無料ダウンロードe-book

無料ダウンロードできるe-bookはこちらから

高速ブレンダー、ジューサーを特価でご紹介

読者特価のブレンダー・ジューサーとRBJ推薦のお買い物

ローフード・フォー・ビジー・ピープル

石塚ともの出版物はこちらから

お知らせ(2019/11/06)updated!
有料記事の配信を始めました。


寺子屋メルマガ(配信終了)バックナンバーはこちらから読めます。
英語メルマガ(更新できてないけど) 登録はこちら バックナンバーはこちら
英語学習ドリルのダウンロードページがサービスを終了してしまったので、ただいまDLできません! 引越し先探し中。


英語・寺子屋の新規生徒様募集は当面しませんが、「以前どんなことをしていたのか?」読みたい方はこちらからどうぞ。
寺子屋・受講生様の声
英語教室・受講生様の声

2010年02月01日

ドストエフスキーから学ぶこと 7

 久々、哲学シリーズ。
(今までの続きはこちら。)

 フュードル・ドストエフスキーは、1821年11月11日生まれ。15歳までモスクワの生家で育ち、1846年、処女作『貧しき人々』を批評家ベリンスキーに「第二のゴーゴリ」と激賞され、華々しく作家デビューを果たします。
 ところが、続けて発表した『白夜』『二重人格』は酷評され、さらに「空想的社会主義サークル」のメンバーだったために、皇帝ニコライ1世の弾圧により、1849年に官憲に逮捕されてしまいます。
 死刑判決を受けるも、銃殺刑執行直前に皇帝からの特赦が与えられますが、シベリアのオムスク刑務所に服役することになります。

 こうして、思想の自由に介入された彼は、4年間の獄中生活を送ることになるのです。

(ゆるゆると続く)

circus1.jpg
↑思い出写真館。おなじみ上海雑技団。私は「身体の変化(へんげ)」というのものにとても興味があり、観賞をとても楽しみにしていました。150元(約2000円)前後で、よい席で見ることができるようです。

posted by 石塚とも at 00:02| ちょっと哲学的なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする