無料ダウンロードe-book

無料ダウンロードできるe-bookはこちらから

高速ブレンダー、ジューサーを特価でご紹介

読者特価のブレンダー・ジューサーとRBJ推薦のお買い物

ローフード・フォー・ビジー・ピープル

石塚ともの出版物はこちらから

お知らせ(2019/11/06)updated!
有料記事の配信を始めました。


寺子屋メルマガ(配信終了)バックナンバーはこちらから読めます。
英語メルマガ(更新できてないけど) 登録はこちら バックナンバーはこちら
英語学習ドリルのダウンロードページがサービスを終了してしまったので、ただいまDLできません! 引越し先探し中。


英語・寺子屋の新規生徒様募集は当面しませんが、「以前どんなことをしていたのか?」読みたい方はこちらからどうぞ。
寺子屋・受講生様の声
英語教室・受講生様の声

2008年08月22日

キャロブとカカオ2

「ローフードではチョコレートを食べてもよい」と初めて聞いたときは感激したものです。私はお酒が飲めませんし、「ご飯」というものにも強い思い入れがないので、「チョコレートを毎日食べていいなら、お酒もご飯もない生活でいい」という、はなはだ享楽的なノリでほぼ100ローに転向してしまった気がしないでもありません。

 最初はリビングフード・ジャパンで買ったロー・カカオ・ニブをちびちび食べていましたが、ロー・スピリット・フェスティバルで1キロのロー・ココアパウダーを買って帰り、堪能しました。(昨年の10月に買って今年の7月まで持ちました)

 カカオは抗酸化作用と(ブルーベリーの20倍だそうです)マグネシウムを豊富に含んでいます。
 ロー・フード・グルの一人、David wolf は、ローフードではチョコレートを「食べてもよい」ではなく、1日少量ずつ「食べたほうがよい」
 といっているそうです。

 ただ、一方で、ローカカオの摂取をあまりすすめないロー・グルもいます。「とるべきではない」というグルもいます。

 この違いは、カカオに含まれているテオブロミン、PEA,アナンダミドなどの神経伝達物質にどう反応するかのようです。
 
 テオブロミンは、カカオの学名「テオブロマ」に由来する、アルカロイド(興奮物質)の一種。ただし、カフェインの何倍も弱いものです。
 PEAは、フェニール・エチル・アミンという一種の脳内ホルモンで、恋愛をつかさどる効果のあるものです。恋愛とチョコレートに相関関係があるのはこのせいです。
 アナンダミドも脳内モルヒネの一つですが、名前がサンスクリットの「アーナンダ」(法悦、歓喜)からとられたぐらいの、やはり強い感情に関わる物質なのです。
 
 これらをポジティブに受け止められる人はカカオを健康的と考え、聞きすぎてしまう人は否定的にとらえるようです。

 このエントリーを書くまで自分がカカオをどうとらえているかよく意識していなかったのですが、思い起こしてみると、オーリングなどの筋反射を使うまでもなく、「ちょっとだけが、ちょうどよい」というのが自分のポジションのようです。
 具体的には、チョコ系のお菓子を作るときに、キャロブ4、カカオ1ぐらいで使うのが、もっとも好みです。

 キャロブはやさしい甘さでとてもおいしいのですが、カカオを少し使うと、味がきりっとシャープになると思います。

 どっちみち、日本では手に入れるのが難しいので、ちびちび使うのでそうなるのですが…。

 それでも、初めてローフードを召し上がる方には、私はデザートにチョコ系のものをよく使います。内心(いたた)と思っても、惜しみなく入れています。
 まずはローのおいしさを知っていただきたいので。こんなにおいしいものを食べて健康になっていただくための、入口になってくれればいいな、と思っています。

 いつも興味をもっていただいてありがとうございます。
 すべローサポーター募集中。枠はあと40です。

料理ブログ ローフード
ブログ村 糖尿病食

 
 
posted by 石塚とも at 21:47| Comment(0) | 食材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント