無料ダウンロードe-book

無料ダウンロードできるe-bookはこちらから

高速ブレンダー、ジューサーを特価でご紹介

読者特価のブレンダー・ジューサーとRBJ推薦のお買い物

ローフード・フォー・ビジー・ピープル

石塚ともの出版物はこちらから

お知らせ(2019/11/06)updated!
有料記事の配信を始めました。


寺子屋メルマガ(配信終了)バックナンバーはこちらから読めます。
英語メルマガ(更新できてないけど) 登録はこちら バックナンバーはこちら
英語学習ドリルのダウンロードページがサービスを終了してしまったので、ただいまDLできません! 引越し先探し中。


英語・寺子屋の新規生徒様募集は当面しませんが、「以前どんなことをしていたのか?」読みたい方はこちらからどうぞ。
寺子屋・受講生様の声
英語教室・受講生様の声

2010年06月21日

奈良時代の役人、肉食だった?

 6月18日の新聞、ニュースで取り上げられたようです。

 奈良時代の官庁街だった平城宮跡・東方官衙(かんが)地区(奈良市)で見つかった、土壌化した糞便(ふんべん)から、牛や豚、ニワトリから感染する寄生虫卵が検出されたとのこと。

 当時は、「肉食禁止令」が何度も出されているのですが、まるで禁酒法と飲酒のように、一度知ってしまった肉の味はやめられなかったのでしょうか。

NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100618/t10015194351000.html

消えちゃう可能性があるので、PDFに落としました。
奈良時代・肉食.pdf
 
 ところで、当時はトイレット・ペーパーがありませんでした。ではどうしたかというと、細く切った木片で、さらうようにしてふいていたようです。(これを「籌木(ちゅうぎ)」といいます)。それにしても、5月に来日したヴィクトリア・ブーテンコさん、ウォシュレットにいたく感激されてみたいですね。「デトックスの絵」をホワイト・ボードに描くとき、トイレットの絵の脇に、ウォシュレットであることを表すボタンを丁寧に丁寧に描いていらっしゃいました。

posted by 石塚とも at 23:06| ちょっと哲学的なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする