろうと思います)


そして、この気持ちは、
このメルマガを書き始めたときからも、
今も、今日の今日までも、
ずーーーーっと踏襲されています。


このメルマガを書くために、
最大限にリスクをとっています。


アフィリを紹介したり
有料セミナーを開催することができなくて、
収益につなげることができなかったとしても、
それでも
「これは知っておいた方がいいよ!」
と思うことを発信し続けています。


収益が出ないどころか、
「いいね!」の数さえ少なかったとしても。


みんなが読みやすいようにどれだけ工夫しても、
一枚何気なく撮った
お花やスイーツの写真のほうが
「いいね」の数が多いことが
しょっちゅうです。


メルマガの登録数が
どっと減ることもあります。


まだ工夫が足りないだけなのかもしれないので
今日も、これからも
毎日精進です。


そして、
「後から何回も読み返したくなるメルマガ」を
めざしています。
それでリリースしたとたん、「いいね!」や「シェア」が
たくさんつけば
最高なのですが、
両者の要素が対立したときは、
前者の方を選んでいます。


実は、こちらが「リスクをとる」かぎり、
収益って必ず上がってくるので
いじけたり悲観的になっているわけじゃないんですが、
今日は、前から書きたかった
「このメルマガの話題は
どういう方針で選んでいるのか」
ということを書いてみました。


《本日のまとめ》


私は、
あなたが「知っておいた方がいい」
と思うことを
書いています。



本日もお読みいただきまして、
まことにありがとうございました。


次回も楽しみにしてくださったら
とても嬉しいです。


「みんなにも知ってほしい」と思うことは、
どうぞシェアで広めてください。




ご意見、ご要望、石塚ともに聞いてみたいご質問を遠慮無くお寄せください。
お名前、メルアドは残す必要ありません。
ただ、この感想フォームは、ブログ、メルマガ、すべての記事の感想が
一ヶ所に集まってしまう仕組みになっているので
「メルマガの何号感想」というふうに書いていただけると嬉しいです。
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/146935122.html


【ジューサー、ブレンダー類のご紹介について】
ジューサー類のご紹介は現在休止中です。
(もうすぐ再開できそうです……
 といいながら止まってしまってごめんなさい)

バイタミックスは引き続きロービューティジャパン特別価格でお取り扱いしています
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/category/6337973-1.html


発行人 石塚とも
ブログ『Raw Food, Raw life, Raw love.』
http://rawbeauty.seesaa.net

石塚とものプロフィール
http://www.rawbeautyjapan.com/about_us/


登録・解除フォーム
(まぐまぐ版・1259部)
http://www.mag2.com/m/0001243615.html
(インフォマグ版・465部)
http://www.infomag.jp/Site_6330.html


本文は著作権により保護されていますが、有料の媒体への転載をのぞき、
許可なく転送、転載可能です。
その場合は、メルマガの紹介をお願いいたします。


「記事面白かった」「もっと読みたい」「応援してます」の
方、下記バナーをクリックして知らせてください。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村 ダイエットブログ 食べるダイエットへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 幸せな暮らしへ



メルマガ「石塚とものロービューティ寺子屋」
読んだらエネルギーが伝わるメルマガ、目指してます。
こちらからご登録を。
http://www.mag2.com/m/0001243615.html

note
子宮筋腫のことや、映画評を書いてます。
https://note.mu/ishizukatomo_rbj

twitter
@tomoishizuka

facebook
お友達申請は、ひとことメッセージを添えてくださいね。
https://www.facebook.com/tomo.ishizuka
(メッセージ添えていただければお会いしたこと無い方でも承認しております。
メッセージなしでいきなりのリクエストは
承認ご遠慮しておりますのでご了承ください。
ご理解よろしくお願いいたします)


thank you for reading..jpg
posted by 石塚とも at 17:14| ロービューティ寺子屋バックナンバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。