無料ダウンロードe-book

無料ダウンロードできるe-bookはこちらから

高速ブレンダー、ジューサーを特価でご紹介

読者特価のブレンダー・ジューサーとRBJ推薦のお買い物

ローフード・フォー・ビジー・ピープル

石塚ともの出版物はこちらから

お知らせ(2016/11/05)
長いことお楽しみいただきました「寺子屋メルマガ」は、だいたいのコンテンツをお伝えしたと思い、近いうちにひとまず終了したいと考えています(あと10本ぐらい発行します)。
終了後は無料で学習できる英語メルマガを集中して発行していきたいと思っていますので楽しみにお待ちください。
英語メルマガの登録はこちらから。

英語・寺子屋の新規生徒様募集は現在しておりません。 英語は無料メルマガでぜひお勉強ください。

下記をご参考にお願いします。
寺子屋・受講生様の声
英語教室・受講生様の声

2010年02月19日

すい臓 2 #rawfood

 哺乳動物の消化力を握っている鍵は「すい臓」であり、人間は野生動物に対して、体重比の3倍の肥大したすい臓を持っている。実験用のマウスも、加熱した餌を与えると、すい臓が肥大し、生食に戻すと元に戻る、という話の続き。前回はこちら

 少し、私の食生活を紹介します。

 1月1日〜27日(上海に行くまで)の私の食生活は、ざっとこんな感じでした。

・朝
 温州みかん(規格外品のためかなり小粒)5〜6個を使ったジュース

・昼
 みかんジュース(朝に同じ)
 サラダ野菜、(普通もり。ご飯茶わん2杯ぐらい?)
 ナッツを使った、サラダ・クリーム
 フラックス・シードを使った、半生タイプブレッド2〜3個
 足りなければ、ローチョコ・ムース(キャロブとカカオ半々)

 これでおなかいっぱい、で、
 もしも足りなければ、

・夜も昼と同じ

 ロー率は97パーセントぐらいで、この27日間で口にした加熱食は全部覚えているぐらい。
 サラダ・クリームとチョコ・ムースを合わせて、1日のナッツ消費量が、カップ1/2ぐらい。

 「小食」といっても、「鳥の餌をつつく」というようなささやかさじゃないし、ナッツの消費量もそこそこあると思いますが、前にも書きましたように、体調は最高。身体の中をがんがんエネルギーが流れる感じがしていました。
 体重も48キロの前半、(最近は49キロの前半なことが多い)、という感じでした。

 1月27日からの上海旅行は本当に楽しむつもりでしたので、加熱も含めてたくさん食べましたし、それはそれでオッケーです。
 ただ、帰ってきてからがよくなかったです。1月前半の食事が、ロー率高いことに加えて、「単調」だったんですよね、ほぼ同じパターンの繰り返しでしたから。
 「あれも食べたい、これも食べたい」というバリエーション欲が出てしまいまして……。
 それにしても、あんなに具合が悪くなるとはなあ。おなじみ「野の葡萄」とかいっても、2杯ぐらい「まだまだいける」と思ったら、苦しいのなんの。脳みそで「腹8分目」と思った量(だって昨年なら食べてたから)が、今食べるとおなかぱんぱんになってしまう。

 で、思いっきり身体がむくみまして。

 それで、私は、「無理しない、我慢しない」(あとで反動くるから)というのを今まで方針にしてきたんですけど、脳みその「食べたい」という欲求に、消化器の処理能力がついていけません。

 どうやら、生きる楽しみ? でもあった、「あれも食べたい、これも食べたい欲」をクリアリングするべきときが来たらしい。
 
 こういう局面を感じたのは、内臓の問題だけでなく、メンタルな問題もあります。
 心のどこかで「唯だ足るを知る」という感覚が少しわかった気がするというか……。
 このへんは「にわとりとたまご」というか、最近、何かが起こるべき時は、いろいろな事象が総合的に起こってくるので、一つの要因と単純に結び付けるのが難しくなっています。

 とりあえず、今回は内臓のお話にしぼってすすめると、食が細くなったときに、「胃が小さくなった」という言い方をよくすると思うんだけど、「胃」が小さくなった、っていう感じはしなかったんです。それなりに、入る。でも、入った後の処理ができない。だるくて、むくむ。
 これって、もしかして、消化器全体がコンパクト化しているのかなあ、などと思った次第です。たとえばすい臓も「コンパクト仕様」になっていってるとか……。

 仮にこの仮説が成り立っているとしたら、その分のエネルギー、どんどん別のことに使っちゃってると思います(とくに脳)。筋肉だって、使い方変えたら半年で形が変わってしまうものですから、内臓の使い方も、変えて3年もたてば、仕様変更してもむべなるかなな気がします。
 上海は本当にいいきっかけでした。もう、旅行だからといって、「楽しむ」ためだといって、日常の食生活を大幅に変える、という「お楽しみ」には、年貢を納めてきた気がします。

(続く)

posted by 石塚とも at 11:01| すい臓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする