無料ダウンロードe-book

無料ダウンロードできるe-bookはこちらから

高速ブレンダー、ジューサーを特価でご紹介

読者特価のブレンダー・ジューサーとRBJ推薦のお買い物

ローフード・フォー・ビジー・ピープル

石塚ともの出版物はこちらから

お知らせ(2016/11/05)
長いことお楽しみいただきました「寺子屋メルマガ」は、だいたいのコンテンツをお伝えしたと思い、近いうちにひとまず終了したいと考えています(あと10本ぐらい発行します)。
終了後は無料で学習できる英語メルマガを集中して発行していきたいと思っていますので楽しみにお待ちください。
英語メルマガの登録はこちらから。

英語・寺子屋の新規生徒様募集は現在しておりません。 英語は無料メルマガでぜひお勉強ください。

下記をご参考にお願いします。
寺子屋・受講生様の声
英語教室・受講生様の声

2014年06月30日

唾液と記憶

 嗅覚と記憶の結びつきを文学で表現したことで有名なのはマルセル・プルーストです。女性向けの護身術として最古の歴史を誇るwen-do(ウェンドゥ)に参加した時に、講師の方が、「記憶は脳でなく、筋肉にやどる」とおっしゃっていました。犬に噛まれたとか暴漢に襲われたといった経験のある人は、犬を見たり、男性がこちらに近づいてくるのを見たら、「あの人は普通の人だ」と思っても、身体が硬直してしまうことがあります。身体に指令を出しているのは脳ではなく筋肉だ、というわけです。

 しかし、ゲルソン療法の食事を続けていて、面白いばかりに体感させられるのが、舌の上に上がってくる、過去の食べものの記憶。
 それが「食べたい」というわけではないのです。でも、まるで、今、それが舌の上にあるかのように、ありありと浮かんでくるのです。例えていえば、身体の一部を切断してしまったり、臓器を摘出してしまったのに、しばらくのあいだは、それらがまだくっついている、機能している感じがありありと残っている、という話を聞いたことがあるのですが、それに近いかもしれません。

 トレーナーの氏家京子さんによると、
>これまで長年摂取してきた食事の「味(味を感じさせる成分・人工のものも、自然なものも含む)」が、細胞内から体液に排泄されてきているため、唾液にもこの味が解毒過程で復活してくるので、「なつかしく」思う。そのうち、さほど欲しいと感じなくなると思われる。解毒が進み始めた頃の特徴的な出来事。

 とのこと。
で、その「なつかしい」ものがまったくもって面白い。

1〜2週間ぐらい前まで舌に登ってきていた味覚。
1.そば(それも、こだわりどころのそばではなく、駅前とかのスタンドのそば。すでにあがってるかきあげとか、やけにあまいきつねとか、ああいうやつ)
2. インドカレー (わりと有名なお店のでも、最後はとにかく塩辛く感じていた。スパイスの味より、塩味の方が上がってきた)
3. ラザニア(加熱のラザニアなんて、人生で10回も食べたことないのに、なんでそんなものが上がってくるのかまったく不明)

で、今週になってから上がってきた感覚。
1.ファラフェル(豆とこしょう)
2.はまちの刺し身(別に好きじゃなかった。まったく不明)
3.サッポロ一番味噌ラーメン+麺をゆでるとき卵も一緒に入れる、最後に青ネギトッピング
(サッポロ一番は、子どものときは祖母が作ってくれてよく食べた。通算200回ぐらい?)

もうまったく意味不明ですね。「おいしかった」と思うものが上がってきているわけではないと思う。というか、反対に、「あーこれ食べて死んでもいい」と思うほどおいしかったものって、全然上がってこない。一昨年アヴィニョン郊外のホテルでいただいたとろんとろんのモッツァレラチーズとか、昨年の夏にル・アーブルでいただいたさかなのスープとか、そういうのは全然上がってこない。記憶が完全燃焼してクリーニングされちゃってるからかしら?

でも、たとえば、「カードをひく」とか「心理セラピーを受ける」みたいに、自分が気がつかなかった、自分の中の「情報」を見せられているのは間違いがないように思う。というのも、上がってくるものにあまりにも脈絡がないのに、こうやってはっきりと書きとれるほどどれもありありと具体的なんですよね。まるで、チャネリングによって誰かの意識がのりうつった人が、のりうつられた人が知るよしもないようなことを話すような。だから、カードをひいたりセラピーを受けたりして自分の中の知らなかった面を見るのが好きな人は、「唾液に上がってくる記憶の情報」、カードなみに面白いことがわかるかもしれませんよ。

さらにさらに、面白いことは続くのです。
 「これ、記憶の逆流(?)なんだ〜」と思って数日やり過ごしていると、それらを確かに「あまり欲しいと感じなくなる」。しかも、それだけじゃない、その段階までくると、「バーン!」と、自分の中のエネルギー量が、ロケット的にアップしてくるのがわかるんです。右肩上がり、なんじゃなくて、真上に上がる、感じ。

これを感じると、
「ほお〜」
 と思っちゃいます。
 同時に、視覚イメージもあります。
 自分の中から、大きな「石」(本当に大きい、自分の身体より大きいので実際は不可能なのだが、そういうものが見える)が、ゴロゴロと出て行く感じがするのです。

 そして、そのあと……。

 ここで止めるか(笑)。

 いえ、「すごいこと起こる」って書きたいのですが、それは1回や2回の例で書くのはよくないと思うので、ここで止めておきたいと思います。

 
 とにかく「ラザニア」とか「はまち」とか「ファラフェル」とか「サッポロ一番」が面白かったので、公開しておくことにしました。
 
 さて、次は何が出て来るんでしょう〜。

 
2014-06-26 12.56.31.jpg

6月26日、ランチ。

2014-06-29 18.35.40.jpg

6月29日、ディナー。

2014-06-30 18.44.41.jpg

6月30日、ディナー。


いつも読んでくださってありがとうございます。
はげみになりますので、
応援クリックをどうぞよろしくお願いいたします。。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村 ダイエットブログ 食べるダイエットへ

ご意見、ご感想、質問、なんでもお寄せください。
(感想が一つの場所にまとめて集まってしまうので、
日にちやテーマなど、どの記事についての感想か示していただけると助かります。
ご協力ありがとうございます)



メルマガ「石塚とものロービューティ寺子屋」
あなたの人生にじわじわきく奥義。お教室の詳しい説明やご案内もこちらから。
どうぞご登録ください。
http://www.mag2.com/m/0001243615.html

メルマガの過去ログブログ
メルマガ登録の前にどんな感じか読んでみたい方
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net/

twitter
ブログ、メルマガのすべての更新情報が発信されます。
@tomoishizuka

facebook
いつでもフォロー出来ます。
お友達申請は、ひとことメッセージを添えてください。
https://www.facebook.com/tomo.ishizuka


 
posted by 石塚とも at 23:01| ゲルソン療法(WS,ゲルソン・ミール) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする