無料ダウンロードe-book

無料ダウンロードできるe-bookはこちらから

高速ブレンダー、ジューサーを特価でご紹介

読者特価のブレンダー・ジューサーとRBJ推薦のお買い物

ローフード・フォー・ビジー・ピープル

石塚ともの出版物はこちらから

お知らせ(2016/11/05)
長いことお楽しみいただきました「寺子屋メルマガ」は、だいたいのコンテンツをお伝えしたと思い、近いうちにひとまず終了したいと考えています(あと10本ぐらい発行します)。
終了後は無料で学習できる英語メルマガを集中して発行していきたいと思っていますので楽しみにお待ちください。
英語メルマガの登録はこちらから。

英語・寺子屋の新規生徒様募集は現在しておりません。 英語は無料メルマガでぜひお勉強ください。

下記をご参考にお願いします。
寺子屋・受講生様の声
英語教室・受講生様の声

2016年02月07日

「捨てられないよ、だって命を助けてくれたんだもの」 (お片づけ) vol.324

*******************************************************************************************

石塚とものロービューティ寺子屋

「捨てられないよ、だって命を助けてくれたんだもの」 (お片づけ) vol.324


*******************************************************************************************


みなさまこんにちは。
「石塚とものロービューティ寺子屋」は、
「一番大切なことを愛する」読者の皆様に向けて、
今、この時代に学ぶべき価値を発信することを目指しています。
「究極のタカラ=自分との出会い」をご一緒に探求してまいりましょう。



☆★☆ 寺子屋&英語☆★☆

・初心者でも大丈夫
・何回間違えてもいやな顔しません
・ただし、できるまでしつこく同じ質問します

↑RBJ英語の方針です!

なのですが、
新規募集がのびのびになっていてごめんんさい。
また、英語コンテンツも発信していきますので
お勉強に役立ててくださいね。
お教室にご質問、ご興味の方は、
こちらからお問い合わせください
http://www.enpitu.ne.jp/tool/formmail.cgi?id=72381


☆★☆ローフード・フォー・ビジー・ピープル☆★☆
アメリカで3万部、日本で7000部、
インディレーベルでそれぞれひとりで売った、
ローフードの基本と時間をかけないレシピが学べる古典。
簡単なアボカド・ディップから、三段がさねの「ロー・コテッジ・パイ」まで
1冊に147のレシピを収録のボリュームです。
(書籍はテキスト中心です)
書籍
http://goo.gl/31fdYv
DVD
http://goo.gl/vefC7g


☆★☆ローフード わたしをきれいにした不思議な食べもの☆★☆
どうして今でも売れてるの?
どうして圧倒的な数のレビュー(アマゾン31 mixi 27)がつくの?
(今でもつきます)
それは、この本が、あなたのなかの「あなた」を
目覚めさせるからではないかな、と自己分析しています。
食べものの本なのに、心がめざめる、不思議な本。
「自分が見つけられなくて」ちょっとつらそうなお友達がいたら
奨めてあげてね。
http://goo.gl/jcnftQ


☆★☆ このメルマガのバック・ナンバー・ブログです。
とくに最近購読を開始された方は、ぜひお読みになってみてください ☆★☆
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net


☆★☆まずはこれでお勉強していただける完全無料e-book作りました☆★☆
◆『あなたの「日本語」を味方にすれば、 「英語」はもっとラクに伸びる。
ロービューティジャパン英語教室のメソッドの一部を無料でお伝えします。vol.01』
超ボリューミー! !これだけでもお教室が開けるぐらいの内容です^^
メルマガ登録必須もつけていない、掟やぶりの太っ腹リリース^^なので
お友達にも紹介しやすいと思います。
ぜひ下記のURLをご紹介ください。
http://www.rawbeautyjapan.com/ebook/RBJe_reportvol0120120717.pdf


☆★☆ note で、子宮筋腫のことを書いています☆★☆
3月11日に受けた検査で、
今まで10個以上あった子宮筋腫が、
2個しか確認できませんでした。その2個も小さくなっていました。
子宮筋腫の経緯についてなど
ご興味のある方は見てみてくださいね。
note
https://note.mu/ishizukatomo_rbj




☆★☆「捨てられないよ、だって命を助けてくれたんだもの」
  (お片づけ)vol.324☆★☆


1月前半に引っ越しをして、約3週間になりましたが、
だいぶ片付きました!

「だいぶ」というよりも「ほぼ」と言っても大丈夫かな。
寄付する衣類をつめた1箱を残して、
家の中から段ボールがなくなりましたから。


家に来る寺子屋や英語の生徒さんにも
「片付きましたね!」「きれいになりましたね!」と
ほめていただき、
嬉しく思っています^^
とくに、英語の生徒さんは、来る頻度が多いですので
変化が目に見えて感じられたみたいです。


住んでみて、つくづく、
自分に住みやすい物件だなあ〜
と感じています。


というのも、この物件は、
私が今までに住んだ物件の中でダントツに新しく、
(築12年。港区に住んでからの住まいは、
築30年以下の物件に住んだことがありませんでした。
6年間住んだ西麻布の住まいは築45年でした)
設計の段階から、
「こういう人に、こういう感じですんでほしい」
という企画がしっかり立っている部屋です。

そちらの立てたイメージ
(居住空間、収納、キッチンの設備)
と、
私が「こんな感じで暮らしたいなあ」と思っていた
イメージが、
ぴったりあっちゃった、というわけなのです。

こういうのを「マリアージュ」と言うのかしら^^
ほんとに、理想の夫選びみたいでした。

で、3週間たって本当にキレイになりましたが、
引っ越してきた当初は、
実は結構大変でした。

荷物が少ないつもりでしたのでしたが、
広い住まいから狭い住まいへの引っ越しは
予想以上にものが入らなくて焦りました。


今回の住まい、収納がたくさんある、と思っていたのですが、
それらの収納の奥行きが結構浅いのです。
だから、表面から見える面積のわりに、
収納量が少なかったのです。
たとえば、食器収納キャビネットや
幅90センチもある収納がクローゼットとは別に
作り付けられているのですが、
それらの奥行きが27センチしかありません。
(ふつうは40センチぐらいあると思います)
このような収納だと、文字通り、
「ふところが浅」くなりますが、
「死蔵」「死角」ができません。
表面的に目に入るものしか、
持っていられないというわけなのですね。
「収納のの闇=心の闇(大げさ?)」
ができにくいのです。
しかしそのぶん、徹底的に
「今後も持っているもの」と「ここでさよならするもの」を
分けざるをえなくなりました。


そして、その作業をしてみてしみじみわかったのですが、
自分は、持っているものの
「量」は多くないと思っていたのですが、
アイテムの「数」が多いのです。
ようするに、
こまこまこまと、小さなものに囲まれているのです。
そして、それらの一つ一つが
とっても大事なものなのです。
(と、思っていたのです)


たとえば、
筆記具なら
シャープペンシル
・0.5ミリのクルトガ
・0.9ミリのステッドラー製図用

ボールペン
・0.7ミリのジェットストリーム
・フリクション0.7ミリの各色

以上が基本ですが、
(以上の詳しい紹介はこちらの過去ログもあわせてお読みください)
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net/article/313826613.html

これだけでも用途がだぶっていて減らした方がいいのに、
それ以外にも捨てられないのが結構ある。

・ユニのエンピツ、4B
(父が愛用していて影響されてしまった、さっとメモを書きやすい)
・父の会社でお取り引きのあるJ信用金庫のボールペン
(ジェットストリーム並みに書きやすい)
・映画の試写状にしるしをつけるときはこれ!
ステッドラーのジェル式蛍光ペン
(クレヨンみたいな書き味がくせになる↓)


・金ペン堂で買った万年筆
(モーニングノートを書いているときに寝落ちしてしまうと
シーツにインクをつけて大変なことになるので引退していただいた)

・ラミーの水性ボールペン
(モーニングノートや長文の原稿を書く際の、万年筆の後がま)



筆記具をちょっとあげただけでも
愛するものがこんなにあるわけです……。


文房具だけでも
パンチ(穴あけ機)、定規、ステープラー、
ゼムクリップ、マスキングテープ etc, etc…


日用品にしたら
爪切りから綿棒、絆創膏まで
そりゃーもう、こだわりを語りだしたら
キリがありません……
(もしかしたら、このメルマガ書くために
こだわりが増大している面がなきにしもあらず、と、
ふと思った^^;)


しかも前の家は二階家だったので、
二年間のあいだに、一階と二階の二個持つようになってしまった
ものも結構あって、
今回、フラットに引っ越して来て、
それらを一つに統合して収納するのにも
結構なエネルギーを費やしました。


そして、こんなにこまこましたものを
愛しながらも、
たったひとつのこまこまを
ちょっとした判断ミスで捨ててしまい、
代替品を(送料こみ1000円、しかも全額楽天ポイントで)
購入してからも
捨ててしまったその一件が、
悔やまれてならず、
夢にまで出て来そうです。。。

ちなみにこれです。



なんでこんなに
ひとつひとつのこまこまたちを
愛してやまないんだろう?
と唖然としながらも考えてみて、
一つの答えを得ました。

それは、

「それらは、かつて、私の命を助けてくれたから」

という答えでした。

大げさに聞こえるかもしれないですが、
本当なんです。


それらの一つ一つが手に入ったとき、
そしてそれらによって私の生活が便利になったとき、
私は、いちいち「死んじゃうかもしれない」の瀬戸際だったんです。
それら一つ一つとの出会いによって
生きながらえてきたんです。

とくに、私は筆記具の
「滑らかな書き味」というものに
特別な快感を覚えているので、
本当に恍惚としちゃってるんだと思います。
合法なだけにヤバいです><


そして、
「私がそうだからあなたもよ」と
言うのは、一概には言えないし、
言っても「あなたとは違う」と
拒絶される可能性が大きいこともよくわかっているのですが、
私は、
「大切なもの」というのは、
みんな、
その人の命を助けてくれたから
大切に感じられるんじゃないか、
と思っているのです。


そして、それがなかったときの、
死の恐怖が切実なものとしてあるから、
捨てられないのではないか、と。


モノだけじゃなくて、
お金、行動(習慣)、人間関係、思想、
全部同じ理屈です。


それがなければあなたは
死んでいたかもしれない、のです。
肉体的な意味かもしれないし、
精神的な意味かもしれない。
けど、とにかく。


なんでそんなことを書いているかというと、
そのことを理解しないで
捨てられないことをただ
「執着が強い」というように
責めても
得策じゃないと思うからです。


シャープペンシルの書き味でこんなに恍惚とできるんだから、
世の中には、
もっと快感が強いものが
いっぱいありそう(笑)


とりあえず、今、この、
「全部捨てなきゃいけないわけじゃないけど、
全部とっておくほどの場所的余裕もない
(それに、全部持つのは私の管理能力を超えている)」
パーフェクトなスペースに移って来て、
「かつては私の命を助けてくれた」
ものたちを
一つ一つ見つめて、検証している最中です。
「なんでも捨てればいい」「モノは少ないほどよい」ってわけじゃなくて、
おたまホルダーのように悔しい一件もありますので、
なるべく他で利用できないか、
パズルのように考えながら、
進めています。


一方で、
今まで書き溜めて来たこと、
やってきたことの集大成をしたいという思いがありますので、
2007年頃からの記録が全部とってある
ハードディスクをひっかきまわして、
これから残すものを検証している最中です。


ここに引っ越して来たのは、
まさにそれらの検証作業をするためで、
これから私の身の回り(および内部)は、もっともっと
すっきりできそう。

その作業中に、
かつて私を助けてくれたものの一つ一つと向かい合って、
自分の心の声がそんなふうに聞こえて来たので、
今回はそれをタイトルにしてみました。


【本日のまとめ】

「愛着」とは
かつての「死の恐怖」と分ちがたく結びついている。

当時の「死の恐怖」の認識が
あなたを「愛着」から解放する。



本日もお読みいただきまして、
まことにありがとうございました。


次回も楽しみにしてくださったら
とても嬉しいです。


「みんなにも知ってほしい」と思うことは、
どうぞシェアで広めてください。




ご意見、ご要望、石塚ともに聞いてみたいご質問を遠慮無くお寄せください。
お名前、メルアドは残す必要ありません。
ただ、この感想フォームは、ブログ、メルマガ、すべての記事の感想が
一ヶ所に集まってしまう仕組みになっているので
「メルマガの何号感想」というふうに書いていただけると嬉しいです。
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/146935122.html


【ジューサー、ブレンダー類のご紹介について】
ジューサー類のご紹介は現在休止中です。
(もうすぐ再開できそうです……
 といいながら止まってしまってごめんなさい)

バイタミックスは引き続きロービューティジャパン特別価格でお取り扱いしています
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/category/6337973-1.html


発行人 石塚とも
ブログ『Raw Food, Raw life, Raw love.』
http://rawbeauty.seesaa.net

石塚とものプロフィール
http://www.rawbeautyjapan.com/about_us/


登録・解除フォーム
(まぐまぐ版・1249部)
http://www.mag2.com/m/0001243615.html
(インフォマグ版・454部)
http://www.infomag.jp/Site_6330.html


本文は著作権により保護されていますが、有料の媒体への転載をのぞき、
許可なく転送、転載可能です。
その場合は、メルマガの紹介をお願いいたします。


「記事面白かった」「もっと読みたい」「応援してます」の
方、下記バナーを
ぽちっ↓ と押して知らせてください。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村 ダイエットブログ 食べるダイエットへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 幸せな暮らしへ



メルマガ「石塚とものロービューティ寺子屋」
あなたの暮らしが、今日と変わる。
こちらからご登録を。
http://www.mag2.com/m/0001243615.html

note
子宮筋腫のことや、映画評を書いてます。
https://note.mu/ishizukatomo_rbj

twitter
@tomoishizuka

facebook
お友達申請は、ひとことメッセージを添えてくださいね。
https://www.facebook.com/tomo.ishizuka
(メッセージ添えていただければお会いしたこと無い方でも承認しております。
メッセージなしでいきなりのリクエストは
承認ご遠慮しておりますのでご了承ください。
ご理解よろしくお願いいたします)


thank you for reading..jpg



posted by 石塚とも at 02:19| ロービューティ寺子屋バックナンバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。