無料ダウンロードe-book

無料ダウンロードできるe-bookはこちらから

高速ブレンダー、ジューサーを特価でご紹介

読者特価のブレンダー・ジューサーとRBJ推薦のお買い物

ローフード・フォー・ビジー・ピープル

石塚ともの出版物はこちらから

お知らせ(2019/11/06)updated!
有料記事の配信を始めました。


寺子屋メルマガ(配信終了)バックナンバーはこちらから読めます。
英語メルマガ(更新できてないけど) 登録はこちら バックナンバーはこちら
英語学習ドリルのダウンロードページがサービスを終了してしまったので、ただいまDLできません! 引越し先探し中。


英語・寺子屋の新規生徒様募集は当面しませんが、「以前どんなことをしていたのか?」読みたい方はこちらからどうぞ。
寺子屋・受講生様の声
英語教室・受講生様の声

2009年11月05日

十字架植物=アブラナ科の野菜2

 
 ……それは、野沢菜です!

 ……あ、すみません、突然話を始めてしまいました。なんのことかというと、

 前回の記事

http://rawbeauty.seesaa.net/article/131868431.html

 ケールの手に入りにくい日本で、先生おすすめのアブラナ科の野菜のことです。

  おすすめの理由として

・大きい (葉がたっぷり)

・あくがない (どうして生食しないのか不思議なぐらい)
 
・生産量が多い (青果売り場に出回らないが産業として定着しているので)

・そして、とても安い!

 とても安いのは、野沢菜漬け加工業者が大ロットで買っていくからだそうなのですが、そこが問題点でもあって、小売でほとんど出回らないそうです。見たことないですよねえ。

 野沢菜は長野県野沢温泉村で作られるのですが、生の野沢菜の生産地ナンバー1は、長野県ではなく山梨県なのだそうです(先生の出身地なのだそうです)。先生が、「どなたか、ナチュハイ仲間で、生の野沢菜を共同購入される旗印をふったらいいんじゃないかしら」とおっしゃってました。


 実はセミナー当日、先生が生の野沢菜を持ってきて、皆さんに「味見していいですよ」といって回してくださいました。私も試食したかったのですが、名刺交換か何かしていて食べはぐってしまい、ちょっと悔しいです(笑)。

 というわけで、ロー野沢菜に注目! です。




posted by 石塚とも at 22:31| ローフードの理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする