無料ダウンロードe-book

無料ダウンロードできるe-bookはこちらから

高速ブレンダー、ジューサーを特価でご紹介

読者特価のブレンダー・ジューサーとRBJ推薦のお買い物

ローフード・フォー・ビジー・ピープル

石塚ともの出版物はこちらから

お知らせ(2019/11/06)updated!
有料記事の配信を始めました。


寺子屋メルマガ(配信終了)バックナンバーはこちらから読めます。
英語メルマガ(更新できてないけど) 登録はこちら バックナンバーはこちら
英語学習ドリルのダウンロードページがサービスを終了してしまったので、ただいまDLできません! 引越し先探し中。


英語・寺子屋の新規生徒様募集は当面しませんが、「以前どんなことをしていたのか?」読みたい方はこちらからどうぞ。
寺子屋・受講生様の声
英語教室・受講生様の声

2009年02月20日

最終的に何を目指しているんですか?

 今日、来訪した出版プロデューサーの磯尾克行さん奥様から聞かれた質問です。他の方からもときどき聞かれる質問です。

 私が目指していることはとてもシンプルなんです。

 それは、

 私がレストランに入ったら、どこでも、私が何もいわなくても、メニューを開いたら、

「本日の食前果物」

「本日の食前サラダ」

「本日のメイン(何かローミール一品、または加熱の炭水化物でも肉でも魚でもいいから選べる)」

 というメニュー構成になっていること。

 この、「どこでも」「私が何もいわなくても」というところがポイントで、つまりそれが常識になっているということです。

 うちの近くのレストランは競争が厳しいしサービスがマニュアル化されていないので、いえばやってくれることが多いです。(西麻布のゼストでは、フルーツ盛り合わせ→大盛りグリーンサラダ→ベジタコスと、完璧なナチュハイミールを提供してくれる)のですが、それは、「こちらが頼めば」ということです。

 そうじゃなくて、ごく普通に、食前に「本日の果物は何にいたしますか? 本日のおすすめは茨城産の柿と青森産のりんごでございますが」「2皿目のサラダは何にいたしますか? 本日のおすすめは、千葉産の白菜と神奈川三浦産のダイコンでございますが」とかなんとか聞いてほしいのです。

 ただそれだけなんです。
 
 でも、そしたら、ラクで楽しくないですか? 


ブログ村のランキングが38 日連続で100台にとどまっています。そして、「ローフード」カテゴリも発酵したように参加が37! このままどんどんローカテゴリーが発展してみんなに見てもらえるといいですね。訪問者の皆様、読み終わったらぜひクリックしてくださいね。

ブログ村 ローフード
ブログ村 菜食・ベジタリアン
posted by 石塚とも at 21:16| Comment(2) | よく聞かれる質問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
同感です〜!

ローフード、ナチュラルハイジーンを実行している私達が外食するのは、面倒な事ですよね。
その食事に対応して頂ける所でも、わざわざ説明するのって、必要以上に目立ちますしね。。。

ローフードに対応出来そうな、そして感じの良いお店があれば、積極的にコメントをさせて頂くようにしています。 そうすればお店も少しずつ変化ていきますよね♪
Posted by Verde at 2009年02月21日 13:54
本当に同感です。
そういったことがシステム化されると、一気に、そしてとっても自然に、ナチュハイ、ローフードの概念が浸透していきますね♪

Posted by 静歌 at 2009年02月23日 19:21