無料ダウンロードe-book

無料ダウンロードできるe-bookはこちらから

高速ブレンダー、ジューサーを特価でご紹介

読者特価のブレンダー・ジューサーとRBJ推薦のお買い物

ローフード・フォー・ビジー・ピープル

石塚ともの出版物はこちらから

お知らせ(2016/11/05)
長いことお楽しみいただきました「寺子屋メルマガ」は、だいたいのコンテンツをお伝えしたと思い、近いうちにひとまず終了したいと考えています(あと10本ぐらい発行します)。
終了後は無料で学習できる英語メルマガを集中して発行していきたいと思っていますので楽しみにお待ちください。
英語メルマガの登録はこちらから。

英語・寺子屋の新規生徒様募集は現在しておりません。 英語は無料メルマガでぜひお勉強ください。

下記をご参考にお願いします。
寺子屋・受講生様の声
英語教室・受講生様の声

2009年08月04日

美脚その後

 蓮水カノンさんの美脚プログラムのその後。

 結論から言うと、カノンさんのいうとおりにはほとんどやらなかったのですが、私の脚は1か月で細く長くなりました。「ししゃもっけ」がなくなって、「あゆ」っぽくなりました(わかるかな? 流線形なんです)

 というのは、バレエのレッスンにまじめに出ていて、基本の基本の立ち方を教えてくれる先生に厳しい指導を受けながらレッスンしていたら、完全にほんとうにまったくもって、カノンさんのマニュアルと同じだということがわかっちゃったんです。だから、運動の聞き方としては同じなんじゃないかと思います。【追記『ロシア・バレエ・レッスン』という本にカノンさんのエクササイズとまったく同じものがありました。カノンさんでは足を平行にするだけですが、バレエではそのあと足をターン・アウトさせても行います】

 カノンさんが注目するのは、「腸腰筋」という筋肉ですが、これはいわゆる腹筋の中の「コア・マッスル」です。
 バレエではこれをまっすぐにするためにあれこれ鍛えるのですが、カノンさんプログラムのステップ1でも同じことをします。

 それだけでも効果があると思うのですが、バレエではそれぐらいではトウシューズで立てないんです。この腸腰筋をぐわーんと引っ張り上げるの。だからそのためのトレーニングをいろいろやります。

 バレエというのは「上にまっすぐ上がる」からトウシューズで立てるんですが、たいていの人は「でっぱら」か「でっちり」(私は後者)なのでまっすぐ上がれません。それを矯正してまっすぐ上にあがるとトウシューズで立てるし、脚も腸腰筋にひっぱりあげられてまっすぐになります。
 そして、腰が足の上にまっすぐのると、詰まっていたそけいリンパがぐわーっと流れ始めて「エネルギーが循環し始める」別の言い方をすると「むくみがとれてくるんです」

 今まで何年もわからくて悲しかったのだけれど、あのときのリンパが流れ始めた感覚は気持ちよかった〜。

 普通の人はバレエのレッスンに出ることはないでしょうけど、まとめると、美脚のこつは、

1腸腰筋(おなかのなかのコア・マッスル)を鍛える。(カノンさんのテキストに体操の仕方が書いてあります)この筋肉が脚をひっぱりあげる。
2むくみをとる(これもマッサージの仕方が書いてあります)
3食べものもむくみをとるものをとる(カノンさんはお菓子をやめてフルーツ推奨)

 で、ローな人は3はやってると思うので、1と2をカノンさんの方法なり他ので何かの方法でできればいいんじゃないかなと思います。

 ちくたくさんが感想を書いてくださいました。
http://tiktak2006.blog85.fc2.com/blog-entry-87.html

カノンさんの脚やせプログラム
 ご興味の方はこちらからどうぞ(1度クリックした方は、別のブラウザから見ると割引価格で購入できるそうです。)

 ↓応援クリック、お願いいたします。ローフード・ブロガーの参考になる記事がたくさん見られます。(祝・101!)

ブログ村 ローフード
ブログ村 菜食・ベジタリアン 
posted by 石塚とも at 17:35| Comment(3) | 美バスト(スポンサーシップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バストその後

 7月のバーゲンの時期に、実に3年ぶりにちゃんとフィッティングしてもってブラを買いました。この3年間はあまりにめまぐるしくサイズが変わりすぎて、ナチュハイでやせ始めた頃にあれよあれよといくつか買い換えるはめになり、ちょっともったいない思いをしました。

 今回私のブラはどうなったかというと、私の場合はカップは変わらずアンダーが5センチが上がったんです。(70D→75D)
 どうしてそうなったかというと、つける位置があがったのです。ブラによってはCでもよかったので、ますます胸が小さくなったみたいですが、今まで無理に寄せて集めてブラに押し込んでいた、という感じに、ブラの布でカバーされなkても自立している場所が増えた、という感じなので気になりません。

 上記のように「がんばって寄せて集めてカップに納める」というブラのつけ方だと、どんなに高級なブラを買っても、お店の方にも「よいブラを選んで正しくつければ肩はこらないのよ」といわれてもやっぱり肩がこっていたのですが、今は苦しくも肩こりもなくなりました。
 今まで、胸がブラに「依存」してたんですよね。依存している胸はすきあらば下がっていこうとしますから、それを矯正するのは力がいります。今は胸そのものが「自立」しているので、ブラをつけても苦しくなくなりました。仕事をしているときやちょっとした外出ならノーブラで、必要なときだけブラをして出かける、という感じです。

 以前は、何か事故があって人に胸を見られるようなことがありでもしたら「胸を見られたら恥ずかしい」というより「胸が垂れているのを見られたら恥ずかしい」とか心配している、本当に悲惨な心理状態だったのですが、すっかり忘れることができました。
 実際、今は乳間19センチ、のどのくぼみからは22.5センチで前回の計測と変わらないのだけど、あきらかに鎖骨の下がもりっと上がっているし、コンプレックスそのものがとれたので、そっちのほうが自分を楽にするものだし自分の欲しかったものかもしれません。

 スポンサーとしてご紹介していますので、一応下にリンクをはりますが、私から「バストって気になるわよね、きれいにしましょうね」っていうストーリーが消えてしまったので熱心な営業ができなくなってしまった(笑)
 なお、下のクリックをするのは、「買おう!」って決心してからにすることをおすすめします。1度クリックすると、クリックしてから3日後にお値段が1万5500円から3万1000円に上がってしまいます。1万5500円に戻すためにはアクセスの記録が消滅えるまで何か月か待つか、他人のPCを借りたりネットカフェで申し込むなど面倒なことをしないといけません。
蓮水カノンさんのバストアップ術
http://www.infotop.jp/click.php?aid=131483&iid=20519&pfg=1


 2週間ぐらい前かな? 前のコラムで書いた、学生時代にちょっと意地悪なことをいわれた友人からメールが来たの。このブログを検索したんですって。(たぶん昔のことは忘れていると思うけど)
 それ読んだらなんだか力がぬけちゃって、本当にこのストーリーは自分の中から消える時期に来たんだなあと思いました。

 
 ↓応援クリック、お願いいたします。ローフード・ブロガーの参考になる記事もたくさん見られます。(祝・参加100!)

ブログ村 ローフード
ブログ村 菜食・ベジタリアン 
posted by 石塚とも at 09:26| Comment(3) | 美バスト(スポンサーシップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

脚が太くならない腹ペタ

 蓮水カノンさんの腹ぺた体操初めプロポーションエクササイズは、道具を使わないし美容だけでなく骨や内臓にもいいなと思えるので取り入れているのですが、やりすちぎゃうと脚が太くなっちゃう、というちくたくさんの報告を読み、たしかにそんな感じがしました。私の場合、ふくらはぎというよりハムストリングスにきてしまいます。

 腹ぺた体操はバレエの姿勢作りに似ているなと思っていたところ、最近教えを請うようになったバレエの先生に、かなり似たエクササイズの仕方を教えてもらいました。

・仰向けにねて、足を90度前後に曲げます。
・手は頭の下。
・この段階で、おなかを思いっきり引っ込めます。腹筋でひっこめるというより、うすくなるようにします。
・おなかのうすい状態を維持したまま、頭を少しずつあげます。おなかをうすくしたまま丸めて、おへそを見るようにします。
・肩甲骨が少し上がる位置まででOK.
・そのままゆっくり頭を戻します。これで1セット。
・毎日5〜6セットでOKです。

 寝ているので脚の負担がかからないです。毎朝やるといいそうです(たぶん便秘対策も兼ねて)

 バスト体操も最近さぼりぎみ、おなかと脚に関してはまったくさぼっていたのですが(汗)、別投稿にも書きますがカラダ改造しようと思っているので、この体操はちゃんと続けようと思います。

 ブログ村にたくさんの応援ありがとうございます。またコツコツランキングに挑戦していきたいと思います。(ポイントはこちらから見られます)「このブログはいいこと書いてある」「もっとほかの人にも読んで欲しい」と思った方、ぜひ応援クリックお願いします。

ブログ村 ローフード
ブログ村 菜食・ベジタリアン 
posted by 石塚とも at 06:34| Comment(0) | 美バスト(スポンサーシップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

バストトップが2センチアップ(感涙)

 うえーん。ほんと、うれしいい〜〜〜〜。

 蓮水カノンさんのバストアップ商材を買った方はご存じと思いますが、

 「カノンさん的理想のバスト」というのは、

・「のどのくぼみ」と「両バストトップ」を結ぶ線が
・「正三角形で」
・「一辺が17センチ」

 だそうです。

 みなさんはいかがですか〜。この数字、わりとよく聞くんですが、以前は「こんなことできるのはサイボーグだけやろ〜」と思っていましたが、カノン体操を続けていると、「自分にもできるかもしれない」とちょっと思ったりします。
 バストと虚栄心は正比例? だったら虚栄心育てちゃおう、とか思います。

 私は、底辺(乳間)は、19センチ弱でわりといいのですが、斜辺(のどのくぼみ→バストトップ)が、

 24センチ

 で、だからものすごーく斜辺が長い二等辺三角形だったんです(だからコンプレックス)

 それが、
 最近、
 22センチになったんです!

 ほんとに感激しました。

 さて、このバストアップ、興味をお持ちの方がたくさんいるようで、最近は講演会でも質問されちゃいます(汗)。
 講演会の主催者の担当者からも聞かれちゃいます(笑)
 前も書きましたが、バストというのは、人間を「動物」と考えたときにはみ出してしまうジグソーパズルの一片だからでしょう(バストは生殖器官ではなく、大脳に刺激を与えるために進化した、不思議な器官です)
 みんな、その「ありば」に困っているのでしょう。

 で、ご興味の方の疑問にお答えします。

 バストの丸みというのは、「皮膚のはり」「筋肉」「靭帯」で作られています。
 で、今まで世間に流布していた情報は、「皮膚のはり」と「筋肉」が大半でした。
 皮膚のはりは、クラランスなんかみたいに、化粧品などで整えたり、「筋肉」は大胸筋を鍛えることでアップさせます。この二つは聞いたことある人も多いと思います。
 カノンさんの商材で教えてくれるのは体操なのですが、その体操は「筋肉を作る」ためではなくて「靭帯をととのえる」ためにやるんです。
 これが感激でした。
 どうしてかというと、今まで、「バストの靭帯」というのは、「伸びちゃったら戻らない」といわれていたからです。

 この記事によると、「資生堂とワコールが共同研究で『戻らない』と断言した、というのですから、あらまー、絶望的。
(と思ってたけど、「化粧品でケアすることが必要」「下着でケアすることが必要」という業界が研究した発表って、6割ぐらい差し引いて読む必要があったかも、と、今気がついた)

 ところが、戻るんです。なぜかわからないけど。

 なんだか、ローフードと同じだわ。

 根拠があきらかにされる前でも、効果があるって経験的にわかって、副作用がないのなら。

 どう戻るのかというのは、ちくたくさんが、絶妙の説明をしてくれましたが、まったくその通りなんです。
 鎖骨のすぐ下から「ぐぐっ」と力強く盛り上がってきます。

 もっと変化があったら、また報告したいと思います。

 ご興味がある方は、こちらのリンクを参照ください。当ブログの維持運営のため、スポンサーシップを結んでいます。
(↑リンク間違い直しました。すみません。。。)

 なお、バストが変化がなかった人は返金保証もついています。私は買ったその日にバストが変わってしまったので返金のチョイスはその日に消えてしまいましたが。。。


 ブログ村のランキングが113日連続で、総合100台を保っています(登録30万5000。昨日162位)。どうぞ応援よろしくお願いします。「ブログ村」の登録ブログが85に増えてます。ローフード・ブログを作ったらどうぞ登録してくださいね。このまま生命力あふれるロー・ワールドが広がっていくといいですね。

ブログ村 ローフード
ブログ村 菜食・ベジタリアン
posted by 石塚とも at 16:00| Comment(5) | 美バスト(スポンサーシップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

腹ペタ体操4日目

 当ブログがスポンサーシップを結んでいる蓮水カノンさんが新刊書籍「腹ペタ☆ダイエット」の本を送ってくださったのに、うっちゃって実行していませんでした。

harapeta.jpg

 しかし、「こりゃ、ちゃんとやろう」と思って4日がたちました。
 どうしてちゃんとやろうと思ったかというと、2ヶ月ぐらい前から体重が増えてきたからです。ウエスト、ヒップがプラス1センチぐらい(バストは大きくアップしているので、あまり参考になりません)。これが甲田カーブというものか?(ローほぼ100になってから、今月で1年11ヶ月です)とくに体調などは変わらないので、様子を見ていました。

 一時の本当に何もなしからちょっとふっくらしていい感じのような気もするのですが、これ以上はいやなので、筋肉系のエクササイズもちゃんとやることにしました。
 そしたら、体操した直後からウエストが2センチ落ちて、そのまま安定してくれました。



 バスト教材に手が出ないという人も、この本は980円でおすすめです。
 バスト、腹ペタ含めて蓮水カノンさんの体操がやればやるほどおすすめできるなと思っている理由は、蓮水メソッドは表向き「プロポーション=美容」が目的のようで、健康にも理にかなっていると体感しているからです。

「腹ペタ体操」が気に入っている理由は。。。

・身体全体の芯を作ってくれる(きくちゆみさんが4月12日に披露した骨盤リセット体操にかなり似ています)
・時間がほんとうに7秒、準備を入れても15秒ぐらいしかかからない(きくちゆみさんの骨盤リセット体操でも、1セット30秒で3セットなので1分半ぐらいかかります)
・ウエストを細くしながら上半身のバランスもととのえるので、これだけでもバストが上がります。
・腹筋のコア筋ができて、とても姿勢がよくなり、私のような座りっぱなしの仕事に身体の負担を軽減してくれる。
・身体に芯を作る理屈がクラシックバレエと似ていて、バレエのお稽古に役に立つ。
・7秒しかやらないので、私のように全然筋肉がない人間でも続く。(ゆみさん体操でも私にはちょっときつい)。

 4日で腹ペタになったわ〜とちょっと悦にいっているので、写真を披露しちゃいます。(ちと恥ずかしいのでサムネイル表示にしました^^;)
harapeta3.jpg


 お腹のラインはかなりまっすぐになっていると思うけど、もっと続けてさらにへっこんだらまたのせたいと思います。

 ↓ちなみに前にものせたこの画像(2008年4月)と同じブラトップをつけてます。このころの方がやせているといえばやせてますが、しぼんでるといえばしぼんでる(しかも腹はたるんでます)。今のほうがバストボリュームアップしているのわかるかしら?
バスト2

 バストアップにご興味の方は、こちらからご検討お願いします。
ちくたくさんがバストアップの報告記事を書いてくださいました。→こちら

ブログ村のランキングが97日連続で100台を保っています(登録29万3000)。ところでローフードブログをお持ちのみなさん、この「ブログ村」に引っ越してきませんか? 新投稿をしたときに新着記事が一覧表示されて、参加者も訪問者も、よりローの情報を熱心に読むことができるんです。のんびりムードのなかで石ともは、ドンキホーテのごとく総合ランキングに食いついております。ぜひ投票よろしくお願いします。読み終わったらぜひクリックして生命力あふれるロー・ワールドにアクセスしてみてください。

ブログ村 ローフード
ブログ村 菜食・ベジタリアン
posted by 石塚とも at 00:18| Comment(4) | 美バスト(スポンサーシップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

私がバストアップで参考にしたもの

 これを書くと長くなります。
 そのうえ、「ローフードで解決できなかったことができた」というのがちょっと悔しかった(笑)
 でも、これは正直、本当にすごくて、みんなの悩みがいかに解決されるかということがわかったのでご紹介したいと思いました。

 みなさん、「情報商材」ってご存知ですか? 利用したこと、ありますか?

 ま、こういうやつです。

(↓下のやつは、私が今ランダムに選んだもので、試したことはありません。興味をもってもかまいませんが、そのあとのことは私は知りませんので慎重にお願いします)

絶望的な別れから復縁する唯一の方法
3年間結婚に踏み切れなかった彼に「明日結婚しよう」と言わせる方法
現役ナースの錬金競馬術

 すんごくあやしいんです(笑)。
 とくに多いのは、「お金」「英語」「恋愛」

 人間の「欲」に結びついたのが多いです。


 でも最近はそうでもないのもあるようです。

 たとえば、
TVチャンピオン優勝者の子犬のしつけ方
↑私、これ、犬飼ってたら飼うと思います(笑)。
 
 もっとも、この方法を知ることになったきっかけは、やっぱりローフードのおかげなんです。

 私が本気でこのブログのランキングをアップさせたいな、と思って呼びかけたとき、どーんと皆さんが押し上げてくださいましたよね。それでみるみる100位台になった。
 はじめて100位台になったとき、「他に100位台ってどんなブログがあるのかな?」って思って、ランキングをあれこれ見てたんです。

 そのなかに、あったんです。

「バストを大きく、アップさせる方法」

 というのが。

 それが、、バストアップの「情報商材」の紹介だったんです。


 これを読んだだけなら、「あやしい〜」と思って腰がひけていたことでしょう。でも、私は以前いくつか英語学習の教材を購入したことがあって、たしかに役に立ったんですね。今回は、「ローフードの腹の虫が知らせる」というかんじで、すーっと自然に「これだー」という直感があったんです。


 買うときは確かにちょっと高いな、と思うのですが、
 正直いって感激しました。
 長年のコンプレックスが解消されましたから。

 私が胸がたれているのは、小学生のときからです。
 そのころ、私は、正直、不幸な事件に巻き込まれました。
 性被害にあったのです。
 今でも、そのことを思い出すと泣けてくる自分がいます。
 小学生で、胸が大きくなるのも居心地悪い時期です。それに、その事件と、当時の家族の冷たい態度など、コンプレックスの集中する場所が、胸になってしまいました。
 本当は小学生の頃からブラをつけるべきだったのですが(もう大きかった)、それも恥ずかしく、そのころって女の子同士意地悪だったりしますから、「石塚さんは、もう胸がたれているのね、かわいそうね」とひそひそいわれていたそうです。(これ、同窓会で聞きました。耳に入っても入らなくてもひどい話でしょ。これもまたトラウマになりますから、私と胸の葛藤は長い長いものだったのです)

 そして、齢、四十をすぎて、「あーもうそういうことを気にしなくていい歳なんだ、みんな垂れる年になったんだから……」

 と、ようやくあきらめがついたころ……

 突然アップしちゃったんです(笑)

 バストって、胸にも靭帯があってそれが伸びちゃうと垂れちゃって二度と元にもどらないんだそうです。そう習ってきたし、実際今までどんなに「よせあげブラ」をつけても、ブラをはずれば元の木阿弥でした。
 
 「ローフードで胸はアップしない」と書きましたが、ローフードは「化学反応」には強いけど、「物理」は弱いのです。
 他の間違ったダイエットだと、身体が「健康な化学反応」しないから、もっと胸は小さくなってしまったでしょう。その意味では、ローフードもバストアップには効果はもちろんありますので誤解しないでください。
 でも、「靭帯伸びちゃった」という物理的反応には弱いのです。「ローフードでもだめ」というのはそういう意味です。

 「胸が大きくなった」と書いてから、オンラインでもオフラインでも結構あちこちで「あの情報教えてください」と聞かれました。
 みんなの「バストに対するコンプレックス」の深さを感じました。

 またまたローフードとの関連になりますが、動物のおっぱいは胸にはありません。腹にあります。4足歩行の動物には、それが授乳しやすい自然な姿です。「おっぱいが胸にある」というのは、人間の進化のたまもので、また、それがセックスアピールであるという動物も他にはいません。「胸」というのは、「自然」と「人工」の中間にある身体器官なのです。このあたりも「自然」に強いローフードの手が出ない理由かなと思います。

 長年、どんなに努力してもダメだったことが、こんなふうに、ふとした御縁で、あっというまに回復してしまう。本当に、「今までの努力はなんだったんだ!」という感じで。そういう意味で、「ローフード的人生」を送りだした自分に、このバストはサプライズプレゼントとしてやってきたのでしょう。

 よくわかる写真が出てきました。

バスト2
↑2008年4月。洋裁の作品に掲載するために撮影。デコルテうすい。

バスト2
↑2008年7月。「ローフード」の写真を撮ったときの別ショット。正面から見るとわかりやすい。ブラで寄せ上げしてもバストの重みがあるからすぐ落ちてきちゃう。バストの一番高い位置が、ひじの位置まで下がっています。(ひじと腕の付け根の中間が理想といわれている)

とも2009
↑2009年2月。横向いてるけど、鎖骨のすぐ下から盛り上がりがあるのがわかると思います。

 そんなわけで、「情報商材」は広告がとてもあやしいのですけれど、私が「よかったよ」といえば、ためらいなく買える人も出てくるかなと思って、このブログでご紹介することにしたのです。
 読んでみると、書いた方が、女性のコンプレックスにいかに寄り添おうとしているかもわかって好感がもてました。
 それに、今、私は日中ブラしないでも平気なのです。これならば肩こりはもちろん、乳ガンのリスクも減ります。とてもナチュラルな状態で過ごせます。
 ここに書いてあることは嘘じゃありません。
 バスト関係でお悩みの方の一助となれば、幸いです。

 長くなりましたが、やっとその情報商材とはこちらのリンクからどうぞ。
蓮水カノンのバストアップ術

 ブログ村のランキングが55日連続で100台に入りました^^(昨日、一瞬だけど97位になりました!) それから、seesaaブログの「ヘルス・ビューティ」部門で4700ブログ中2位に選出されました。(事務局が独自に選定するそうです)「ローフード」カテゴリも発酵したように参加が45!(ローフードベビーの記録、私も興味しんしんです) このままどんどんローカテゴリーが発展してみんなに見てもらえるといいですね。訪問者の皆様、読み終わったらぜひクリックしてくださいね。

ブログ村 ローフード
ブログ村 菜食・ベジタリアン
posted by 石塚とも at 10:04| Comment(22) | 美バスト(スポンサーシップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。