無料ダウンロードe-book

無料ダウンロードできるe-bookはこちらから

高速ブレンダー、ジューサーを特価でご紹介

読者特価のブレンダー・ジューサーとRBJ推薦のお買い物

ローフード・フォー・ビジー・ピープル

石塚ともの出版物はこちらから

お知らせ(2019/11/06)updated!
有料記事の配信を始めました。


寺子屋メルマガ(配信終了)バックナンバーはこちらから読めます。
英語メルマガ(更新できてないけど) 登録はこちら バックナンバーはこちら
英語学習ドリルのダウンロードページがサービスを終了してしまったので、ただいまDLできません! 引越し先探し中。


英語・寺子屋の新規生徒様募集は当面しませんが、「以前どんなことをしていたのか?」読みたい方はこちらからどうぞ。
寺子屋・受講生様の声
英語教室・受講生様の声

2012年09月17日

ローフードが私を強くしたこと

私は、つらいことがあったとき、誰かにシェアせずにはいられなくて、
誰彼となく友達をつかまえる、ということをして、
さらにその友情にまでヒビを入れる、という、
苦い経験をしたことが何度かありました。
なくさないまでも、「断れなくて困った」という体験をした人がいるかもしれないし、
何よりも、自分がそういう自分を好きじゃないのに、
ついやってしまう、という心地の悪さがありました。

友達の中には「誰でもあることだよ、つらいとこはやっていいんだよ」とか
言ってくれる人もいるのですが、自分のほうが納得いきません(笑)

どうして納得がいかないのかと考えて考えて考えて、ある日
自分に厳しいから、とかでは決してなくなく、
そのアクションをして、ちゃんと効果があればいいのですが、
つらさがとまるのは一時的なことで、せっかく友達が聞いてくれても、根本的には
とめることができていない、と、気が付きました。
下手すると、シェアして、一時的に静まって、もっとつらい気持ちになったりして。

そして、この良くない習慣を止めることができたのは、
「しゃべること」による一時的な安らぎと後から襲ってくる痛みのアップ&ダウンが、
食事のパターンと似てるなあ、と気づいたからなのです。

多くの人は、「おいしさ」「血糖値の上昇」「テオブロミンなどからくるハイな感覚」
などにフォーカスしていて、
その後に来る「胸焼け」「膨満感」そこからつながる各種体調不良に対して無自覚です。
しかし、ローフードを食べると、加熱、酸化した油、過剰な糖分などが、
実は身体に大きな不快感を引き起こしているのに、私達がそのことを「無自覚化」することで
やりすごしていることに気がつかされます。

そこで、しゃべった後に感じるさらに強い痛みのフォーカスすることで
自分の困った習慣を治すことができたのです。
(ちゃんと感じながらしゃべれば癒される、というのがセラピーの法則ですが、
ただ「苦しいからしゃべる」っていうことだと効果がないのですね)


この体験は、私をとても強くしました。
そして、快感と不快感って、私達が「ありのままに感じている」ものではなく、
フォーカスによって感覚をいかに変えてしまうか、
ということを学んだのでした。



いつも読んでくださってありがとうございます。
記事が気に入ってくださいましたら、
いろいろな人にインスパイアをお分けできるように、
1日1回の応援クリックいただければ幸いです。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村 ダイエットブログ 食べるダイエットへ


メルマガ「石塚とものロービューティ寺子屋」では、
ローフードを超えて、おとなの女の人生に役立つ情報を発信しています。
こちらもごひいきにしていただければ幸いです。
http://www.mag2.com/m/0001243615.html

「日々のおいしいもの」「映画」「生活のtip」は
twitter で発信しています。
@tomoishizuka
をフォローお願いします。


(「拍手ボタン」から感想を書いてくださる方へ。
「拍手ボタン」の感想は一つの場所に全部まとめて集まってしまうので、
日にちやテーマなどどの記事についての感想か簡単に示していただけると嬉しいです。
ご協力ありがとうございます)












IMG_0346.JPG
↑本文と関係ない写真シリーズ。
2010年12月、フィリピンのザ・ファームにて。
ヤングココナツ・ヌードル、グリーン・カレー・ソース。
食材的にも味的にも日本で手に入りづらい味。これは本当においしかった!
posted by 石塚とも at 18:47| 自分の変化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする