無料ダウンロードe-book

無料ダウンロードできるe-bookはこちらから

高速ブレンダー、ジューサーを特価でご紹介

読者特価のブレンダー・ジューサーとRBJ推薦のお買い物

ローフード・フォー・ビジー・ピープル

石塚ともの出版物はこちらから

お知らせ(2019/11/06)updated!
有料記事の配信を始めました。


寺子屋メルマガ(配信終了)バックナンバーはこちらから読めます。
英語メルマガ(更新できてないけど) 登録はこちら バックナンバーはこちら
英語学習ドリルのダウンロードページがサービスを終了してしまったので、ただいまDLできません! 引越し先探し中。


英語・寺子屋の新規生徒様募集は当面しませんが、「以前どんなことをしていたのか?」読みたい方はこちらからどうぞ。
寺子屋・受講生様の声
英語教室・受講生様の声

2008年11月17日

減量(スリムダウン)したい人のために(下)

 前回は、集中して減量(痩身)したい人にむけたアイディアを紹介しましたが、ローフードであっても、ダイエットには、短期で結果が得られるものと、長期で効果が出てくるものがあります。

 で、長期の方はどうしたらいいか?

 とにかく続けましょう(笑)

 これは、減量目的というより、「へー、私って、こんな面があったの?」という発見のためのローフードといったほうがいいかもしれません。この段階ではあまり「やせる」ということを意識せずに。

 ところが、まだまだ落ちてくる、と、言いきっちゃっていいような気がする。私だけでなく、かなり多くの人が。

 というのは、いくら「人それぞれ」といっても、確率的には大部分の人がまだ体内に余計なものを抱えすぎです。
 証拠、といえるのかわかりませんが、現代人の家はたいてい余計なものをかかえすぎですね。ローフードをやっていても、ほんとうはまだよけいな塩分とか脂肪とか残っているのだと思う。

 でも、ローフードというのは基本的に一生続けられるもので、一度知っちゃったらその知識を手放そうとしても無理なんですね。どんなに「私って、なんちゃってローだわ」と思っていても、もう、フルーツを食後に食べようって気には戻れないでしょう? (笑) だから、今のペースを、ゆっくりゆっくり続ければ大丈夫。

 かさぶたがぽろっととれるように、脂肪もぽろっととれます。

「女性が容姿のことばかり気にするのは、自己評価の低さゆえではないのか?」
「いや、女性が自分の女性としての美しさにかまわないことが、自傷行為なのではないか?」
 フェミニズムの立場からは両方のことがいわれているけど、ローフードを2年間やってみて、一つ自分で実感したことがあります。
 それは、現代人の身体というのは、たいていはまだまだ老廃物がたまっていて、落とし過ぎを心配するのはしばらく先でよい、ということ。
 摂食障害で相当やせている人でさえ、確かに必要なものが足りない状態ではあるけど、かといって、よけいなものをためていない状態でもない、ということ。

 で、「よけいなものを落そう」とすら頑張らなくてもいいと思うのです。ロー生活してたら、勝手に落ちますから。
 意識せずに、一日ごとに、続けたらいいのではないかと思います。

 いつも興味をもっていただいてありがとうございます。
 ブログ村のローフードカテゴリもにぎやかになってきました。(現在22)
 ご自分の選択のために、情報収集してみてくださいね。

ブログ村 ローフード
ブログ村 料理ブログ
posted by 石塚とも at 16:02| Comment(0) | よく聞かれる質問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント