無料ダウンロードe-book

無料ダウンロードできるe-bookはこちらから

高速ブレンダー、ジューサーを特価でご紹介

読者特価のブレンダー・ジューサーとRBJ推薦のお買い物

ローフード・フォー・ビジー・ピープル

石塚ともの出版物はこちらから

お知らせ(2019/06/01)updated!
ブログがなかなか更新できずにいましたが、ようやく随時更新できそうです。読んでくださる方、ありがとうございます。今後ともどうぞよろしくお願いします。


終了した寺子屋バックナンバーはこちらから読めます。
英語メルマガ(更新できてないけど) 登録はこちら バックナンバーはこちら
英語学習ドリルのダウンロードページがサービスを終了してしまったので、ただいまDLできません! 引越し先探し中。


英語・寺子屋の新規生徒様募集は当面しませんが、「以前どんなことをしていたのか?」読みたい方はこちらからどうぞ。
寺子屋・受講生様の声
英語教室・受講生様の声

2019年06月05日

あなたが何より救われるのは、「あなた自身の物語」を見つけること。そしてそのために私がお手伝いできるのは、「わたし自身の物語」を語ること(1)

 こんにちは、石塚ともです。

 今回のタイトル(長いです)は、私が有料で発信しようとしているコンテンツのタイトル。
 その序文的なものを、何度かに分けて書いてみます。

 ……といっても、このタイトルどおりで、それ以上でもそれ以下でもないのですが。

「あなたが何より救われるのは、「あなた自身の物語」を見つけること。
 そしてそのために私がお手伝いできるのは、「わたし自身の物語」を語ること」

 繰り返しますが、そういうことです。

 あなたは、「救われて」いますか?
(すごい問いですね)

 それにしても、「救済」って言葉、最近ほとんど使わないねえ。。。使ったことがない人もいるかもしれない。
 もう意識する人がいないのは、みんな救済されちゃってるのか、それとも救済は絶対ありえない=絶望しちゃってるからなのか。
 はたまた救済されてるのかされてないのかもわからない世界を漂っているのか……。

 私は、初めて長編小説を書いて応募した25年前(文藝賞、一次選考は通った)のタイトルが「すくい火」というそれだったので、その頃から一貫して、テーマが「救済」だったんだなあと思います。

 ローフードを食べたのも、それ以外のこのブログやメルマガでシェアしてきたことのすべても、自分が「救済される」「救われる」ため。

 いったい何から「救われ」たかったんだろう?

 実は、この答え出ている人はもう救われている人だと思うし、「救われてない」と感じている人で、自分が「何から救われているか」見えていない人は、闇の中にいる人だろうと思います。

 自分が「救われる」必要があるもの、イコール、自分の存在や安寧を脅かしている存在が何なのかまだ見えていない、ということですからね。

 で、日常、あなたが「救われてるか、いないか」意識してるかどうかに関わらず、人間とは、救済を求める生きもの、だと私は思うのですよ。
 これは、動物との大きな違いの一つになり得る定義だと思う。

 上に書いた「文藝賞」っていうのは、たくさんの投稿新人賞の名門なんだけど、ものすごくへったくそだった私の小説を、それでも選者の方が一次選考を通してくれたのは、このタイトルがよかったんじゃないかなあと思っています。「すくい」というのは人間の生きるテーマ、芸術のテーマになりうる。

 ヨーロッパ中世の大学には、三つの学部しかありませんでした。
 「神学」と「医学」と「法学」です。
  この三つの存在意義は、振り返ると、どれも「救う」ことです。神学は魂を救い、医学は肉体を救い、法学は世界を救う(壊さないように運営する)ための学問でした。

 私たちはずーっと救われたかったのではないかと思います。
 そして、救われてないとどうなるか、というと、
「迷ってる」

「苦しい」
か、
「自分が自分じゃなくなるような気がしてる」
か、
「無理して笑ってる」

「生きることに意味が見出せなくなってる」

「弱いものに振るわれた暴力を否認する」

「だます」および「だまされる」

「自ら病む方向に行ってしまう」





なんじゃないかと思います
(もっとありそうな気がするけどとりあえず今思いついたことだけ)


もうずっと昔、学校でいじめを受けていて自殺した少年の事件が報道されたことがありました。
その少年が残した遺書には
「このままじゃ、生き地獄(原文はカタカナ)になっちゃうよ」と書かれていたそうです。
彼は、救われたくて、死を選んでしまった(なんてひどいんだろう。。)
救われた、という感覚が持てないと、そういうことまで起こってしまう、
たいへんなことなんだと思う。


では、小説のテーマにするほど「救われたい」と思っていた私が、
今は「救われたかも(完璧ではないのかもしれないけど)」と思っていて、
今と、当時との違いはなんだろう?と 言語化してみると、それは

「わたしの物語」
を発見できているから、
じゃないか
と思うのです。

続く。


面白かったら、下から
応援拍手や感想を送ってくださいね。
参考にさせていただきます。


2019年06月04日

お知らせ画面を更新したので

 このブログの最新記事の上部分に、「最新のお知らせ」をアップしておくことができる(記事じゃないので更新しても下に下がらない)スペースがあるのですが、ブログを再開したのをきっかけに、昨日このお知らせ欄も更新しました。その前に書いたのが2016年のことで、「もうじき寺子屋メルマガを終結します」というお知らせになっていた。そのあと実際に最終号を書くまで二年ぐらいかかってしまったけれど、とにかく実行できました。

 それと、ブログって本当に不思議で、どこに広告を出したわけでも、誰かが口コミしてくれたわけでもないのに、勢いが出てくるとパンの練り粉がふくらむように読者が増えます。ほんとに不思議。

ブログ用。のちほど解説します。

ユニークユーザー200超え、ページビュー1000超えはやる気になります。
ありがとうございます。

 なのでここでパン発酵のふくらみをとめないようにリズムよく更新…と思ったらあっというまに数日あいちゃった^^; でも気を取り直していってみましょう。

 トップの「最新のお知らせ」を直しただけだと、ブログの更新通知が出なくて更新したことが伝わらないので、今後のロービューティジャパンと石塚ともの活動をちょっと整理してお知らせしたいと思います。

 まず、「寺子屋」と「英語教室」は、しばらく募集ありません。ずっとない可能性も少なからず。
 英語教室は、私がもっとずっと年をとって、ほかにできることがなくなって、それでも仕事がしたい、もしくはする必要があると思ったら、やるかもしれません。
 人生の中で一度語学を教えたくて(自分がとても苦労したり遠回りをしたのでなるべく効率的な道を誰かにシェアしたかった)、その願望は一度果たしたので、もしもそういう巡り合わせがあったらやるかも〜と思います。

 今でもその気持ちはずっとあって、英語のメルマガがずっと放置になってしまいましたが、更新できたらいいなと思っています(すみません、しばらくお休み)
 あと私、最近、新たな語学学習の方法を発見しちゃったんです(またかい! ^^;)すごく安上がりでみるみる楽しくて上達して、興味がそれることがなくて、むしろ夢中になってとまらなくなってしまう、というすごい方法(ほんとかい!)。これ、もう少し自分で試して、うまくいったらぜひコンテンツ化したいと思っています。

 今、自分の活動で中心にもってきたいのは、
・このブログをどんどんアクティブにすること
・有料記事を発信すること
・紙の本のネタがだいたい集まったので、次は構想をきちんとたてること

です。

あと



『ローフード・フォー・ビジー・ピープル』は
まだ売ってます。
その後もたくさんの本が出て来て、写真入りの本もたくさんあるけど、
生活に取り入れやすく作ってあります。
「ローフードに興味が出たら手に取ってみる」
基礎本みたいになれたらなと思ってます。
どうぞよろしくお願いします。

今日は久しぶりにホテルにてひとりパワーブレックファスト。ゆっくり自分作戦会議ができるだけでなく、しっかりいただけて夕方までお腹すかないのでほんと集中できるのです。


多忙につき連日のホテル朝食です。毎回変わり映えしないはずなのですが(完全に同じものとってる)ホテル朝食のせるとなぜかいいねがいっぱいつきます。ちなみに自宅からここまでの移動手段はシェアサイクルです。



すごく忙しくなると、ホテルに朝食食べに行きます。
「瓶ではなくフレッシュのオレンジジュース」
「豊富なフレッシュフルーツ」
「お湯だけで作ったオートミール」
「ノンカフェインのティー」
「宿泊してなくても予約なしで入れる」
この5つを満たすホテルとなると、都内で3箇所しか知らない。
そのうち1つはビジター客は週末は入れない(混むから)
お値段はるので、毎日行けるところではありません。
が、
「wi-fi強力」
「大きなテーブル」
「ゆっくりいて大丈夫(混んでるときは譲りますが座席数が多いのでたいてい大丈夫)」
「たっぷり食べられて、夕方までお腹すかない」
「これだけの品数を作って用意してくれて、食べたら片付けてくれるって素晴らしい!」
ため、
一気に仕事に集中したいときは強力な味方として利用させてもらいます。

このカフェは? 詳しくはブログにて。


前回のブログで、「こういうカフェを紹介するのはためらう」って書いちゃったけど、自他境界線があまいというのか、よーするにシェアしたがりというか。嘘。そんないい人ではない。毎日入り浸るわけではないからシェアしてもいいかな〜と思ってシェア。
・家から徒歩圏
・すいてる
・清潔(喫煙はテラス席のみ可)
・電源豊富
・テーブル大きい
・wi-fi が強力
・店員さんが感じいい
・夜遅くまで営業
・ノンカフェインの飲み物メニューが充実で、
・その飲み物がポット・サービスで出てくる
カフェ。
禁煙じゃなくても(分煙されてれば)アルコールが出て来てもそれはかまわないのです。
お客さんはいろいろな人がいたほうが楽しいから。


面白かったら、下から
応援拍手や感想を送ってくださいね。
参考にさせていただきます。










posted by 石塚とも at 18:15| 出版・イベント他お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月31日

収納のない部屋

 前回、5月16日に、さあ再始動!とばかりに長文ブログを投稿したが、いまいち反応が寂しかった^^;
(FBの「いいね」があまりつかなかったということ)
 それで、最後にいつ見たのか思い出せないほど久しぶりに(というか初めてかも)このseesaaブログのアクセス解析を見てみましたら、

ブログ用。のちほど解説します。


ブログ用。のちほど解説します。


 へー。ほー。毎日ユニークユーザーだけでも100人、ページビューにいたっては、500も600もあるんですね、コンスタントに。
 今は紙の商業出版経験がない方でも読みでのあるブログを書いていると毎日20万とか30万とかページビューがあるそうなので、こんな数字は「へのかっぱ」という言葉がぴったりそうですけど、私がウェブでものを書き始めたころ(2000年ごろ)というのはは、1日100の訪問者というのは立派な「人気ウェブサイト(ブログはまだなかった)」でした。
 そして今でも、それぐらいの方が見てくれるというのは、書き手のモチベーションを維持するにはじゅうぶんな数字です。100人も見てくれてるなら、励みになります。
 想像するに、その読者の過半数が、偶然ふらりと訪問した方とか、初めて読まれる方ではないかな。初めまして、ありがとうございます。よかったらこれからも見てください。

 突然ですけど、江戸時代から明治時代になったときに、どうやって「円」という通貨を導入したかご存知ですか。
 それは単純に「一両=1円」で計算したんですよね。当時は一円って一両の値打ちがあったわけ。
 今では一円というのはそれではほとんど何も買えないぐらい値打ちが下がってしまったように、ネットユーザーの数が増えるにつけ、ひとりあたりがもつユーザーとしての値打ちがたいしたことがないようになってしまって、1日の訪問者がが100人のブログというのは20年前とくらべたら価値が50分の1ぐらいになってしまって、つまり、当時なら読者が2人、ぐらいの意味しか持たないのかもしれない。
 でも、そのおかげで、のんびりやっていけるなあとも思う。ネットユーザーが増えたおかげで、一つの記事がひとたび拡散されてしまうとその影響は20年前と比べて逆に50倍になってしまったということだ。
 ある人がお気に入りのレストランを紹介したとしても、それが店の知名度に大きな影響を与えるということはほとんどなかった20年前に比べ、今は、そのレストランが紹介した自分が予約がとれなくなるほど人気店になってしまう可能性がつねにあるのだ。
 うちのブログの訪問者は100人だもんね、のんびりしていていいよね、なんて思っていても、ふとしたきっかけで、いつ爆発的に拡散してしまうかわからない世の中。
 「家から徒歩10分以内で、すいてて、清潔で、電源が豊富で、テーブルが大きくて、wi-fi が強力で、店員さんが感じよくて、夜遅くまで営業していて、ノンカフェインの飲み物メニューが充実で、その飲み物がポット・サービスで出てくるカフェ」の記事なんて、紹介するのは非常にためらう。その場を「共有=シェア」する楽しみには、慎重になる。

 その中で情報発信って、どういうふうにやっていこうかなあ、と、いろいろ考えながら少しずつ試行錯誤して、とりあえず無料ブログとインスタグラムへの写真投稿から始めていこう、と思っています。「とりあえず無料」ということは、「近いうちに有料コンテンツも配信をもくろんでる」ということですね^^;
 その有料も、いろいろ新しい試みを考えています。まずはそのスタート地点にたどりつけるように、一歩、一歩。

 さて、わたしの「住生活」のはなし。
 ] 
 昨年(2018年)4月にフランスの長期ビザ(正式名は長期滞在許可証)を取得しパリに渡航、したのですが、長期で腰を据えることはなかなか大変で、2018 年後半は日本にいるほうが結局長くなってしまいました。そういうわけで渡航前に賃貸していたアパートは解約してしまったし、将来海外滞在にするにしても、日本の拠点は逆に必要となってくる…ということで、以前から「ここに住みたい」と思っていた集合住宅にちょうどいい出物があって、そこに拠点を据えました。2018年は、春先にアパートを解約して荷物置き場に荷物を移動して(長年手入れされてなかったワンルームマンションで、家賃無料だったけどそこにいるのは大変だった)、後半に新たな拠点を探して契約してリフォームして家具を整えて...という、「住まいづくり」を計3回やったことになります。
 新しい拠点は静かさ(うれしい想定外の二重ガラス)やセキュリティ(館内防犯カメラだらけ、夜中も警備員巡回がある)など、自分におあつらえ向きの点はいくつもあるのですが、このお部屋、狭い。それでじゅうぶんだと見込んで決めたとはいえ、自分が住んだ中でも新記録に挑戦の15.5平米。
 そして、収納がまったくなく、一から作らないといけない。

 「狭い」というのは、予想通り大丈夫だった。私が学校を出て一人暮らしを始めたばかりのころは、紙の本をたくさん持っていたから、そのスペースが必要だった。パソコンもラップトップはなかった。
 でも今、蔵書はとても少ないし、ノートPCで仕事はできるし、データはデジタル化されてるし、そしてIKEA(イケア)の家具は狭い場所でも使いやすい収納のプランを提供してくれる。
 いちばん狭いのにものがきれいに収まるのは、部屋にもともとついている収納にものを納めようとするのではなくて、自分の持っているものやそれを使うタイミングに合わせて収納をデザインすることができたから。

思い切って入れた収納。揃えると綺麗ですね。ikea のtrones (トローネス)。解説はブログで。


これが部屋の入口から居室に向かう壁にそって、IKEA のTRONES(トローネス)という靴収納ボックスを8つ並べました。2つ入りなので4セット購入した。
ここに、靴はもちろん、掃除用品、食料品(じゃがいも、たまねぎ、ジュース用オレンジ)、バッグのスペア、メガネ(私は近視、老眼、サングラス合わせてメガネを7つぐらい持ってる)、ネイルケアセット、予備のタオルなんかを入れている。
今まで置き場が決まらなくて困ってたものが、すっきり収まる。出すのも入れ替えるのも簡単。

イケア IKEA トローネスtribes の中身。バッグ・コレクター。
イケア トローネスの中身。バッグコレクター。パリの BHV で 買ったバッグを大事に入れてる。


ときどき書いてますが、私はすごいバッグ・コレクターです。移動の時にも、
スーツケースの中に何個もバッグを入れていく。
バッグは移動のためだけでなく、ものを分類するときにも役立つから。
マトリョーシカのお人形のように、いつも移動するバッグの中にもバッグインバッグ、サブバッグ、エコバッグ、計4つぐらい入っています。

いつも使うバッグは、長くても2週間ぐらいで休ませるようにしている。
バッグは靴と同じで、連続して使わず休ませた方が長持ちする。
そのため、格納されたバッグが、ここで出番を待っているのです。

編み物実験中。編みかけはプロジェクトごとに100円ショップで買った保冷バッグに入れている。そのために買ったわけではないのだが大きさ的になかなかよかった。


バッグ・コレクションの中にはこんなのもあります。100円ショップのCAN DOとかダイソーで買った
保冷(温)バッグ。
これ、今は編み物を案件ごとに入れている。
私は、一つを集中して編むことができないので
(あれもこれもと実験したくなるから)
やりかけの作品ごとに分類しておくのに、
この保冷(温)バッグは、「間口が広い」「軽い」「自分でバッグが立つ」などが
条件にうってつけ。

靴下編み実験中。2017年に初めてしまった恐ろしいプロジェクト。恐ろしくて放置していたが出してきた。


靴下編みいろいろ実験中。上のシェトランドウールは祖父母の家を片付けたら高校生のときに編んだセーターの残り毛糸が出てきた。好きな色や手触りが変わってないので驚いた。



靴下編みを再開した、と、前回書いたけど、2016年に始めて何回か失敗を重ねたあと、
これならずっと使える、使いたくなる、というイメージができてきたので、
実験している。

汚いので初めてフィルターかけてみました。解説はブログで。


実は最初に編んだシリーズのうち、最後の1足のかかとがもうぼろぼろに朽ち果ててしまい、
この靴下は麻100%で最高に気持ちがいいのだが、破れすぎて洗濯することもできない
(もっとほつれてしまう)。
いろいろなものを買って生きている私だけど、
靴下だけは大草原の小さな家なみに自給自足で、針を動かす日々なのだ。

面白かったら、下から
応援拍手や感想を送ってくださいね。
参考にさせていただきます。


 
posted by 石塚とも at 23:51| Raw Life! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする