無料ダウンロードe-book

無料ダウンロードできるe-bookはこちらから

高速ブレンダー、ジューサーを特価でご紹介

読者特価のブレンダー・ジューサーとRBJ推薦のお買い物

ローフード・フォー・ビジー・ピープル

石塚ともの出版物はこちらから

お知らせ(2016/11/05)
長いことお楽しみいただきました「寺子屋メルマガ」は、だいたいのコンテンツをお伝えしたと思い、近いうちにひとまず終了したいと考えています(あと10本ぐらい発行します)。
終了後は無料で学習できる英語メルマガを集中して発行していきたいと思っていますので楽しみにお待ちください。
英語メルマガの登録はこちらから。

英語・寺子屋の新規生徒様募集は現在しておりません。 英語は無料メルマガでぜひお勉強ください。

下記をご参考にお願いします。
寺子屋・受講生様の声
英語教室・受講生様の声

2011年11月28日

5年間のローフード生活で一番お気に入りだった外食

 それは、2011年1月11日、日本航空406便 パリ発東京行き、
エコノミー・クラスのロー・ヴェジタリアン・ミールです。
 ほんと、ダントツだったです。
 11時間のフライトで2回食事が出てくるのですが、2回とも良かったです。
 あれから10ヶ月たちますが、あの衝撃を破るものはいまだに出てきてないです。
 とくに、2回目のメイン。

jal06.jpg

 この写真を見ると、今でも感激します。
 そうだ、私の欲しいものを作ってくれる人って、いるんだ、って思いましたねー。

jal05.jpg
↑カンタループはいささか季節はずれですが、アフリカ産でしょう。甘くてジューシーでした。

jal04.jpg
↑なんといってもこのメインでしょう。
外食のメニューで、お客様に「切ったままのさやえんどうを出そう」って
思い、しかもそれを実行できるってすごい。
いい意味なのか悪い意味なのかもはやわからない。
でもとにかくすごい。
しかも、一口かじって甘い甘い。
そして、この飾り気なさを、メニュー表もないのに
誰かが考えて、作って、何もしない私の前に
出してくれたということが、ほんとに嬉しかった。
(ふだん外食で欲しいものが食べたかったら、
細かくオーダーするか、
セルフ・サービスで自分で取ってこないと、欲しいものに
ありつけないので。。)

塩こしょうだけで本当においしくて、こわごわ様子を見に来た
(RVって初めての対応で珍しかったらしい、これは後日乗ったANAも同じ)
客室乗務員さんに
「ちょっと食べてみて」とはからずしもエヴァンジェライズするほど。

jal03.jpg
jal02.jpg

ちなみにパリで積み込まれたロー・ミールは2食とも100%ローではなく、
ちょっとしたおまけがついてましたが、これは
1食目の方が当たりでした。このデザートは
ヴィーガン御用達の会社みたいですが、甘すぎて好みではありませんでした。

jal08.jpg
ベジタリアン頼むと困るのがマーガリン出てきちゃうことだよね。
これは、今まで乗ったアメリカ3社もみんなそうだったな。

話は戻りますが、「ロー・ベジタリアン・ミール」に
「切ったままのさやえんどうを入れよう」と考えついたのは、
誰だったのだろう? 
パリでのローフードの市民権は全然高くなく(普通にサラダは好きですが)
ロー・カフェ pousse pousse (直訳すると「生えろ生えろ」または「発芽発芽」)
のオーナーも、「苦戦してる」といってた。

でも、フランスの料理って、私のイメージでは、
一言で言えば「素朴」だし、
それに、日米のローフードの世界で「グルメ・ローフード」といえば
「アメリカン・グルメ・ローフード」であるような
気がしていたので、
美食の国フランスのローフードがこれなら、
「美食」の別の可能性を見せてくれた気がして、
とても嬉しかったのでした。

それにしても本当に素朴すぎて、
「ほんとにただの手抜きだったのに
おフランスをありがたがってる私だったらどうしよう」
という疑念を消せないぐらい(笑)
文字通りロー=未加工な機内食でした。。。


応援クリック、ありがとうございます。嬉しいです^^
これからもよろしくお願いいたします。

(「拍手ボタン」から感想を書いてくださる方へ。「拍手ボタン」の感想は一つの場所に全部まとめて集まってしまうので、「興味深かったです」「わかりやすかったです」などだけだと、どの記事(メルマガ)の感想かわかりません。日にちやテーマなど簡単に示していただけると嬉しいです。ご協力ありがとうございます)
にほんブログ村 ダイエットブログ 食べるダイエットへ
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ




私は現在フランス語レベル3を学習中です。一緒にがんばりましょう。




【追記】
この記事を書いた翌日、机周りの整理をしていて、
日誌を見直していて、このお食事をいただいたのが
今年の初めだったことに愕然とした。
ローフードを始めたときより、本を出した時より、
今年が一番変化が早く、大きかったかもしれないです。
(11.29)
posted by 石塚とも at 22:35| 外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする