無料ダウンロードe-book

無料ダウンロードできるe-bookはこちらから

高速ブレンダー、ジューサーを特価でご紹介

読者特価のブレンダー・ジューサーとRBJ推薦のお買い物

ローフード・フォー・ビジー・ピープル

石塚ともの出版物はこちらから

お知らせ(2019/11/06)updated!
有料記事の配信を始めました。


寺子屋メルマガ(配信終了)バックナンバーはこちらから読めます。
英語メルマガ(更新できてないけど) 登録はこちら バックナンバーはこちら
英語学習ドリルのダウンロードページがサービスを終了してしまったので、ただいまDLできません! 引越し先探し中。


英語・寺子屋の新規生徒様募集は当面しませんが、「以前どんなことをしていたのか?」読みたい方はこちらからどうぞ。
寺子屋・受講生様の声
英語教室・受講生様の声

2019年08月31日

『それが「数奇な人生」と呼べる日まで』(あなわた11 いちおう最終回)

『それが「数奇な人生」と呼べる日まで』


《あなたが何より救われるのは、「あなた自身の物語」を見つけること。
そしてそのために私がお手伝いできるのは、「わたし自身の物語」を語ること》
略して、「あなわた」

その1 こちら
その2 こちら
その3 『サピエンスと物語と健康』 こちら
その4 『物語にのっとられて生命を落とした人々』 こちら 
その5 『「救われない物語」を求めてしまう人の心理』 こちら 
その6 『「物語を語る力」のインストール』 こちら http://rawbeauty.seesaa.net/article/469121702.html?1566627459
その7 『物語は代謝する』  こちら 
その8 『ミディアム・レアな物語』 こちら
その9 『産地直送・数量限定の物語』 こちら
その10 『英語メルマガも再開します』  こちら 


恒例、結論のおさらい、「自分の物語を発見し、語ることで、人は救われる」。

一応、最終回です。次回からほんとに有料コンテンツを配信しようと思います。超ドキドキ。ドキドキしすぎて、始めるのを1日に伸ばしにしてきた感もあります。さあ、前に進もう(って書いてまただドキドキしてきた)。

私はコンテンツで「私の物語」を書いていこうと思うんですけど、それは、私の救済のためでもあるんですけど、それを読んだ人が、その人自身の物語を発見できること、を目標としています。

ということは、読む人にしてほしいことは、読むだけでもいいのですが、読みながら、「自分の場合は?」と問いかけてほしい、ということです。

そこから、読む人が「自分の物語を発見する」という作業が始まっていくわけですが。

そして、各人が発見した物語がいつか変わっていく、というところまで感じてもらえたら、物語を発見し続けることは、本当に楽しい作業になるのでは。
それは、「冒険」と呼べるものだから。


私たちにはそれぞれ私たちの人生があって、それをときどき「凡庸」とかいう言葉で表現してしまいたくなるけれど、掘り下げていくと、すごいドラマが待ってるもんで。

「あなたの人生はあなたが主役」とか「それぞれの人生が個性的」とか言う言葉を聞いたことがあるだろうけど、そうではないのだということを、自分で再発見するためのワークだということができるでしょう。

「数奇な人生」というのは、目をひく出来事があるかどうかではなくて、その人の人生に起こったことを自分で認めたり、味わったり、再評価することで生まれてくるのではないかと思います。刺激の方を大きくするのではなく、感性の方を大きくする、というか。

そのときに、その人の自分の人生に対する満足感は大きくなり、「癒し」とか「デトックス」というのは、気が付いたら自然と完了しているかと思われます。(まあそれらも繰り返して行われるものではあるのですが)。

では、次回から、配信していきたいと思います。

(「あなわた」のための前書きはこれで終了、適宜修正可能性あり)

面白かったら、下から
応援拍手や感想を送ってくださいね。
参考にさせていただきます。

posted by 石塚とも at 02:38| Raw Life! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月28日

今日のブログはちょっとお休み(長文書きすぎて疲れた)映画『フッド: ザ・ビギニング』

 長文を書くのは私には肉体的にとても疲れるんです。一度書き始めると、「あ、あのこと、書き洩らさないように!」とか思いながら書いていて、トイレに立ったら、ちょっと首を振ったらもう忘れちゃうような気がして、気が付くと4時間ぐらいみじんも動かないからです。「1時間に1回ぐらい体動かしてね〜」と言われても、書き出したら終わるまで動けないのです。今回の連続投稿は、先日飛行機の長距離フライト中に5本一気にドラフトして、今回一晩に1本ずつ細部を直して投稿していたのですが、今日、定期歯科検診に行ったら長年のお知り合いの受付の人に「お疲れですか〜」と言われてしまった…。
 いつもはほとんど湯船につかる時間をとらないのですが、昨日、今日は虎の子のクレイドを入れた湯船につかって、ほぐれッチ もしっかりしました。
 二つやったら復活したので、机を出して、この投稿をしています。
 投稿するのは、楽しいです^^

  今日、10月18日公開の、イングランドの伝説の盗賊、『フッド: ザ・ビギニング』を見てきました。主演は今週『ロケットマン』(こちらは見ていないのだ…)が公開されたばかりのタロン・エガートン(『ロケットマン』とは全然違う、俳優ってすごい)、新解釈のリトル・ジョン役にジェイミー・フォックス、製作がレオナルド・ディカプリオです。

「なんで、今『ロビンフッド』なんだろう? なんでディカプリオ製作なんだろう?」って興味を惹かれて見に行ったら、「今」を感じさせる解釈が随所にありました。人はなぜ戦争に駆り立てられるのか? そして人はなぜ税金を払うのか?? 



この予告ではちょっとしかそのあたりには触れていませんが。

 11月以降の公開だったらぜひとりあげたかったのですが(私の次回担当記事が11月以降なので)、残念だけど間に合わないのでちょっと紹介します。
 もし解説書けたらまたコンテンツ配信します。

 今日はこれでおしまいです。

  ではまた。
posted by 石塚とも at 23:48| Raw Life! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『英語メルマガも再開します』 (あなわた・10)

『英語メルマガも再開します』


《あなたが何より救われるのは、「あなた自身の物語」を見つけること。
そしてそのために私がお手伝いできるのは、「わたし自身の物語」を語ること》
略して、「あなわた」

(これまでの投稿)
その1 こちら
その2 こちら
その3 『サピエンスと物語と健康』 こちら
その4 『物語にのっとられて生命を落とした人々』 こちら 
その5 『「救われない物語」を求めてしまう人の心理』 こちら 
その6 『「物語を語る力」のインストール』 こちら http://rawbeauty.seesaa.net/article/469121702.html?1566627459
その7 『物語は代謝する』  こちら 
その8 『ミディアム・レアな物語』 こちら
その9 『産地直送・数量限定の物語』 こちら
  

恒例、結論のおさらい、「自分の物語を発見し、語ることで、人は救われる」。

この「あなわた」の前振りは10で終わりにしようと思っていたのですが、近況報告を兼ねて、「私の物語」ではないことを書こうと思います。

それは、「英語メルマガも再開します」ということ(宣言)。

英語メルマガは、たいして英語が話せるわけでもない(というより、話せるんだけど聞けない)私が、それでも長年の学習歴の中で自分がブレイクスルーしたポイントを織り込んで、みなさんに学んでいただいたポイントをまとめたいと思って始めました。

なので、これは、自分のメソッドの集大成になるので、形にしたいと思っていました。

ただ、無料ドリルを置いていたダウンロードサイトが業務終了してしまったり、そのドリルを作り出すと細かいことを言い出してキリがなくなってしまったり…と、想定外(見積もりが甘かった、というべきか)に話が前に進まなくなってしまいました。

そのため、ドリル配信はやめて、でも、英語学習のために役立つ内容を配信していきたいと思っています。

こちらは、「私の物語」ではないので、ロックもかけないです。

間違いや改善点が指摘されたり自分で気がつく可能性って高いと思うのですが、それによってコンテンツがより充実されたものとなり、公共の財産になると思いますので、少しつずつ続けていきたいと思います。

それとね、毎日ブログ更新していて思うんですけど、書くことが楽しいのですよ。私の中には、書きたいことがいっぱい。
だから、少しずつでも、書きたいことは全部アウトプットしていきたいと思いました。


どうぞよろしくお願いいたします。

続く


面白かったら、下から
応援拍手や感想を送ってくださいね。
参考にさせていただきます。