無料ダウンロードe-book

無料ダウンロードできるe-bookはこちらから

高速ブレンダー、ジューサーを特価でご紹介

読者特価のブレンダー・ジューサーとRBJ推薦のお買い物

ローフード・フォー・ビジー・ピープル

石塚ともの出版物はこちらから

お知らせ(2016/11/05)
長いことお楽しみいただきました「寺子屋メルマガ」は、だいたいのコンテンツをお伝えしたと思い、近いうちにひとまず終了したいと考えています(あと10本ぐらい発行します)。
終了後は無料で学習できる英語メルマガを集中して発行していきたいと思っていますので楽しみにお待ちください。
英語メルマガの登録はこちらから。

英語・寺子屋の新規生徒様募集は現在しておりません。 英語は無料メルマガでぜひお勉強ください。

下記をご参考にお願いします。
寺子屋・受講生様の声
英語教室・受講生様の声

2008年08月28日

どうして朝食を食べてはいけないのか3

 さて、人の血液を1時間ごとに採取してその成分から、「人には食事をとるべき時間(効率的に消化される時間)ととらないほうがいい時間(消化に向かない時間)があることがわかった」というお話。

 その前に、もう一つだけ前フリを。
 それは、人間が、「消化」ということにどれだけエネルギーを使うか、ということです。

 厚生労働省が発表している日本人に必要な摂取カロリーが2500前後、というのは、誰でも一度は聞いたことがある数字かと思います。
 また、人間の基礎代謝量(存在しているだけで、呼吸や体温維持のために使うエネルギー量)は1200キロカロリーといわれています。

 従来のダイエットは、摂取した2000〜2500キロカロリーのうち、基礎代謝量の1200キロカロリーを差し引いた残り、すなわち1300キロカロリーをいかに消費するか、ということに向けられていました。
 1300キロカロリー以上を消費すれば、身体に蓄積された脂肪からカロリーが使われることになり、身体はスリムになる。そういう見積もり(?)でした。

 ところが、この計算のように身体はできていないようなのです。
 どうしてかというと、このカロリーの摂取と消費には、消化にかかるエネルギーが入っていないからです。

 で、この消化にかかるエネルギーって、どれぐらいかご存知ですか?
 3000キロカロリーだそうです。
 フルマラソン1回分。

 つまり、そんなに使っているのに、人間の体というのはやせない。入ってきたカロリーと出ていくカロリーも計算が合わない。

 だから、従来のカロリー計算というので人間の代謝が説明できるのか? というコペルニクス的疑問を、ローフードは投げかけることになります。

 明日に続きます。

 いつも興味をもってくださってありがとうございます。
 ローフードの知識はあなたの一生の宝です。
 応援どうぞよろしくお願いします。

ブログ村 ローフード
ブログ村 料理ブログ

posted by 石塚とも at 20:44| Comment(14) | ローフードって何? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

どうして朝食を食べてはいけないのか2

 どうして朝食を食べてはいけないのか。

 ここで、ローをちょっとかじった人にはすでに耳にタコができている、そして、ローの世界にまだ触れた事のない人にはびっくりの、
「1日24時間は消化の3つのサイクルでできている」
 という話になるわけですが…。

 では、どうして1日のうちに「排泄の時間帯」(午前中のこと、この時間帯に消化に負担のかかるものを食べてはいけないのです」「消化の時間帯」「吸収の時間帯」の3つのサイクルがあるってわかったのでしょうか?

 私は、今は自分の身体がこの3つのサイクルに従ってできているのだと身体でわかりますが、(朝いっぱいう○こが出るから)「何を根拠にそんなその理論を?」というのが、ずーっとずーっと不明で納得できませんでした。
 しかし、調べていったらやっとわかりました。
 人の血液を1時間ごとに採取して、その成分を調べて8時間ごとに変化することをつきとめたのだそうです。
 科学者って考えることがすごいですねー。

 というわけで、1日24時間は3つの消化サイクルに分かれているというお話を、明日も続けたいと思います。

 いつも興味をもっていただき、ありがとうございます。
 ローの知識はあなたの一生の宝です。
 どうぞ応援してください。

ブログ村 ローフード
ブログ村 料理ブログ

 
posted by 石塚とも at 23:28| Comment(6) | ローフードって何? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月25日

どうして朝食を食べてはいけないのか

「朝食を抜くと仕事の効率が落ちる」とか、「朝食を抜くと太る」とか、いろいろいわれていたのに、ある日突然 
「朝食を食べるのは身体に悪い」
 といわれたら、
「え、どうして?」と思いますよね?

 でも、ローフードでは、朝食をとることは積極的にはすすめられていません。(「すべて身体にいいのだから、ルールはゆるくいこうよ」という流派もあります)

 成功コーチのジェームス・スキナーさん(ナチュラル・ハイジーン推奨)は、
「朝食を食べることは、病気とエネルギー喪失への一番の近道である」

 とまで言い切っています。

 どうしてそこまでいいきれるのでしょうか?
 明日から説明します。

 いつも興味をもってくださってありがとうございます。

ブログ村 ローフード
ブログ村 料理ブログ
posted by 石塚とも at 22:20| Comment(4) | ローフードって何? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

ロー・フードって何?

 「ロー・フード」とは、

・プラント・ベース(植物性)であること
・加工する時、摂氏48度以上になっていないか、あるいは
・一度加熱しても、乳酸菌などで発酵させて菌が生きている

食べ物のことをいいます。

 食べ物は、48度以上で加熱されないことによって、水分、栄養素、食物酵素が保たれています。とくに酵素は熱に弱く、48度で壊れてしまいます。
 反対に、この三つが体に入ることによって、身体への消化、吸収、排泄の効率が飛躍的に高まります。食べ物に含まれる栄養を、最大限の形でとることができ、解毒効果が大きくなり、新陳代謝がよくなります。

 ロー・フードには、生の果物やサラダ以外に、たくさんのおいしいメニューがあります。もちろんデザートもありますよ。
posted by 石塚とも at 00:00| Comment(0) | ローフードって何? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。