無料ダウンロードe-book

無料ダウンロードできるe-bookはこちらから

高速ブレンダー、ジューサーを特価でご紹介

読者特価のブレンダー・ジューサーとRBJ推薦のお買い物

ローフード・フォー・ビジー・ピープル

石塚ともの出版物はこちらから

お知らせ(2019/11/06)updated!
有料記事の配信を始めました。


寺子屋メルマガ(配信終了)バックナンバーはこちらから読めます。
英語メルマガ(更新できてないけど) 登録はこちら バックナンバーはこちら
英語学習ドリルのダウンロードページがサービスを終了してしまったので、ただいまDLできません! 引越し先探し中。


英語・寺子屋の新規生徒様募集は当面しませんが、「以前どんなことをしていたのか?」読みたい方はこちらからどうぞ。
寺子屋・受講生様の声
英語教室・受講生様の声

2010年10月17日

ローになるとなんで皆あんなに雄弁にしゃべりだすのか

 先日、ローシェフ卒業制作発表会に参加させていただいて、しみじみ感じたこと。

 会の途中から、新人シェフたちが自分たちのレシピ制作したポートフォリオを発表することになっていたのだが、これがもう、みんなしゃべるしゃべる。北原さんから「ひとり3分以内で」と指示があったにも関わらず、守った人など1人もいなかったのではないだろうか?

 たぶん、10分以上しゃべった人、複数名(笑)。

 この現象は私にとって初めてではない。昨年の4月に横浜できくちゆみさんたちと一緒に講演したときも、終了後の懇親会、参加者の一言自己紹介のはずが、みんな、いかにローフードが(このときはホ・オポノポノも)自分を変えたか、しゃべるしゃべる。普通、順番がきたらささっと回す日本人とは思えたいのだ。たくさんの会をしきった経験があるゆみさんでさえ「みんななんでこんなにしゃべるの?!」と驚いていた顔が今でも目に浮かぶ。

 しかも、私がピンクの本で書いたように、誰も「力説したり」「叫んだり」するわけじゃないんだよね。こぼれるように言葉があふれてくる。

 あれはいったい何なのか?

 それはね。あれは、ローフードの話をしているのではなくて、「ローフードに出会った自分
」の話をしているのです。

 自分の再誕生の話をしているのです。

 私は横浜での記事のタイトルを「みんなが木のように大きくなって」と書きましたが、このとき、ガブリエル・カズンズ博士のリトリートの名前が「living tree」だとは知りませんでした。でも、人が木の成長のように次の年輪へと移行する瞬間なのです。

 それは、人生でもっともおめでたい話なのです。
 赤ん坊としての誕生は両親の力を借りて行われるけど(親を選んで生まれてくる、説には最近私も賛成ですが)、「再誕生」は自分自身の選択によって行われることだから。
 
 選択、です。
 それは、「自由」への第一歩ではありませんか。

 再誕生の話を聞くのが、私は大好きです。
 他人の再誕生の話ほど、自分の再誕生を促すものはないのです。

応援よろしくお願いいたします&素敵なコミュニティへのボタンを押してね♪
にほんブログ村 ダイエットブログ 食べるダイエットへ
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ



 
posted by 石塚とも at 23:50| ちょっと哲学的なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする