無料ダウンロードe-book

無料ダウンロードできるe-bookはこちらから

高速ブレンダー、ジューサーを特価でご紹介

読者特価のブレンダー・ジューサーとRBJ推薦のお買い物

ローフード・フォー・ビジー・ピープル

石塚ともの出版物はこちらから

お知らせ(2016/11/05)
長いことお楽しみいただきました「寺子屋メルマガ」は、だいたいのコンテンツをお伝えしたと思い、近いうちにひとまず終了したいと考えています(あと10本ぐらい発行します)。
終了後は無料で学習できる英語メルマガを集中して発行していきたいと思っていますので楽しみにお待ちください。
英語メルマガの登録はこちらから。

英語・寺子屋の新規生徒様募集は現在しておりません。 英語は無料メルマガでぜひお勉強ください。

下記をご参考にお願いします。
寺子屋・受講生様の声
英語教室・受講生様の声

2010年02月10日

すい臓 1

 アリゾナ州パタゴニアでTree of Life Rejuvenation Center (生命の木機能回復センター、とでも訳せばいいかな?)を主宰するガブリエル・カズン医学博士のConscious Eating は、ローフードのみならず、アーユルヴェーダなど、健康的な食事について医学的に解説した、電話帳みたいに厚い本です。でも、英語は平易ですし、全部読まなくても学ぶことはたくさんあるので、手にとってみられることをおすすめします。(日本語版を出せたらいいのですが、江戸時代に「たーへる・あなとみあ」を翻訳した杉田玄白なみの覚悟が必要で、まだその決断に至っていません)。



 とまれ。

 ローフードの消化システムについても詳しく解説されているのですが、とても興味深かったのが、人間(動物)における「膵臓(すいぞう)」という器官の位置づけ。

 すい臓は、とっても地味な器官です。まず、場所が地味(笑)。胃の後ろにあって、おなかを開いても正面から見ずらい場所にあります(これが、健康に重大な問題を及ぼすことになるのはのちほど書きます)。また、大きさが小さい。そして何をするのかみんなあまりよくわかっていない。お酒を飲みすぎたら、「肝臓が〜」食事を食べたら「胃が〜」とか、みんないうじゃない? でも、身体に悪いことしても「あ〜すい臓にきつい」とかって、あまり聞きません。

 でも、消化の悪いものを食べたときや食べ過ぎたときに、大きな負担がかかっているのは、実はすい臓なのです。なぜならすい臓は消化酵素を分泌する最大の器官だからです。たんぱく質、炭水化物、脂肪の三大栄養素(なのか?)の消化酵素および、インスリンやグルカゴンといったホルモンも分泌します。→参考

 消化を学ぶということは、すい臓を学ぶということでもあるのだと学びました。

Conscious Eatingでは、すい臓についておもしろい実験結果を紹介しています。(エドワード・ハウエル医学博士の研究結果によるものだそうです)

 すい臓は脊椎動物にありますが、野生の動物に比べると、人間のすい臓は、体重に対する重さが、3倍の重量そうです。つまり人間は、野生動物に比べて、デフォルトが「すい臓肥大」の状態なのだそうです。
 そして、実験用のねずみに加熱した食事を与え続けると、ねずみのすい臓は、人間と同じ体重比(つまり3倍)に肥大するのだそうです。そして、食事を生食に戻すと、ねずみのすい臓はまた普通の大きさに戻るのだそうです。

 すい臓は、1日に500ml〜1000mlものすい液を分泌するそうです。みんながよく持ち歩くペットボトル2本分ですから、すごいですよね。「消化の負担」というのは、つまりはこの毎日1リットルも分泌される消化液の負担、といえそうです。

 そして、上記のねずみの実験から見られるように、、多量の消化酵素を分泌するように恒常的に強いられると、すい臓は、その要求にこたえようとして、肥大すると結論づけられています。 よく「酵素を使い果たす」という言い方がされますが、酵素を分泌する器官が消耗しておしゃかになる、というほうが正確であるようです。

(続く)

posted by 石塚とも at 21:24| すい臓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする