無料ダウンロードe-book

無料ダウンロードできるe-bookはこちらから

高速ブレンダー、ジューサーを特価でご紹介

読者特価のブレンダー・ジューサーとRBJ推薦のお買い物

ローフード・フォー・ビジー・ピープル

石塚ともの出版物はこちらから

お知らせ(2019/11/06)updated!
有料記事の配信を始めました。


寺子屋メルマガ(配信終了)バックナンバーはこちらから読めます。
英語メルマガ(更新できてないけど) 登録はこちら バックナンバーはこちら
英語学習ドリルのダウンロードページがサービスを終了してしまったので、ただいまDLできません! 引越し先探し中。


英語・寺子屋の新規生徒様募集は当面しませんが、「以前どんなことをしていたのか?」読みたい方はこちらからどうぞ。
寺子屋・受講生様の声
英語教室・受講生様の声

2009年11月27日

冬こそ、マリネ(かぶとラ・フランスのロー煮込み)

 「冬になると暖かいものが食べたくなりませんか」と聞かれて3回目の冬を迎えますが、私が冬ローで平気なのは、冬野菜こそ、生で食べたい! 加熱するのもったいない!」と思うほど好きなものが多いんです。ダイコン、かぶ、白菜、春菊を交代に食べているうちに、2回の冬は終わってしまった感があります。
 冬野菜の多くはマリネに最適です。「ローな煮込み」と考えていただければ、実際、煮込みに勝るとも劣らない風味が出せます。簡単に暖かくいただくしていただく方法もあるんですよ。

 以前、「絶対合わないジグソー・パズル」という記事で、「人間は、類人猿が持っていたセルロース分解酵素を失っており、それを補うために、野菜を何らかの形で加工することが重要になる。グリーン・スムージーのように砕くなり、加熱してセルロースを壊すなり、よーーーく噛むなりする必要がある」と書きましたが、実はもうひとつ、ローのまま、野菜の細胞壁(セルロース)を壊して、中の栄養素を取り出しやすい方があります。それこそが、マリネするということ。

 塩、オイル、酸を使ったマリネ液で、細胞壁(セルロース)が柔らかくなるわけです。
 しかも、特別な器械なしに作れて(薬味用のすりおろし器でもあればいうことなし)、サラダ以上に簡単で(サラダみたいにしっかり水をきらないとびしょびしょでおいしくない、ということがない)、切ってつけて数時間後には楽しめ、さらにその後数日は冷蔵庫から出してすぐに食べられるのですから、もっとフィーチャーされてもいいのに、と、いつも思います。

kabu1small.jpg

 かぶ(白いところと葉っぱ)、それに、ら・フランスを、「基本のしょうゆ味マリネ液」(「ローフード・フォー・ビジー・ピープル」73ページ)であえました。かぶは当初柿と合わせたかったのですが、なかったので家にあったラ・フランスと合わせたら、これもとてもいいお味になりました。

 上にのっかっている赤いのは、サムライ菊の助さん作・のゆずこしょうです。白い根菜にはぴりっとくるものが合いますね。あ、マリネ液のレモンも、菊の助さん作のかぼすで代用しました。

 写真のマリネは、作って24時間ぐらいたったものです。
 寒い時に家に帰ってきたら、ファンヒーター(うちはガスです)のスイッチを入れて、その前にマリネのコンテナを置いておきます。着替えたり、家の整理をしたりしているうちに、ほんわりぬくくなります。これがうまいんです。個人的にはこれを「ロー煮込み」と呼んでいます。





 次回以降予告
・ドストエフスキーから学ぶこと
・アルディちゃんから学ぶこと
・ロー・スンドゥブチゲ、あと、お菓子1レシピ
・初めてのエネマ
・引っかかったファスナー
・褌は苦手なの
・ローフードHacks!
・ダーウィンは来て、行っちゃった(宗科一致)
・よくもまあこんなくだらないことばっかり思いつくものだ(神様、なぜ、私を?)
・「ビジー・ピープル」読者投稿vol.4&5
(自分が忘れないようにメモです。。。
 実現できない可能性もあります。ご了承ください)
posted by 石塚とも at 15:27| レシピ(スウィーツ以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする