無料ダウンロードe-book

無料ダウンロードできるe-bookはこちらから

高速ブレンダー、ジューサーを特価でご紹介

読者特価のブレンダー・ジューサーとRBJ推薦のお買い物

ローフード・フォー・ビジー・ピープル

石塚ともの出版物はこちらから

お知らせ(2019/11/06)updated!
有料記事の配信を始めました。


寺子屋メルマガ(配信終了)バックナンバーはこちらから読めます。
英語メルマガ(更新できてないけど) 登録はこちら バックナンバーはこちら
英語学習ドリルのダウンロードページがサービスを終了してしまったので、ただいまDLできません! 引越し先探し中。


英語・寺子屋の新規生徒様募集は当面しませんが、「以前どんなことをしていたのか?」読みたい方はこちらからどうぞ。
寺子屋・受講生様の声
英語教室・受講生様の声

2010年01月29日

上海 #rawfood

 静歌さんといっしょに、上海のミエミーエさん宅にお邪魔してきました。

 到着ロビーで「Mr.○○」とか、「Ms.××」と書かれたドライバーやコーディネーターたちに交じってこのキラキラな出迎えの洗礼を受けたときは「どっひゃー」だったのですが(笑)(こちらの写真参照。まあ、予想はしていたのですが……)全体の旅のトーンは、この写真とはちょっと違います。
 この旅は、参加者全員、(私、静歌さん、ミエミーエさん、ミエミーエさんと一緒にアテンドしてくれたお友達のみづきちゃん)、みな、もう「変革がもうすぐそこまで来ていて、もう「ふれなば落ちん」みたいな状態になっており、その変革へと、結局4人で背中を押しあうような3日間だったといえるかもしれません。
 私は静歌さんの何気ない一言から、「そうだ! ミエミーエさんにエリクソン催眠セッションしなきゃ!」と強く思ってしまったのですが(なんの根拠もなく)、このあたりに、「機が熟す」胎動みたいのが聞こえていたように思います。

 実際、この3日間は、変化の早さでいえば、セドナでの40日よりすごかったかもしれない、と思うほどです。滞在中に、「おいおい、ほんとかよ」と思うようなコンタクトがあったり、新しい自分像を発見できたり、すばらしいアイディアを思いつく人が続出しました。
 「この4人が」「上海で」というのは、「なるようになってそうなった」としかいいようがないのですが、偶然のすごさを再認識しました。
 私をはじめ、みんな上海が大好き、というのも大きな理由かもしれません。上海は「流れがいい」と感じる街です。アジアとアメリカとヨーロッパの香りが、ほんとうに龍のようにからみあっています。

autumpoem.jpg

 日本のビュッフェの想像を絶する(アメリカでもあんなの見たことない)広さの精進ビュッフェ(ただし乳製品は使用)にて。サラダもあったのですが、私は、「火鍋コーナー」にあった緑黄色野菜の生きの良さにひかれ、そちらを主食に。さらに、鍋用に用意されていたたれを添えるのが、大変においしかったです。ごま、XO醤、とうがらし、みそ、パクチーなど。オータム・ポエムと豆苗は、口のなかではじけそうに勢いがありました。

人道素菜 上海分店
ランチ・ビュッフェが2000円ぐらい。
ただし、2時にすべての料理が片付いてきっちり閉まってしまうので
食べ終わる時間を1時半ぐらいに設定してください。

posted by 石塚とも at 23:20| 旅のローフード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする