無料ダウンロードe-book

無料ダウンロードできるe-bookはこちらから

高速ブレンダー、ジューサーを特価でご紹介

読者特価のブレンダー・ジューサーとRBJ推薦のお買い物

ローフード・フォー・ビジー・ピープル

石塚ともの出版物はこちらから

お知らせ(2019/11/06)updated!
有料記事の配信を始めました。


寺子屋メルマガ(配信終了)バックナンバーはこちらから読めます。
英語メルマガ(更新できてないけど) 登録はこちら バックナンバーはこちら
英語学習ドリルのダウンロードページがサービスを終了してしまったので、ただいまDLできません! 引越し先探し中。


英語・寺子屋の新規生徒様募集は当面しませんが、「以前どんなことをしていたのか?」読みたい方はこちらからどうぞ。
寺子屋・受講生様の声
英語教室・受講生様の声

2011年03月03日

無(付加)価値なローフード

fukushima3.jpg

fukushima2.jpg

fukushima1.jpg

 写真は、2月25日に福島市内で開催していただいたセミナーで、私と、オーガナイザーさんと、最初参加者だったのにいつのまにかスタッフになってくださったOさん(毎回仙台から来てくださる)と3人で作ったローフードなのですが、この写真を見て、しみじみ思った。

「価値」には2種類ある。元からある「価値」と、「付加価値」と。元からある価値は神様から与えられたもの。だから誰でも持っていて、誰も奪うことはできず、その価値を得るのにお金を得る必要はない。フリー。
 一方「付加価値」は、文字通り人が付け加えたもの。別になくても生きていけるもので、でも、それを人は磨きあげる自由も(あるいは依存も)持っている。付加価値だから、つければつけるほど、金銭的価値もつく。

 私が調理するローフードに「価値」はある。それは神様が与えてくれたもので私が与えたものじゃないから。でも、「付加価値」はあまりない。付加価値のないローフードを私は好んでいる。それは、ロー=未加工=神様から与えられた「価値」をいただくものだと思っているから。人が加えた「付加価値」をつけると、そのノイズで「価値」の声が聞こえなくなってしまうからだ。なんともったいないことだ、と、私は思っているわけだ。いちばんおいしいところが聞こえなくなるじゃないの、と。

 この3次元世界では、無農薬とか無肥料とか、かぎりなく「自然に近い」とされる野菜が、実はかえって膨大な手がかかり、したがって付加価値を伴う、という逆説をはらんでいる。ちょうど、芸術的な「ナチュラルメイク」が、気が遠くなるほどの細かい職人芸で作り上げられるのに似ている。私がそこらへんに売っている普通の野菜を好むのは、この「付加価値のない野菜」からこそ、しばしばクリアに「価値の声」が聞こえる、と感じているからかもしれない。

 ちなみに、こういう理屈をこねあげることは物書きの技術を伴うものなので、「付加価値」がある。だから、私はこの「付加価値」を使って現世の利益を生み出そうとしているわけだ。というわけで、ここに書いていることは「神の声」じゃないので、みんな、信用しないようにね。

 
こっそり応援お願いします。


にほんブログ村 ダイエットブログ 食べるダイエットへ
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ




 

 
posted by 石塚とも at 23:49| ちょっと哲学的なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする