無料ダウンロードe-book

無料ダウンロードできるe-bookはこちらから

高速ブレンダー、ジューサーを特価でご紹介

読者特価のブレンダー・ジューサーとRBJ推薦のお買い物

ローフード・フォー・ビジー・ピープル

石塚ともの出版物はこちらから

お知らせ(2019/11/06)updated!
有料記事の配信を始めました。


寺子屋メルマガ(配信終了)バックナンバーはこちらから読めます。
英語メルマガ(更新できてないけど) 登録はこちら バックナンバーはこちら
英語学習ドリルのダウンロードページがサービスを終了してしまったので、ただいまDLできません! 引越し先探し中。


英語・寺子屋の新規生徒様募集は当面しませんが、「以前どんなことをしていたのか?」読みたい方はこちらからどうぞ。
寺子屋・受講生様の声
英語教室・受講生様の声

2021年01月31日

これがあるからなんとか

昨日の記事の続きが書けます。


AFB10B23-D801-417B-89D2-57B34FD12948.jpeg
昨日の冷蔵庫の中の紙で包まれた正体はこれ。
大事な大事なりんご、グラニースミス。

758E8B1F-9118-4508-8763-3B9D954B5AA8.jpeg
こんなふうに紙に包まれてお届けされるのを、プラスチックの袋には入れたくなくて、そのまましまいました。

グラニースミスは、販売サイトによると「紅玉が甘いと感じられるほどの」酸っぱいりんごで、まあ赤くないりんごですから甘みが少ないのは当たり前ですが、それにしても、私は、日本では酸っぱいりんごと言われる紅玉でさえ苦手なほど、甘いりんごが苦手なのです。
日本のお菓子のレシピ本を見ると、アップルパイに入れるりんごを入れるときは、「紅玉を使いましょう」とたいてい書いてあります。が、グラニースミスはそれこそ甘く煮たアップルパイのフィリングに底力を発揮するりんごで、日本では「グラニースミス」という名前のアップルパイ専門店があるほど(今見たらサイトのりんごの写真が赤かった。グラニースミスじゃないやん(笑)。
「酸っぱいので生食は好みが分かれます」とか書いてある。

でも、私は、これぐらい酸っぱくないと手が伸びない。
日本のりんごは甘すぎて、1個食べられない。
ふじとか王林とか食べると、なぜか気分が落ちてきちゃうぐらい苦手。
(ちなみに、甘い味が嫌いなわけではありません、スイーツは好きです)。

反対に、グラニースミスが届くようになってから、1日2個ぐらい、ばりばり食べています。

「生食は好みが分かれます」とわざわざコーション書かれる品種ですから、日本で生産数は少なく、ちょっと前まで、専門農家が、3キロ単位ぐらいでしか販売していませんでした。一人暮らしの小さな冷蔵庫には入れると、それだけでいっぱいになってしまう。
 1.5キロなら新しい冷蔵庫に入る。そういうわけで、ためらいなく買い出しました。

しかし、生産される時期が短いです。もうすぐ終わり。
終わったら、どうしよう。

「好み」という問題もあるのですのですが、甘い果物が苦手な理由は、血糖値の問題もあるんです。
ローフード中心生活を10年以上やってみて、私は空腹で甘い果物を食べると、かえってお腹がすいてイライラしてつらくなるということがわかっています。おそらく血糖値と関係あると思っています。すっぱいグラニースミスなら、イライラが起こらなくて、思う存分食べられる。
やっぱり、サバイバルで選んでるのです。

ちなみに、赤いりんごで、グラニースミスと同じぐらい好きなりんごがあります。
「ピンクレディー」という品種で、ピンクの本を書くためにアメリカに行ったときに初めて食べたりんごで、大好きになり、あの本の中で書かれているりんごのレシピは、すべてこのりんごを使っています。
ピンクレディーも日本で作っているんです。でもこちらも生産数がとても少ない。日本に3000本ぐらいしかないそうです。
でも今見たらかなりネットで販売されてきているようだ。こちらも注文してみよう。








posted by 石塚とも at 01:06| Raw Life! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月30日

冷蔵庫が来た

こんにちは、お久しぶりです。
今日は普通のブログです。
なんで最近普通のブログが更新してないのかとか有料記事はこのまま更新されるのかとか英語のメルマガはどうなったのかとかそもそも今どこにいるのかとかいろいろ書き出すとキリがないのでとりあえず今日の話題から行きますね。更新が続けばおいおい書くことができるでしょう。
スマホで音声入力でブログの更新に挑戦しています。

そして今日の話題は「冷蔵庫を買いました!」
555DD9A4-2F6A-4659-8CB0-6D0BF7CAC889.jpeg

う、嬉しい…。
(しかも部屋がずいぶんキレイに撮れてる😅)

それまでは、75Lのサンヨー製の1ドアの古い冷蔵庫をもらい受けて使ってました。
2018年の春にフランスの滞在許可証を取得して、日本に戻った時は仮の住まいのつもりだったからそれでいい予定だったんです。
しかし日本にいっぱい用事はあるし、さらにコロナ禍で出入国も以前より簡単ではなくなりましたから、それに合わせて調整すべきだと思いました。

小さな1ドアの冷蔵庫、冷凍室がないのはいいんだけど、直冷式(霜取りが必要)で、古いからついに霜が製氷室の扉をはみ出してきてしまい、「これはもうダメだ」と思いました。

(いつもやり忘れるのが、「ビフォア」の写真を撮ること。あまりにせせこましくて物もいっぱいのっててかっこ悪かったから、写真を撮るなんて考えつかなかった)

AE1F928B-40D4-4A51-B517-585BCEBBE49F.jpeg

ジュースを作るので、ニンジンとリンゴがいっぱい入っています。
右上のくしゃくしゃの紙に包まれたものはなんでしょう?

紙で包んだ方が、温度と湿度管理が上手にできる気がしてそのままにしてある。

冷蔵庫買ったことがすごい嬉しいと言う事は、冷蔵庫を買うと言う事の非日常性が上がっていると言うことだと思う。
耐久消費財なので確かにしょっちゅう買うものではないけど、でも、前より非日常感がある。
というか、最近何をやっても非日常感がある気がする。
なんであるかと言えば、それは、私たちの日常が前とはすっかり違ってしまったからです。冷蔵庫を買うと言う体験が、もうちょっと前の冷蔵庫を買うと言う体験では無い。
サバイバルなのです。

サバイバルだけど、非日常だからそれはエンタテインメントでもあるわけです。
毎日「私は明日生き延びられるかしら?」と思って生きていく。
大変だけど、それは、ある意味「退屈してない、してる暇ない」とも言える。
退屈してないということは、何をしても新しい、なんかもうすごく嬉しいと思えるということ。
そういう嬉しさが、冷蔵庫を買うことについてきた気がした。
それ以外の、いろいろなことにも。
そして、いろいろ作るのも楽しみです。

また明日から更新もできるかな?
(それぐらいのゆるい決意で)
posted by 石塚とも at 00:13| Raw Life! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする