無料ダウンロードe-book

無料ダウンロードできるe-bookはこちらから

高速ブレンダー、ジューサーを特価でご紹介

読者特価のブレンダー・ジューサーとRBJ推薦のお買い物

ローフード・フォー・ビジー・ピープル

石塚ともの出版物はこちらから

お知らせ(2016/11/05)
長いことお楽しみいただきました「寺子屋メルマガ」は、だいたいのコンテンツをお伝えしたと思い、近いうちにひとまず終了したいと考えています(あと10本ぐらい発行します)。
終了後は無料で学習できる英語メルマガを集中して発行していきたいと思っていますので楽しみにお待ちください。
英語メルマガの登録はこちらから。

英語・寺子屋の新規生徒様募集は現在しておりません。 英語は無料メルマガでぜひお勉強ください。

下記をご参考にお願いします。
寺子屋・受講生様の声
英語教室・受講生様の声

2018年03月30日

黒いシンデレラ

『ブラックパンサー』のことを書きたい書かなきゃと思っていて、間に合わないかと思ったら、ロードショー館でもレイトショーならまだやってみるみたいなので、今日急いで記事にします。まだの人は見るべし!

アメコミに強くない私は、アベンジャーもジャスティス・リーグも見逃しており、かろうじて飛行機の中で『ワンダー・ウーマン』を見られたぐらいで最近のアメコミこれでもか攻撃にはついていけてなかったのでした。本作も試写で見てなかった。
それが、公開されたとたん、有名、無名を問わず、ツイッターやFBの私のタイムラインで話題にする人の多いこと多いこと。その多くはアフリカ系の人だったが、そうでない人もいた。そしてその誰もが、「これが私達の待ち望んでいた映画だ」ということを口にしていた。

そして、『ブラックパンサー』は、公開10日で全米興行収入が4億ドルを突破、公開4週目で『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』や私の大好きで名作のほまれ高い『ダークナイト』を抜き、本日現在で世界歴代興行収入12位の12億ドル超えをしている(1位は『アバター』)

さらに、CNNによると、「ツイッターでもっとも話題にされた映画」となった。私のTLがあっちもこっちもその話題になったのは偶然じゃなかったのだ。



この映画のヒットの要因は、『ドリーム』のヒットと同じです。今までこういうのを待っていた! マイノリティの人たちが、家族総出で見に行った。思わず言わずにはいられない口コミ効果も高かった。

オーストラリアで見られたらその熱狂感が感じられるかなと思ったんだけど時間がとれなくて、3月15日に六本木ヒルズに見に行きました。
(平日の昼間だったのでガラガラで、その熱狂は残念ながら全然感じられなかった)。

いやはや常識を覆す映画だって、私も本当に感服しちゃったんだけど、いや、常識をくつがえすんだけど当たり前、当たり前だけど常識やぶり。
つまり、「ヒーロー物においてはなんだかんだいっても主役は白人よね〜、多様性重視だからチームの中に肌の色が違う人も女性も入ってるけど」みたいなのが今までの常識。この映画はそうじゃない。全員アフリカ系。話が進んでも進んでもアフリカ系。そして、めちゃめちゃクール。ヴィヴァ・アフリカン・カルチャー。人物だけじゃなく舞台設定も衣装も。スタッフのこだわりがガチンコ感満載。

さらに、この作品のすごいところは、アフリカ系のフィーチャーというだけでなく、これも常識やぶりというか今までの常識が変だったというか、一騎当千のつわもの戦士軍団が女性だったり。そしてこれがかっこいいんだ、この映像が、「今まで見たことない、でもずっと見たかった」」の具現化なのです。

If you want to go quickly, go alone. If you want to go far, go together. - African Proverb #Oscars 2018.

Lupita Nyong'oさん(@lupitanyongo)がシェアした投稿 -


↑2018年のアカデミー賞授賞式で揃い踏みするブラックパンサーの主役お三方。真ん中が主人公ブラックパンサー/テイ・チャラ役のチャドウィック・ボーズマン、左が元恋人で今は各国でスパイを努めているナキア役のルピタ・ニョンゴ、そして右側が、左のロマンスの相手よりもずっと映画にしょっちゅう出てきてさらにときには主役より存在感ある女戦士・オコエ役のダナエ・グリラ。この人がかっこいいの!

この3ショットは2018年の授賞式で撮られたものですが、『ブラックパンサー』は、なんと今から2019年の賞レースにからむだろうと予想されているのだ。しかも、そうプッシュしたのがクリストファー・ノーランなのである。こんなに早くから話題になる作品なんて、2001年から映画評論活動やってますが、聞いたことないです。そして、どうしてそれほど話題になるかもわかります。

そして、ルピタ・ニョンゴはほんとうにかわいい。

Chilling. #Oscars. Not really #tbt just yet. @lovegoldlive

Lupita Nyong'oさん(@lupitanyongo)がシェアした投稿 -



Glam for life! #FanArtFriday @guillermo_meraz. Thank you!

Lupita Nyong'oさん(@lupitanyongo)がシェアした投稿 -



2014年、『それでも夜は明ける』の女性奴隷役で彗星のように現れ、(1000人のオーディションを勝ち抜いて映画初出演)、演技を絶賛されアカデミー助演女優賞を受賞したときのルピタ。プラダがスペシャル製作したドレス。
そしてこれ、髪飾りとのコーディネートを見ると、ディズニー映画の『シンデレラ』へのオマージュだとわかるコーディネイトです。
ブラック・シンデレラ。

(今回のコーディネートをしかけたスタイリストミカエラ・アーランジャーとの2ショットをはじめ、さらにかわいいブラック・シンデレラ・コーディネートがこちらで見られます。写真は転載できないので)



日本語版の予告をのせようとして見たら、全然面白そうに見えなかった(涙)
たぶん、上で書いたような魅力はほとんどフィーチャーされてない、たんなるアメコミ映像になってたからだと思う。(Hidden Figure を『ドリーム 私達のアポロ計画』と訳してしまうようなロスト・イン・トランスレーションがここでも起こっている)
なので、英語のオリジナル版を御覧ください。
posted by 石塚とも at 22:17| 映画がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月28日

東京のヒミツ会議は新宿伊勢丹のスカイハイ

「ヒミツ会議」ってここに書いたらヒミツ会議にならないですけど

きっかけは、親友と待ち合わせるのにどこが便利だろう?って探していてここになったんですけど、
彼女がとても気に入ったというのもあり、
それ以来、ふたりの会議はいつもここになっちゃいました。

IMG_7719.jpg
IMG_7978.JPG
とくに彼女の気に入ったのが平日限定のグリーンボウル。
彼女はローフードとか全然取り入れてない人だったんだけど、これは「いい」と感じるらしい。
おいしいし、夕方のすいた小腹にもボリューム感じる。
たぶん、スピルリナに含まれるタンパク質のせいじゃないかと思う。

IMG_7827.jpg

スムージーもスピルリナ増量。

IMG_7895.jpg
IMG_7896.jpg

春の限定ボウル。ドラゴンフルーツ入りの
ピンクボウル。
たぶん私達、ボウルは全メニュー制覇してます。

「デパートの中のジュースバー」ですから、
通常、お客様たちは、バーカウンターに座ってお買い物の疲れを癒やして、
ジュース1杯飲んで、つまりあまり滞席時間は長くなくお帰りになるのですが、
私達は、そのバーめがけてやってきて、
何やら人に言えなさそうな(!?)話を話し込み(くだを巻き?)
小一時間は席を温めて帰る、
いわゆる本当の「バー」みたいな使い方をしている^^

しかも、1時間以上いるので、だいたい、
2品ぐらいオーダーしていただいてます。
ますますふつうの「バー」的。
ふたりで、「おいし〜〜い」を連発して、
お店の若いお姉さんたちに苦笑されています。
(やっぱりバーだ)

でも、来るたび「へーっ」って思うんですが、
2品オーダーすると、2品目飲んだときに、ガーっとくるんです。
身体のどこがガーっというのかわかりませんが、
「ん? これ、抗酸化の始まってる音?」と思います。
1品目は疲れた身体を元に戻して、ゼロにして、
で、2品目から本当の効果が出てくるのかもな〜って思います。

同じヒミツ会議するなら、こっちのバーの方が全然健康的!
しかも、頭が冴えるので、生産的!
って思います。
さらに、閉店までいても夜8時までだから、
6時半に待ち合わせても、
ちょうど1時間半で、さっぱり終われます^^

posted by 石塚とも at 23:09| 東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月25日

クラウンカジノのビュッフェと水族館

今日はメルボルンのガイドします。

メルボルンは大阪もびっくりの食い倒れの街で(シドニー=東京だとすると立ち位置も似てるかも。シドニーより古い街です)。しかも超ベジ・フレンドリーなので、ノンベジの人とどのレストランに行っても困ることはないかと思います。

が! 今回はそれらでなく、ビュッフェを体験。
南半球最大と言われるクラウン・カジノを擁するクラウン・エンターテインメント・コンプレックスの中にビュッフェがあるというので、一度行ってみたかったのです。

160909-Crown-Melbourne-Restaurants-KitchenWorkshop-Interior_A-GMB-720x720.jpg
FCR10708-Kitchen-Workshop-Webtile.jpg-534x286.jpg

クラウン・エンターテインメント・コンプレックスってそのすごい名前の施設の中に
レストランもいっぱいあるのですが、ビュッフェの名前はKitchen Workshop.
あまりに広すぎて全景の写真がうまくとれなかったので、
サイトからお借りしちゃいました。
西新宿のシズラーの倍ぐらいの広さがあるんじゃないか。

IMG_1703.jpg

カジノは広くてごく庶民的なスロットマシンのコーナーしかわからなかった
(奥の方でポーカーとか行われているらしいです)。
Kitchen Workshop はカジノのゲートの中にあるので、レストランだけの利用でも、
年齢がわかる身分証明書を持っていく必要があります。
また、18歳未満は入場できません。

IMG_1870.PNG

予約なしでも入れますが、混む時間帯は予約したほうがいいです。
現地の電話番号があれば、このようなリマインダーを送ってくれます。
なお、お値段ですが、
ランチ 22.9AUD (1AUD = 85JPY計算で 1946JPY)
ディナー 29.9AUD (同上 2541JPY)
シーフードとアルコールは別料金です。

IMG_1704.jpg
サラダ!

IMG_1705.jpg
私が盛り付けたのはこんな感じ。
ローストポテトがあるのがよかった。
皮に塩がついてるけど、皮をむけば、塩なしで食べられます。

それ以外は興味なかったので写真も撮らなかったのですが、
こちらのレストランのオファーは大きく6つのエリアに分かれていて、
・サラダ
・デザート(巨大)
・中華
・インド
・イタリアン
・ローストビュッフェのスライス
でした。世界中の人が誰でも好きそう。なんてツボを押さえたビュッフェなんでしょう(笑)

私はカレーをちょっと食べたのですが、スパイス具合がめちゃめちゃおいしかった。
どれもこれも本格的。

広いのでいろいろな客層がいて、
・カジノに来た団体客
・近くで大型会議をやってその昼食会場としてやってきた人々
(首に名札を下げているような)
・家族
・カップル
など、いろいろでした。

そして、こちらで腹ごしらえしたらヤラ川べりを散策して、
IMG_1754.JPG

近所の水族館に行けます。

見やすく工夫されてていろいろ見どころ多いのですが、
IMG_1769.jpg
IMG_1770.jpg

ペンギンがかなり人懐こくて、ガンガン寄ってきます。

IMG_1772.jpg

高笑い。
posted by 石塚とも at 00:18| 海外(オーストラリア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月23日

私もヘアドネーションしました!

3月18日の土曜日にヘアドネーションしました。3年ぐらい伸ばしていました。
きっかけは、ナチュラル派に愛用者も多い森田要さん開発のヘナを使い始めたこと。
ヘアドネーションというのは、頭皮・頭髪に関するなんらかの病気で髪の毛を失い、ウィッグ(=かつら)を必要としている人たちにそれを届ける活動です。賛同するサロンで切ってもらうこともできますし、自分で切って送ることもできます(近くのサロンは下のリンクから検索できます)。
オーガナイザーのサイトはこちらですが、髪を切ってからかつらになるまでたくさんの工程を経るんですね。。。

723BD667-5DC4-41DE-903C-FCEB46ED436C.jpeg
IMG_7866.jpg

わー、長くて自分でもびっくり! 段がほとんど入ってないから、ボリュームもたっぷり。
量が多くていつも結んでたし、最近、お教室とかやらないから目撃者がいないです^^
しかも、つやつやなので二重にびっくりしました。

で、初めてヘナをしたときの写真を探してきました。
2015年の10月19日(金)だそうなので、3年がかりですが、
3度めのびっくり。

2015-10-09 15.53.20.jpg
2015-10-09 15.51.59.jpg
2015-10-09 15.53.29.jpg
2015-10-09 15.55.25.jpg

森田さんのサロンで初めてヘナとカットをしてもらったとき。
くせ毛+広がる毛なのがわかりますよねー。
森田さんのカットポリシーは「段入れない」「ブローしない(乾かすだけ)」なのです。
「髪が傷む」ということで。
でもそうすると、仕上がりも「もともとの髪質」が遠慮なくさらされちゃうんですよね。。。
お花がいっぱいのサロンで笑顔で写真を撮っていますが、
今だから書けますが、全然嬉しくありませんでした><

ただ、御大がおっしゃるには
「(髪に)少しくせがありますね〜。
ヘナを繰り返しているうちに矯正されてきますよ〜」
とのことで、
この言葉が頼みでした。

私がヘナを使い始めたのは、当然ながら白髪があるからで、
(遺伝なので、今後もどんどん増えると思います)。
いろいろ試してこのヘナを紹介されました。
それでしばらくは言われたとおりにしてみよう、と思って、この2015年の10月から
週に1度ヘナでトリートメントし、
(前の夜からペーストを作って髪に塗ってから60分かかるので
それなりに大変でした)
2016年と2017年の年初にちょっとトリムしただけでした。

そのうちに、面白いことに気が付きました。
私は「髪が多い」から、「髪は段を入れて、減らす」必要があると思っていたのですが、
段を入れずに髪を伸ばすと、逆に髪の重さで自然とまとまるようになる。
こっちのほうが手間がかからない(大事)と気がついてからは、
伸ばすのが楽しくなりました。
さらに、他のヘナも試してみたのですが、仕上がりがまったく違うので、
ますますこちらのヘナしか使えなくなりました。

で、どうせ伸ばすならヘアドネーションに挑戦してみるか!と早い段階で思いました。
ちょうど便利な場所に受け付けてくれるサロンがあり、
相談しながら、ここまで伸ばしてきました。

それで、最近見せに行ったら、
「もう十分切れます。切ったあと、ボブで残せます」
と言われたので、そうなったら早く切りたくなって
先週の土曜日に切りに行きました。
(最近はさすがに乾かすの大変でした)

IMG_7867.jpg
IMG_7876.jpg

よ〜く髪をとかした後、こんな感じでブロッキングします。

IMG_7877.jpg

そして、いよいよカット!

IMG_7878.jpg

ある程度ざくざく切ってしまいます。
髪の束を写真撮るの忘れました^^;
寄付する髪は処理するときに洗うからここでは洗わないみたいです。
切ってから残った髪をシャンプー。
シャンプーもラクシュミーのを持ち込みました(普段はマジックソープを使ってて、
これを使うのは特別なときだけです、高いので。。)

IMG_7879.jpg

で、上の2015年の写真と比べてほしいのですが……。
切っただけで、ここまでまとまってしまいます。
サロンで切ってもらってたときは、カットデザインの勝利かと思って
(2,3日前に相談に行ったので、スタイリストさんがあらかじめ考えておいてくれた)
ただ嬉しいだけだったのですが、
このブログの投稿のために過去の写真の髪質と比べて4度目のびっくり?
本当に全然変わっています。
いやー、信じたかいがありました。森田御大(カットやめちゃったけど^^;)
さすがカリスマです!

ヘアデザインは、wing の上岡さんが考えてくれました。
「段を入れないほうがまとまる」「将来も手をかけずにいきたい^^;」
という意見を伝えて、
今までの方針を継承しつつ、しかも動きもあるスタイルを考えてくれました!

IMG_7880.jpg
IMG_7881.jpg

完成〜。

先のほうだけちょっと動きを出してもらいましたが、
ほんと、
このカットもほとんど時間かかってないです。
ブローも、森田さん方式で、「ぶわ〜」ってしただけで
ほぼここまでまとまってしまいました。
「ブロー」じゃなくて「ぶわ〜」。(笑)

IMG_7888.jpg

サロンで撮ってもらうの忘れたので、
家でセルフィーしてみました^^

私は髪の量と広がる質のせいもありますが、
髪が顔にかかると、かゆくてかゆくて、
よけい髪を結んでいました。
それが、顔にかかっても平気になりました。
だから、こんな顔にかかるなんてヘアスタイルにできたのは
初めてです!

で、今後もしばらく放置します^^

IMG_7887.jpg
これからも、どうぞよろしくお願いします<__>

posted by 石塚とも at 21:50| Raw Life! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月14日

チェックアウト

2週間メルボルンに滞在して、今日の深夜便で日本に戻ります。
戻ったら、日本でしかできない仕事を山ほどします。
そして、また次に備えます。

……という生活をしていると、数ヶ月に一度、大幅な「チェックアウト」というものをすることになります。

滞在した先の宿泊を出てくるときも「チェックアウト」なのですが、
自分の家のドアをしめて、カギを閉めて、スーツケースを押して出ていくときも「チェックアウト」。
二週間以上家をあけるなら、冷蔵庫の中も空にしていく必要があるし、タオルなんかも全部洗濯して出ていかないと、とくに温かい季節は残念なことになります。
それから、ベッドリネンも替えておきたい(フライトから帰って、横になったベッドが寝心地悪かったらいやですよね)。宿泊先ならホストがやってくれますが、自分の家はハウスキーピングを頼まないかぎり自分でやる必要があります。

そんな感じで、いったん、自分のいる場所と、持っているものを「棚ざらえ」している。
これ、結構いいのですよ。身体にというか、心にというか、ライフにというか。

できたこと。できなかったこと。改善できること。する必要がないと判断すること。
そういうことが可視化するから。

で。
掃除し終わったところは、
IMG_1833.JPG
IMG_1834.JPG

ここまで仕上げるのだけど、
「今ままさにチェッキングアウトの途中」
というときは

IMG_1832.JPG

こういう状態になります。

こういう状態を「ダンプ」というらしいです。
「ダンプカー」の「ダンプ」。
「ぶちまける」という意味ですね。

「ブレインダンプ」という言葉があって、
新しい企画を立てるときに、
頭の中にあるものを一切合切紙の上に吐き出してみる作業だそうです。
そこからいいアイディアをみつけたり、精度を上げていく。

この言葉を聞いたから、「持ち物ダンプ」を思い切ってやるようになったかも。
全部ぶちまけて、見てなくちゃ!(言い訳?^^)

ダンプして、ぶちまけて、いらないものは捨てて、
いるものはきれいに並べて、後を濁さぬように出発して、
次に行く。

けっこうこの瞬間が好きかも。
また次の人生にいけるようで。

IMG_1835.JPG
今は最後の夕ご飯を食べるため、スーツケース2個持って待ち合わせ中。
こちらに来てもうコーヒーも飲まないのだけど、ココナツミルクでアイスカプチーノを作れるというので注文してみた(でもたくさんは飲めなかった^^;)
posted by 石塚とも at 15:29| Raw Life! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月12日

人生2回目のクレジットカード不正使用被害にあった

タイトルどおり、人生2回目のクレジットカード不正使用被害にあった。

1度目のときは、自分で気がつく前に、カード会社の人が気がついて連絡があってわかる、という感じだったので(「一応確認ですが、○月○日に大口のお買い物されてませんよね」と聞かれた)なんの不安もなく収束したのだが、今回は、昨日(3月11日)明細確認のためにログインしてみたら、身に覚えのない現金引出記録があるではないか。4日前の3月7日。それも1日4回も。。。
スクリーンショット 2018-03-11 09.22.55.png

そして合計で1,200ドルって!!

青くなりかかりましたが、この明細、落ち着いて見たら、おかしいところがいろいろある
まず、クレジットカードで現金を引出した場合、引出した端末の場所や銀行名が明細に上がってくるのですが、何も書いてない(サイバー犯罪だからないのだろう)
それから、クレジットカードで現金を引き出すというのは、一時的にカード会社からお金を借りることですから、通常、引出した瞬間、自動的に次回引落し日までの金利も明細に上がるのですが、それがない。
そして、この現金、米ドルで引き出されてる(私は今オーストラリアにいる)。

盗難デスクに電話してカードを止めたときには「海外で不正使用された場合調査に1ヶ月ぐらいかかります。カード再発行手数料も現状はお客様のご負担になります」と言われてうまくしゃべれないほど動揺してたのだが、担当者からの電話を待つ一晩のあいだに、「これは絶対に不正使用として処理してもらえるはずだ」と落ち着いた。
そして、翌日の月曜日に担当者から電話をもらって、そのときにはすでに「ハワイで不正使用されたようです。全額保険の対象になります。カード再発行手数料もこちらで負担します」と結果が出ていた。

これで、ちょっと「何事もなかったように処理する力」がついたかな? と思った。
動揺していたときは、誰かに泣きつきたかったけど、冷静に考えて、一晩待てたから。
1200ドルという金額は少なくないが、それ以外に、自分が「被害者としてターゲットにされた」という気持ちはダメージを与える。でもそれにも「たまたまであって私に落ち度があったわけじゃないし」と思えたから。

こういう犯罪に対して、防ぎようがあるかというと、ないのだと思う。
私は普段どおりに使っていただけだし、どうも今回の犯罪、私がどうかされたんじゃなくて、カード会社のデータにアクセスされたのだと思われる(任意に選ばれた私の番号が不正使用の対象になってしまった)。
それでも、気をつけましょ。

IMG_1797.JPG
IMG_1799.JPG
IMG_1800.JPG

先程テレビのニュース番組をつけたら(BBCワールド)、これほど日本のことをニュースで長く見るのは初めてだったので驚いた。
東京の特派員が出てきて、日本で報道されている内容に加えて、小学校の名前の意味まで説明していた。


posted by 石塚とも at 23:00| Raw Life! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月11日

前に進んでる、かな?

今メルマガを発行したばかりなのだけど、ふつうのブログも書きます。

ほんとに長い間、メルマガもブログも書けなかった。

やっとアウトプットができるようになったのは、嬉しいかぎり。

進み始めた鬼アシストツールは、Google Keep .(ホント)。

だけど、そのGoogle Keep をみつけさせたものは、

「こういうふうに生きたい」っていうイメージの明確化なんじゃないかと思う。

「私にはこういうふうに世界が見えてます」という構図の明確化なんじゃないかとも思う。

イメージがあって、地図が見えたら、前に進めるよね。
そして、そのイメージは、自分史上もっとも気持ちがよい。

写真はありません。
posted by 石塚とも at 22:23| Raw Life! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「きれいな資本主義」は好きですか? その5(ファイナンス) vol.344

****************************************************************************************

石塚とものロービューティ寺子屋

「きれいな資本主義」は好きですか? その5(ファイナンス) vol.344

******************************************************************************************
みなさまこんにちは。
「石塚とものロービューティ寺子屋」は、
「一番大切なことを愛する」読者の皆様に向けて、
今、この時代に学ぶべき価値を発信することを目指しています。
「究極のタカラ=自分との出会い」をご一緒に探求してまいりましょう。

長年ご愛読いただきました「ロービューティ寺子屋」は
もうすぐ完結する予定です。
(今343 なので、vol.350ぐらいで終わるのではと思われます)
ご愛読いただきまして、まことにありがとうございました。
バックナンバーを読み返したい方はこちらからどうぞ。
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net


☆★☆ 新企画・英語力アップのメルマガです ☆★☆
「寺子屋」の次の企画として、
英語力アップのメルマガを独立させました!
有料英語教室の5年間の成果をリリースします。
練習ドリルを続けてくださった方に必ず上達していただきますので、
覚悟してください(笑)
現在、練習ドリルはその13まで配信中。たまらないうちにはじめましょう!
http://www.mag2.com/m/0001675727.html


☆★☆ 英語無料e-bookも配信中 ☆★☆
◆『あなたの「日本語」を味方にすれば、 「英語」はもっとラクに伸びる。 』
これだけでもお教室が開けるぐらいのボリューム。
ロービューティジャパンの最初の無料e-bookです。
「メルアド登録しないとダウンロードできない」とか、
そういうしばりは一切ありませんので、^^
お友達にも奨めやすいと思います!
http://www.rawbeautyjapan.com/ebook/RBJe_reportvol0120120717.pdf


☆★☆ 寺子屋&英語教室☆★☆

英語教室、寺子屋ともしばらく募集がありません。
英語は、
上記の無料メルマガでお勉強していただけるように
しましたので、ぜひご登録ください。
そして、寺子屋は、このメルマガが終了したら、今までの連載をまとめたり、
最新の情報や私の考えは、メルマガで発信していこうと思っています。
今後も応援お願いします!

☆★☆ローフード・フォー・ビジー・ピープル☆★☆
アメリカで3万部、日本で7000部、
インディレーベルでそれぞれひとりで売った、
ローフードの基本と時間をかけないレシピが学べる古典。
簡単なアボカド・ディップから、三段がさねの「ロー・コテッジ・パイ」まで
1冊に147のレシピを収録のボリュームです。
(書籍はテキスト中心です)
書籍
http://goo.gl/31fdYv
DVD
http://goo.gl/vefC7g


☆★☆ローフード わたしをきれいにした不思議な食べもの☆★☆
今でも愛読してくださる方がいる、通称「ピンクの本」。
圧倒的な数のレビュー(アマゾン31 mixi 27)が
今でもつきます。
食べものの本なのに、心がめざめる、不思議な本。
「自分が見つけられなくて」ちょっとつらそうなお友達がいたら
奨めてあげて。
http://goo.gl/jcnftQ


☆★☆ note には、映画評論やその他テキストを書いています。☆★☆
https://note.mu/ishizukatomo_rbj
長年続けて来たブログはこちら。
http://rawbeauty.seesaa.net


☆★☆「きれいな資本主義」は好きですか? その5(ファイナンス)vol.344☆★☆

今週にはもう日本に戻ってしまうのですが、
今は、オーストラリアのメルボルンでこのメルマガを書いています。

到着した2月の28日から今日までは、ずっと、
お金のことをしていたんですけど、
それは、お金を「稼ぐ」ことではなく、「管理する」ことでした。
お金を「徹底管理する」こと。つまり、帳簿をつけてたんです。

私は、個人事業主なので毎年確定申告をするのですが、
帳簿はかなり細かくつけています。
複式帳簿で、毎年1月には昨年分をつけ終わって、
2月の前半にはもう電子申告で申告、まだ申告締切が終わってない
3月8日は、もう、税務署から還付金の振込を受けて、
来年の申告用に帳簿をなおしてました。
「周回遅れ」ならぬ「周回リード」」です^^

今年の申告までは税理士さんにお願いしてたんですけど、
その税理士さんとのペアを今年で解消したので、
次の候補の方に何人かお会いしたのですが、
その方から「これだけ精度が高いんでしたら、もう税理士なしで申告しても
いいんじゃないですか?」とご意見もいただきました^^
それで、来年の申告に向けて、一層精度の高い帳簿を作ろうと、
数字が違っているところとか、どう仕訳を立てたらいいかわからないところなどを
徹底チェックしていたのでした。

この「帳簿チェック」って、最大の癒やしの作業じゃないかしら、
と、私は、作業を終えてしみじみ思っているのでした。

だって、例えば、あなたが病気にあったら。
盗難にあったら。
もしくは、
新しい夢ができて、実行したくなったら。
結婚したくなったら。

「ビクビクするよりワクワクしよう」って無理に思うより、
自分の賃貸バランスと損益が見えている方が、
心はの平安はずっと保ちやすい気がしてるんですけど。

お金はあればあるほどいい、ってわけじゃなくて、
ないって現実があったら使える補助金はないのか、とか、
年齢が若いうちにワーホリ行こう、とか。
対策が立てやすいんじゃないかと思う。

サラリーマンの人、
取引先に持っていったお土産、
プレゼンのための買ったスーツ、
資格取得のために通った学校の費用、
場合によってはサービス残業で自腹で食べた夕食代、
経費申告してますか? 
これらは経費として認められて、所得税を減らせることをご存知でしょうか。
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO13025960X10C17A2W06001

税金は公共のために大切だけど、
誰かにお金を託すということは、託した先が信用できるか、
という問題が出てくる。
その託した先と気持ちよく生きていくために、
「自分の払える分に責任を持つ」
ためにできることはしようと、私は考えています。

というわけで、「管理する」話はいったんそこまで。


さて、「きれいな資本主義は好きですか」完結編の前に、
1本「自分の取扱説明書」という記事を挟んだのは、
http://rawbeauty.seesaa.net/article/456209234.html

株・為替取引などという究極の自由取引の前には、
「自分の取扱説明書」を持っていることが、
とってもとっても大事、
場合によっては、「何よりも大事」と言って差し支えないと思ったからです。

自分はどういう場面で強みを発揮できるのか。
ひいては、
「自分はどういう世界観を持っているか」
ということが、取引にとても影響すると思いました。

私は「下げ」に強いです。
だから、日経平均がどんどん上がっていよいよバブル時代に
近づくのではないかと
騒がれた昨年後半から今年の1月ぐらいまでは、
全然利益がとれなくて沈んでました。

これは、私がどこかで「こんなに上がるわけがない」という
世界観を持っていたからなんだと思います。
この世界観が希望的観測にとても影響を及ぼします。
「ありのままの市場を見る」ときに、この「希望的観測」は
とても邪魔になるので、
「下がってほしい」と思ってる私は株価が高騰しているときは
乗り遅れるばかりでした。

今、また下がってきたので、
やっと調子が戻ってきて取り返し始めましたが。

あと、これは言い訳っぽい気がしないでもないのですが、
もう一つ、昨年後半から全然ダメになった理由は
拠点をヨーロッパに移したことも大きいです。

ヨーロッパ時間では、
日本市場が始まる朝9時は夜中の1〜2時。
閉まる午後3時は朝7〜8時。
これだと、いつも寝ぼけまなこで判断しなくちゃいけない。
ずっと市場があいている為替に変えたほうがいいかな??
などと考えているうちに、他の仕事が優先順位が上がって
時間がすぎてしまって。

「自分が扱いやすいものを扱う」
これも、「自分の取扱説明書」の重要事項。


…そういうわけで、
「自分の勝ち方、見つけてね」
では元も子もないので、
少しだけ、誰にでも共通にススメてよいのではないかと
思うことを書きます。

私は、「小型株」を扱っています。
株価が100円〜300円ぐらいのもの。
・東証一部
・出来高100万株以上
・株価100円〜200円前半
・単元株数が 100

つまり、ものすごく少額で扱える株。
(150円で100株買っても1万5000円)。

本日(2018年3月11日現在)
アプラスF(8589)
日本通信(9424)
住石HLD(1514)
パイオニア(6763)
ジャパンディスプレイ(6740)
など。(カッコ内は株価コード)
(yahoo ファイナンスでスクリーニングかければまだまだ出ます)。

理由は、
・株価が低いということは、1円あたりの値上がり(値下がり)率が大きい。
・柔軟な取引ができる(予算や自信があるなら取引株数を増やせばよい)

からです。

同時に
・予算がなければ少額の取引が可能
・少額でも取引可能なので、現場に出る練習になる

という理由もあります。


前に書いたか忘れましたが、
「株・為替の取引」というのは、
世界中で行われている一種のゲームなのですが、
普通のゲームとかスポーツの試合と違うところは、

「クラスもなければハンディもない」
ということです。

達人から負けが定位置になっちゃってる人まで、
全員、一つのリングに上って勝負します。
しかも、番付が上になればなるほどゲームに有利で、
下っ端はその逆です。
(たくさん資金を持っていると、自分の影響力で
市場を動かすことができる。
下っ端は乗っかっていくのみ)。

その中で力をつけていくなら、虎の穴みたいなところに、
実際に参加することで、ついてくる実力というのがあると思う。
そのためには、なるべく小さな資金で練習できる環境がほしいので。

それから、証券会社は、今はどんどん手数料競争になっているので、
「やろう」と思ったときに調べて一番安いところでやったらいいと思います。
私は今は
取引はライブスター証券、
それ以外に楽天証券の口座も持っていて、
チャートは楽天証券のアプリで見ています(見やすい、分析が細かい)。

さてさて、
今日このメルマガを書こうと思ったのは
最初に書いたように、最近の一番の課題
「帳簿をちゃんとする」という作業が終わったからなんですが、
政局に動きがありそうで、
明日(2018/3/12)の東京市場はその影響が出る可能性、大。

さあ、私達は
「希望的観測でなく、ありのままに市場を見る」
ということができるでしょうか。



今、株や為替の価格が変動し、
ときに大きく上げ、ときに大きく下げ、
ゲームの勝者と敗者を生み出すのは、
ひとえに価格が、人の「期待」と「不安」という
群集心理によって、「上がり過ぎ」「下がり過ぎ」という
波をつくり出すからです。
参加者が自己決定能力を高めれば、
そもそも価格は常に適正で変動の幅は小さくなります。
そうなったとき、初めてお金は
「たいして意味がないもの」になるのではないだろうか?


【本日のまとめ】

社会の自己決定能力の向上が
貧富の格差解消に貢献する。

ただ、そんなに簡単にうまくはいかないと思うけど。

お金に関しての問題を解決する方法は、
ベーシック・インカムの導入と、
それ以外の範囲は、自由裁量。


本日もお読みいただきまして、
まことにありがとうございました。

次回も楽しみにしてくださったら
とても嬉しいです。

「みんなにも知ってほしい」と思うことは、
どうぞシェアで広めてください。

ご意見、ご要望、石塚ともに聞いてみたいご質問を遠慮無くお寄せください。
お名前、メルアドは残す必要ありません。
ただ、この感想フォームは、ブログ、メルマガ、すべての記事の感想が
一ヶ所に集まってしまう仕組みになっているので
「メルマガの何号感想」というふうに書いていただけると嬉しいです。
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/146935122.html

【ジューサー、ブレンダー類のご紹介について】
ジューサー類のご紹介は現在休止中です。
(もうすぐ再開できそうです……
 といいながら止まってしまってごめんなさい)

バイタミックスは引き続きロービューティジャパン特別価格でお取り扱いしています
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/category/6337973-1.html

発行人 石塚とも
ブログ『Raw Food, Raw life, Raw love.』
http://rawbeauty.seesaa.net
石塚とものプロフィール
http://www.rawbeautyjapan.com/about_us/


登録・解除フォーム
(まぐまぐ版・1153部)
http://www.mag2.com/m/0001243615.html
(インフォマグ版・422部)
http://www.infomag.jp/Site_6330.html

本文は著作権により保護されていますが、有料の媒体への転載をのぞき、
許可なく転送、転載可能です。
その場合は、メルマガの紹介をお願いいたします。


☆★☆ 新企画・英語力アップのメルマガです ☆★☆
「寺子屋」の次の企画として、
英語力アップのメルマガを独立させました!
有料英語教室の5年間の成果をリリースします。
練習ドリルを続けてくださった方に必ず上達していただきますので、
覚悟してください(笑)
http://www.mag2.com/m/0001675727.html


note
子宮筋腫のことや、映画評を書いてます。
https://note.mu/ishizukatomo_rbj

twitter
@tomoishizuka

インスタグラムも始めました!
tomoishizuka

facebook
お友達申請は、ひとことメッセージを添えてくださいね。
https://www.facebook.com/tomo.ishizuka
(メッセージ添えていただければお会いしたこと無い方でも承認しております。
メッセージなしでいきなりのリクエストは
ハッキングなどを防ぐため承認ご遠慮しておりますので
まずはメッセージをお待ちしております。)

thank you for reading..jpg

posted by 石塚とも at 21:49| ロービューティ寺子屋バックナンバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月08日

あなたの人生に影響を与えたある女性について話してください 〜国際女性デー〜

先週から、メルボルンに来ています。
2週間の予定なので、今はちょうど折り返し地点。


メルボルンにいるときは、英語のクラスに通っています。
市のコミュニティセンターで、「英語が母国語でない、おもにシニアの住民のためのクラス」というのに入っています。
(住民登録してなくても受講できます。公共事業なので学費も安いです)
男女どちらも登録できると記憶してましたが、現在受講してるの女性ばかりです。
で、「英語が母国語でない」人たちなので、なにしろ、あっちからこっちから。
東アジア人が私を入れて2名、東南アジア1名、南米、中東、東ヨーロッパ、西ヨーロッパ。どこだか知らない人も。さらに、先生以外にもイギリス出身の人がボランティアで入ってくれてるので、ほんといろいろ。ディス・イズ・マルチカルチャー! って感じ。

それで、今週のお題が、本日の記事のタイトルでした。「あなたの人生に影響を与えたある女性について話してくください」。今日が国際女性デーなので、それにちなんでのことでした。

ちなみに国際女性デーというのは20世紀の初頭にニューヨークの女性労働者たちが女参政権を求めてデモを起こした日を起源としています。
普通選挙とか男女同一賃金とか、そういうのを獲得するために尽力した人と言うのは、もはや当たり前になっているけど私たちの生活に大きく影響しているはず。
国際女性デーってそういうものを思い起こす日かと思っていたので、国女性の地位向上に活躍したような人の名前があがるかな?と思ったんだけど。
でも、当日10人ぐらい生徒さんがいたと思うのですが、そのうち半分以上の人が、「私の人生に影響を与えたひとりの女性」にあげたのが、「私の母」でした。

そっかー、これだけ「多様性」の見本みたいな人たちが集まっても、行き着くところはそうなるか〜、と、ちょっと感慨深かった。

そして、それだけいろいろ違う国であっても、「お母さん像」って、そんなに変わらなかった。
「忍耐深い」とか「強い女性でした」とか「いつも微笑みを絶やさなかった」なんて表現がよく出ました。

あと、興味深かったのが、ロシアでは「女性の日」って国民の祝日なんだそうです。1919年のロシア革命ってまず女性労働者がデモを起こし、それが男性を巻き込む形で運動が広がっていき、帝政を崩壊させた。
それで「女性の日」というのは「母の日」と違ってすべての女性が対象なので、お祝いももっと盛り上がるんだそうです(すべての女性が花やカードやチョコを贈る対象になる)。国民の祝日に制定されたのはブレジネフ時代の1966年だとか。

というわけで、今日は国際女性デーなんだけど、「国際女性デー」が生活の中でどんなふうに受け入れられてるか、がしみこむ貴重な機会でもあったので書いてみました。

今日は写真ありません。

最近、半年ぶりに「しみこませる英語メルマガ」を発行しました。過去ログはnote に転載していてこのブログでは更新情報がわからないので、ご興味ある方はこちらからフォロー、もしくはメルマガに登録してください。




posted by 石塚とも at 22:40| Raw Life! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする