無料ダウンロードe-book

無料ダウンロードできるe-bookはこちらから

高速ブレンダー、ジューサーを特価でご紹介

読者特価のブレンダー・ジューサーとRBJ推薦のお買い物

ローフード・フォー・ビジー・ピープル

石塚ともの出版物はこちらから

お知らせ(2016/11/05)
長いことお楽しみいただきました「寺子屋メルマガ」は、だいたいのコンテンツをお伝えしたと思い、近いうちにひとまず終了したいと考えています(あと10本ぐらい発行します)。
終了後は無料で学習できる英語メルマガを集中して発行していきたいと思っていますので楽しみにお待ちください。
英語メルマガの登録はこちらから。

英語・寺子屋の新規生徒様募集は現在しておりません。 英語は無料メルマガでぜひお勉強ください。

下記をご参考にお願いします。
寺子屋・受講生様の声
英語教室・受講生様の声

2008年07月04日

血糖コントロールが半分に

 私の父は長年の糖尿病ですが、「健康食=まずい、おいしいものを我慢しないといけない」というイメージがしみ込んでいて、とてもじゃないけどロー・フードなんかすすめても無理だよなあ、という感がありました。
 ところが、今年の1月ごろ、すごく具合が悪くなってしまったときに、「とりあえず朝だけ果物」をすすめてみたところ、「これは何とかしなければいけない」と思ったときだったのでしょう。ためしにやってみてくれることになりました。

・具体的には、朝食は、バナナ、リンゴ、みかんを1個ずつ。
・4月ごろ「飽きた」といわれたので、グリーン・スムージーに切り替えました。ロメインレタス、マンゴ、バナナのスムージーを、朝と、昼食前に飲んでいます。
・昼と夜は、普通の加熱食。肉と炭水化物も一緒に食べています。

 そして…。

 1月29日現在、空腹時血糖値は166(110以下が標準)、血糖コントロール(HbA1c)は10.0(5.5以下が標準)、GAは27.8(15.8以下が標準)でした。
 ちなみにHbA1cが9以上だと即入院だそうです。

 2月12日、9.7,3月11日、8.3 4月8日、7.1。
 そして、5月30日には6.4になりました。
 標準値にもう少し。
 医者からは、「今まで1か月に一度の通院だったが、これからは1月半に一度でいい」といわれたそうです。

 ここでぜひ書いておきたいことは、父は酒をやめていないということです。上にも書きましたように、もっとも消化に負担がかかり体に老廃物を食べさせる食べ方である「炭水化物とたんぱく質の組み合わせ」も食べています。
 それでもここまで結果が出るのです(他に変わったことは何もしていませんよ!)

 これは、「全部ローフードになる」でなく「ロー・フード生活」を取り入れる、というゆるいライフスタイルだけで結果が出る、という、好例になりました。

 アメリカでは、糖尿病患者たちが30日ロー生活をして、ひとりをのぞき(隠れて酒を飲んでいた)全員が糖尿病をなおした[raw 30 days]
というドキュメンタリーが製作されています。
 予告編はこちらで見られます。
http://jp.youtube.com/watch?v=ynXGA6fCEgU

にほんブログ村 ローフード
にほんブログ村 糖尿病食

 
 
 
ラベル:糖尿病
posted by 石塚とも at 10:38| Comment(1) | 始めた人の変化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちょっと前にこのサイトを知ってから毎日楽しく
拝見しておりますヾ(^∇^)
・・なんだかこちらに来るとついつい楽しくて長居してしまいます^^;
これからもおじゃまさせてもらいますね♪
http://papikopinko.web.fc2.com/
こちらもよかったらどうぞo(⌒0⌒)o
Posted by ゆぃ at 2008年07月05日 03:55