無料ダウンロードe-book

無料ダウンロードできるe-bookはこちらから

高速ブレンダー、ジューサーを特価でご紹介

読者特価のブレンダー・ジューサーとRBJ推薦のお買い物

ローフード・フォー・ビジー・ピープル

石塚ともの出版物はこちらから

お知らせ(2016/11/05)
長いことお楽しみいただきました「寺子屋メルマガ」は、だいたいのコンテンツをお伝えしたと思い、近いうちにひとまず終了したいと考えています(あと10本ぐらい発行します)。
終了後は無料で学習できる英語メルマガを集中して発行していきたいと思っていますので楽しみにお待ちください。
英語メルマガの登録はこちらから。

英語・寺子屋の新規生徒様募集は現在しておりません。 英語は無料メルマガでぜひお勉強ください。

下記をご参考にお願いします。
寺子屋・受講生様の声
英語教室・受講生様の声

2009年04月01日

クイジナートでナッツ・バターは作れるか?

 結論からいうと、作れます。

 ロー・パーソナルコーチ合宿に行ったときに初めてやってみたんですが(http://rawbeauty.seesaa.net/article/113719328.html参照)、時間と根気がいるのでこんなときでもなければ試さなかったと思いますが(嘘。時間は5分ぐらいなのでかかりません。必要なのは5分間我慢する根気です^^;) 、今日、あらためてやってみました。

nutsbutter.jpg
 ↑こんな感じです。ねっとりクリーミー(酸化開始ともいうが(汗))になります。途中の写真も撮っておけばよかったな。

 でもここでクイジナートといっているのは、7カップ以上の大きい奴のことで、私が使ったことのある小さいの(Cuisinart 日本バージョンの0.5カップ
アメリカバージョンの3カップ)いずれも無理だろうという感じでした。ちょっとみじん切り、とか、1人分のアボカドクリームのおやつ作り、とかは便利なんですけどね。クイジナートの「小」と「大」はまったく別の機械と考えたほうがよさそうです。「中」(1リットル)はどっちに入るのかな。見る限りではなかなか頑丈そそうだけど。

 なぜ今日突然ナッツ・バターを作ったかというと、「ローフード・フォー・ビジー・ピープル」の原稿チェックをしていたら、「ナッツバタークッキー」のレシピがあまりにおいしそうで、突然立ち上がって作りだしちゃって(笑)、この作業が始まったら自分が自分がビジーパーソンになっちゃったのに、そんな私でも作りたくなる、楽しい本だと思いました。

 ジョーダンがよく使う食材で唯一手に入りにくいものはナッツ・バター(タヒニ含む)で、今私が訳した原稿でも、前著「ローフード」でも、「バターがない場合はミルですってください」と書いているんですが、これなら、さらにリッチテイストのクッキーが作れることでしょう。

(追記)他のメーカーのフードプロセッサーでもパワーがあって根気よく回せばもちろん大丈夫だと思うんですが、日本製のフードプロセッサーは、器械を動かしている間はずーっと自分が押していなければいけない、という構造のものが多いですよね。あれだとちょっと大変かもしれません。

 ブログ村のランキングが75日連続で100台を保っています(参加サイト、28万以上あるんですが、すごいです)。 「ローフード」カテゴリは今日も参加が1つ増えて52になっています(これもすごい……)。訪問者の皆様、読み終わったらぜひクリックお願いします。

ブログ村 ローフード
ブログ村 菜食・ベジタリアン 

posted by 石塚とも at 21:12| Comment(1) | ローの調理法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
食べたーい(・・;)
Posted by スムージー at 2009年04月02日 00:22