無料ダウンロードe-book

無料ダウンロードできるe-bookはこちらから

高速ブレンダー、ジューサーを特価でご紹介

読者特価のブレンダー・ジューサーとRBJ推薦のお買い物

ローフード・フォー・ビジー・ピープル

石塚ともの出版物はこちらから

お知らせ(2016/11/05)
長いことお楽しみいただきました「寺子屋メルマガ」は、だいたいのコンテンツをお伝えしたと思い、近いうちにひとまず終了したいと考えています(あと10本ぐらい発行します)。
終了後は無料で学習できる英語メルマガを集中して発行していきたいと思っていますので楽しみにお待ちください。
英語メルマガの登録はこちらから。

英語・寺子屋の新規生徒様募集は現在しておりません。 英語は無料メルマガでぜひお勉強ください。

下記をご参考にお願いします。
寺子屋・受講生様の声
英語教室・受講生様の声

2008年09月24日

どうして「背中に羽が生えた」ように感じるのか

 そのように書くとオカルトチックですが、事情を説明してしまうと、すごく実地的なお話です。

 ローフード生活になって、もっとも軽く感じるのは、「胃」です。

「羽根が生えたように感じる」のは、ちょうど、この胃の後ろ側あたりなんです。

 疲れていた胃がラクになる、固く硬直していた胃壁がやわらかくなっているのでしょう。
 呼吸といっしょに動く感じ。
 それが、「背中に羽根が生えた」と感じる感覚なのです。

 反対に、人間を疲れさせているものは、すなわち胃の疲れ。

 日本語では(つまり日本の哲学では)、大切な臓器のことを「胆が据わっている」とか大事なことを「肝腎」とか、胆のう、肝臓、腎臓あたりにフォーカスして話をすることが多いのですが、胃は勝るとも劣らず、人のウェル・ビーイングに影響する器官のようです。

 いつも興味をもっていただいて、ありがとうございます。
 ローフードの知識は、あなたの一生の宝です。
 どうぞ応援クリックしてくださいね。

ブログ村 ローフード
ブログ村 料理ブログ
人気ブログランキング ダイエット
posted by 石塚とも at 19:45| Comment(2) | ローフードが持つ力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
石ともさん

こんにちは。
ほんと、石ともさんにとってローフード、いいことばっかりですね。それに65歳のスザンナのビフォーアフター、モチベーションあがります。

私はといいますと、そろそろロー生活2ヶ月過ぎようとしてますが、体重が減った以外は素敵な変化はなく、どちらかというとエネルギー不足で日々疲れてるような感じです。もともと痩せ型で、痩せると老けるので体重も減らしたくなかったのですが。。。
どうしても避けられないお付き合いのときに、少し通常食も食べてしまった(2ヶ月で3回程度)のが原因かなぁ。

あと、ガブリエル・カズンの本で、ローフードとアユールヴェーダについての興味深い記述もありましが、アユールヴェーダ的にはローが合わないヴァータ体質っていうのも影響してるのかもと自分で分析しています。

石ともさんは、ローを始めてどれくらいで効果を感じられましたか。今まで過熱食や甘いものへのCraving等の挫折も一切なくここまでこられたのでしょうか。

マクロビなどすべての食事療法はそうだと思いますが、やっぱり体質によって合う合わないがあって、自分の体に聞いて調節してかなくてはいけないとは思うのですが、食事療法は効果が出るまでに時間がかかるものなので、どれくらいの期間で判断すべきか悩むところです。


Posted by つき at 2008年09月24日 22:11
>つきさん、コメントありがとうございます。

>石ともさんは、ローを始めてどれくらいで効果を感じられましたか。

私は、食べた瞬間からなんです。ジュースを飲んだ
とたん、「うわあああいいいい!」と
今まで感じなかった喜びみたいのがあふれてきて。
最近思い出すのですから、ローフードのことなんて
まったく知らなかった頃から、生肉や生魚も
好きでした。
私はアルコールが分解できないので、他の酵素もとても少ない→入れればすぐ出る体質だったのでは
ないかと思っています。

体質だけじゃなく「縁」「運」もあると思うんです。
前も書いたのですが、私はマクロビを初めて食べたとき、
好転反応か? じんましんで身体がはれあがり、3日間
ひきませんでした。あれはつらすぎました。
あのまま続けたらそれなりに効果があったでしょうが、
人間って、つらい体験をしたものほど手放しにくいんですよね。
きっと、「果物を朝から食べるなんて!」と
なかなか手が出ない人間になっていたでしょうね。

Posted by 石とも@管理人 at 2008年09月25日 23:43