無料ダウンロードe-book

無料ダウンロードできるe-bookはこちらから

高速ブレンダー、ジューサーを特価でご紹介

読者特価のブレンダー・ジューサーとRBJ推薦のお買い物

ローフード・フォー・ビジー・ピープル

石塚ともの出版物はこちらから

お知らせ(2016/11/05)
長いことお楽しみいただきました「寺子屋メルマガ」は、だいたいのコンテンツをお伝えしたと思い、近いうちにひとまず終了したいと考えています(あと10本ぐらい発行します)。
終了後は無料で学習できる英語メルマガを集中して発行していきたいと思っていますので楽しみにお待ちください。
英語メルマガの登録はこちらから。

英語・寺子屋の新規生徒様募集は現在しておりません。 英語は無料メルマガでぜひお勉強ください。

下記をご参考にお願いします。
寺子屋・受講生様の声
英語教室・受講生様の声

2018年04月07日

『私は絶対許さない』って思い続けるだけでも、負荷が大きいこと、それでも生きる力になれること

本日(2018/4/7)から公開の映画、『私は絶対許さない』。



15歳の元日に近所の若者たちから拉致、集団暴行を受け、心身ともに死ぬ寸前まで打ちのめされた傷と、それをまったくケアしてもらえないばかりかここでも心身ともに痛めつけてくる家族からの傷。2つのダメージと戦いながら生きてゆく実在の女性の手記を映像化した作品。

厳しい現実が妥協なく描かれれている以上、映像もときにはショッキングになるのですが、それが興味本位にならず、被害者が受けている傷みの深さが観客に伝わるように構成された映像が素晴らしいのです。ハリウッドはじめ、外国映画でもそういうふうに思えた作品を見たことありません。ぜひ海外にもどんどん輸出されてほしいです。
監督は精神科でもある和田秀樹氏で、私、彼の著書を学習法の本を1冊読んだぐらいで、映画も見ていなくて今まで縁が遠い方だったのですが、大変感服いたしました。拍手パチパチです。

それと、俳優さんたちがみなさん非常にいい仕事しており、この主人公・雪村葉子が生きる世界を作り出すことに「貢献している」と感じました。とくに娘をいじめぬく母親役の美保純と、クラスで残酷な言葉を放ついじめ役の立山咲里がよかった(悪役はこの映画の成功のカギです。憎々しいほど熱演されたお二方をはじめ皆様、お疲れ様でした)。

何をどう選択してもそこに影響を及ぼしてしまう人生の傷。それは彼女にさらなるダメージを与え続け、しかし同時に生きる力になっていく。このふたつの絡み合いをときほぐしていく作業を、「癒やし」と呼ぶのだと思います。

posted by 石塚とも at 21:33| 映画がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月05日

補助科目(ほじょかもく)

「補助科目」って書いたら読める簡単な単語だと思うけど、ふだん使わない単語なのでルビをふってみた。「ほじょかもく」「ほじょかもく」。
 読めるかどうかは、この言葉が身近かどうかだろう。あなたの暮らしに「補助科目」は親しみのある単語だろうか?

ここ三年お願いしていた税理士の先生と、来年は契約継続しないことを決めたので、後任の先生を探し始めたのが先月のこと。

紹介(友人)、紹介(業者)、家の近くを検索して飛び込み、と、方法を変えて何人かお見合いしたあとのこと。
最後の先生に、「あの〜、こういう方法で帳簿をつけてるんですけど、細かい点になるとやり方がわからなくって……」と、自分の会計ソフトのページを開いてみせたところ、その先生、

「ええ〜、補助科目まで使って管理してるんですか。そこまで自分でやってる人、個人事業主で見たことありません」

ええっ、そういうものなんですかっ?!
こっちが驚きました。50を過ぎても、人生、驚くことはまだまだ多い。

だって、預金通帳の入出金、口座ごとに補助科目建てないなんてありえないでしょ。未払金(みばらいきん=クレジットカードの支払い)だって、カードごとに補助科目建てなかったら、支払額が大混乱しちゃうでしょ?? 本の売上だってお教室の売上だって補助科目ごとに集計するから何がどれだけ売れたか一目瞭然でわかるんじゃないですか? お洋服だって、仕事で着ていくやつと普段着るやつは分けた方がいいですよね? ね? ね?

…ということは言わずに黙っていたが、続けて私の帳面をざざっと見た先生は言った。
「これだけ細かくつけてるんだったら、税理士なしで一年申告してみたらいかがですか? 修正求められて税金払ったとしても、税理士報酬より安くつくと思いますけど。これじゃ、税理士に頼んだとしても、ご自分の仕事が減らないでしょう」。

そ、そのとおりだ。

今年一杯で今の税理士の先生を契約延長しなかっただけでなく、こちらも五年以上務めてくれた経理アシスタントさんが、資格をとって独立開業することになったのを機会に卒業された。その後は後任を求めず、2018年からは自分で全部つけようと決めた。
それを機会に、わからないところは徹底的に調べ上げて、ついに、美しく早く複式帳簿が作れる体制を作り上げた。

補助科目は、棚の中につける仕切りのようなもので、あなたの生活に仕切り板をつけ、きれいに並べてくれる役割を持つ。だから、使いこなすとお金の流れもスッキリ、生活もスッキリするわけだ。

なんでこんなに帳簿に燃えたかというと、お金の動きを可視化するのは、自分というものが見える、最強ツールだと思うからだ。
幸せで嬉しくてお金を使ったり、不安にかられてお金を使ったり、また逆もある。そこでしっかり踏みとどまったり、逆に思いきって出せばよかったシーンでそれができなかったり。自分がわからなくなったら、カード引く前にやってみても損はないと思う。少なくとも、自分のお金の流れがうやむやなのに、カードひいただけでは解決策は見えてこないんじゃないか。
レコーディングダイエットと同じ理屈だ。食べたものすべて記録したら自分が見える。お金には食べ物にまさるとも劣らないその効果がある。

人間って、もしかして、二種類に分かれるかも。生活に複式帳簿が入っている人と、入っていない人。
そして、起業したり、社長さんになったり、自分の人生がガチンコ勝負になってくると、不思議なことに、みんな帳簿が読めるようになっていく。どこで習ったわけでもないのに。現地の学校に入った子どもが、いつのまにか語学ができるようになっていくのと似てる。「帳簿」という言語で考え、しゃべるようになっていくのだと思う。
先日スカイハイで会った友人も、「毎月残高試算表を見てるとね……」とか、ごく普通に言っていた。えーあなた、そういうのまったく興味なく就職したよね、その会社。

会計ソフトを使いこなすコツで私が学んだのは、簿記する前に、下拵えをすること。この下ごしらえで、後の作業の効率と、可視化の透明さが決まってくる。
下拵は表計算ソフトで、見える化のキーは表計算ソフトの使いこなしだ。私はマックにオフィスを入れてないから、google スプレッドシートに全部入れている。google スプレッドシート、どの端末でも、スマホでも閲覧も入力もできる。google スプレッドシートで管理してるなら、スマホの家計簿ソフトはいらない。

もう一つtip。これは誰もが必要なことじゃないけど、2つ以上の通貨を使って生活しているなら、現金(小口現金も同じ)を通貨ごとに補助科目を立てる。これで、それぞれの通貨ごとに、残高がスッキリする。

画像はろうかと思ったけど、それこそ「私の中身」が見えちゃってはずかしいので、今日はテキストだけです。



posted by 石塚とも at 00:26| Raw Life! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月30日

黒いシンデレラ

『ブラックパンサー』のことを書きたい書かなきゃと思っていて、間に合わないかと思ったら、ロードショー館でもレイトショーならまだやってみるみたいなので、今日急いで記事にします。まだの人は見るべし!

アメコミに強くない私は、アベンジャーもジャスティス・リーグも見逃しており、かろうじて飛行機の中で『ワンダー・ウーマン』を見られたぐらいで最近のアメコミこれでもか攻撃にはついていけてなかったのでした。本作も試写で見てなかった。
それが、公開されたとたん、有名、無名を問わず、ツイッターやFBの私のタイムラインで話題にする人の多いこと多いこと。その多くはアフリカ系の人だったが、そうでない人もいた。そしてその誰もが、「これが私達の待ち望んでいた映画だ」ということを口にしていた。

そして、『ブラックパンサー』は、公開10日で全米興行収入が4億ドルを突破、公開4週目で『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』や私の大好きで名作のほまれ高い『ダークナイト』を抜き、本日現在で世界歴代興行収入12位の12億ドル超えをしている(1位は『アバター』)

さらに、CNNによると、「ツイッターでもっとも話題にされた映画」となった。私のTLがあっちもこっちもその話題になったのは偶然じゃなかったのだ。



この映画のヒットの要因は、『ドリーム』のヒットと同じです。今までこういうのを待っていた! マイノリティの人たちが、家族総出で見に行った。思わず言わずにはいられない口コミ効果も高かった。

オーストラリアで見られたらその熱狂感が感じられるかなと思ったんだけど時間がとれなくて、3月15日に六本木ヒルズに見に行きました。
(平日の昼間だったのでガラガラで、その熱狂は残念ながら全然感じられなかった)。

いやはや常識を覆す映画だって、私も本当に感服しちゃったんだけど、いや、常識をくつがえすんだけど当たり前、当たり前だけど常識やぶり。
つまり、「ヒーロー物においてはなんだかんだいっても主役は白人よね〜、多様性重視だからチームの中に肌の色が違う人も女性も入ってるけど」みたいなのが今までの常識。この映画はそうじゃない。全員アフリカ系。話が進んでも進んでもアフリカ系。そして、めちゃめちゃクール。ヴィヴァ・アフリカン・カルチャー。人物だけじゃなく舞台設定も衣装も。スタッフのこだわりがガチンコ感満載。

さらに、この作品のすごいところは、アフリカ系のフィーチャーというだけでなく、これも常識やぶりというか今までの常識が変だったというか、一騎当千のつわもの戦士軍団が女性だったり。そしてこれがかっこいいんだ、この映像が、「今まで見たことない、でもずっと見たかった」」の具現化なのです。

If you want to go quickly, go alone. If you want to go far, go together. - African Proverb #Oscars 2018.

Lupita Nyong'oさん(@lupitanyongo)がシェアした投稿 -


↑2018年のアカデミー賞授賞式で揃い踏みするブラックパンサーの主役お三方。真ん中が主人公ブラックパンサー/テイ・チャラ役のチャドウィック・ボーズマン、左が元恋人で今は各国でスパイを努めているナキア役のルピタ・ニョンゴ、そして右側が、左のロマンスの相手よりもずっと映画にしょっちゅう出てきてさらにときには主役より存在感ある女戦士・オコエ役のダナエ・グリラ。この人がかっこいいの!

この3ショットは2018年の授賞式で撮られたものですが、『ブラックパンサー』は、なんと今から2019年の賞レースにからむだろうと予想されているのだ。しかも、そうプッシュしたのがクリストファー・ノーランなのである。こんなに早くから話題になる作品なんて、2001年から映画評論活動やってますが、聞いたことないです。そして、どうしてそれほど話題になるかもわかります。

そして、ルピタ・ニョンゴはほんとうにかわいい。

Chilling. #Oscars. Not really #tbt just yet. @lovegoldlive

Lupita Nyong'oさん(@lupitanyongo)がシェアした投稿 -



Glam for life! #FanArtFriday @guillermo_meraz. Thank you!

Lupita Nyong'oさん(@lupitanyongo)がシェアした投稿 -



2014年、『それでも夜は明ける』の女性奴隷役で彗星のように現れ、(1000人のオーディションを勝ち抜いて映画初出演)、演技を絶賛されアカデミー助演女優賞を受賞したときのルピタ。プラダがスペシャル製作したドレス。
そしてこれ、髪飾りとのコーディネートを見ると、ディズニー映画の『シンデレラ』へのオマージュだとわかるコーディネイトです。
ブラック・シンデレラ。

(今回のコーディネートをしかけたスタイリストミカエラ・アーランジャーとの2ショットをはじめ、さらにかわいいブラック・シンデレラ・コーディネートがこちらで見られます。写真は転載できないので)



日本語版の予告をのせようとして見たら、全然面白そうに見えなかった(涙)
たぶん、上で書いたような魅力はほとんどフィーチャーされてない、たんなるアメコミ映像になってたからだと思う。(Hidden Figure を『ドリーム 私達のアポロ計画』と訳してしまうようなロスト・イン・トランスレーションがここでも起こっている)
なので、英語のオリジナル版を御覧ください。
posted by 石塚とも at 22:17| 映画がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする