無料ダウンロードe-book

無料ダウンロードできるe-bookはこちらから

高速ブレンダー、ジューサーを特価でご紹介

読者特価のブレンダー・ジューサーとRBJ推薦のお買い物

ローフード・フォー・ビジー・ピープル

石塚ともの出版物はこちらから

お知らせ(2016/11/05)
長いことお楽しみいただきました「寺子屋メルマガ」は、だいたいのコンテンツをお伝えしたと思い、近いうちにひとまず終了したいと考えています(あと10本ぐらい発行します)。
終了後は無料で学習できる英語メルマガを集中して発行していきたいと思っていますので楽しみにお待ちください。
英語メルマガの登録はこちらから。

英語・寺子屋の新規生徒様募集は現在しておりません。 英語は無料メルマガでぜひお勉強ください。

下記をご参考にお願いします。
寺子屋・受講生様の声
英語教室・受講生様の声

2018年03月23日

私もヘアドネーションしました!

3月18日の土曜日にヘアドネーションしました。3年ぐらい伸ばしていました。
きっかけは、ナチュラル派に愛用者も多い森田要さん開発のヘナを使い始めたこと。
ヘアドネーションというのは、頭皮・頭髪に関するなんらかの病気で髪の毛を失い、ウィッグ(=かつら)を必要としている人たちにそれを届ける活動です。賛同するサロンで切ってもらうこともできますし、自分で切って送ることもできます(近くのサロンは下のリンクから検索できます)。
オーガナイザーのサイトはこちらですが、髪を切ってからかつらになるまでたくさんの工程を経るんですね。。。

723BD667-5DC4-41DE-903C-FCEB46ED436C.jpeg
IMG_7866.jpg

わー、長くて自分でもびっくり! 段がほとんど入ってないから、ボリュームもたっぷり。
量が多くていつも結んでたし、最近、お教室とかやらないから目撃者がいないです^^
しかも、つやつやなので二重にびっくりしました。

で、初めてヘナをしたときの写真を探してきました。
2015年の10月19日(金)だそうなので、3年がかりですが、
3度めのびっくり。

2015-10-09 15.53.20.jpg
2015-10-09 15.51.59.jpg
2015-10-09 15.53.29.jpg
2015-10-09 15.55.25.jpg

森田さんのサロンで初めてヘナとカットをしてもらったとき。
くせ毛+広がる毛なのがわかりますよねー。
森田さんのカットポリシーは「段入れない」「ブローしない(乾かすだけ)」なのです。
「髪が傷む」ということで。
でもそうすると、仕上がりも「もともとの髪質」が遠慮なくさらされちゃうんですよね。。。
お花がいっぱいのサロンで笑顔で写真を撮っていますが、
今だから書けますが、全然嬉しくありませんでした><

ただ、御大がおっしゃるには
「(髪に)少しくせがありますね〜。
ヘナを繰り返しているうちに矯正されてきますよ〜」
とのことで、
この言葉が頼みでした。

私がヘナを使い始めたのは、当然ながら白髪があるからで、
(遺伝なので、今後もどんどん増えると思います)。
いろいろ試してこのヘナを紹介されました。
それでしばらくは言われたとおりにしてみよう、と思って、この2015年の10月から
週に1度ヘナでトリートメントし、
(前の夜からペーストを作って髪に塗ってから60分かかるので
それなりに大変でした)
2016年と2017年の年初にちょっとトリムしただけでした。

そのうちに、面白いことに気が付きました。
私は「髪が多い」から、「髪は段を入れて、減らす」必要があると思っていたのですが、
段を入れずに髪を伸ばすと、逆に髪の重さで自然とまとまるようになる。
こっちのほうが手間がかからない(大事)と気がついてからは、
伸ばすのが楽しくなりました。
さらに、他のヘナも試してみたのですが、仕上がりがまったく違うので、
ますますこちらのヘナしか使えなくなりました。

で、どうせ伸ばすならヘアドネーションに挑戦してみるか!と早い段階で思いました。
ちょうど便利な場所に受け付けてくれるサロンがあり、
相談しながら、ここまで伸ばしてきました。

それで、最近見せに行ったら、
「もう十分切れます。切ったあと、ボブで残せます」
と言われたので、そうなったら早く切りたくなって
先週の土曜日に切りに行きました。
(最近はさすがに乾かすの大変でした)

IMG_7867.jpg
IMG_7876.jpg

よ〜く髪をとかした後、こんな感じでブロッキングします。

IMG_7877.jpg

そして、いよいよカット!

IMG_7878.jpg

ある程度ざくざく切ってしまいます。
髪の束を写真撮るの忘れました^^;
寄付する髪は処理するときに洗うからここでは洗わないみたいです。
切ってから残った髪をシャンプー。
シャンプーもラクシュミーのを持ち込みました(普段はマジックソープを使ってて、
これを使うのは特別なときだけです、高いので。。)

IMG_7879.jpg

で、上の2015年の写真と比べてほしいのですが……。
切っただけで、ここまでまとまってしまいます。
サロンで切ってもらってたときは、カットデザインの勝利かと思って
(2,3日前に相談に行ったので、スタイリストさんがあらかじめ考えておいてくれた)
ただ嬉しいだけだったのですが、
このブログの投稿のために過去の写真の髪質と比べて4度目のびっくり?
本当に全然変わっています。
いやー、信じたかいがありました。森田御大(カットやめちゃったけど^^;)
さすがカリスマです!

ヘアデザインは、wing の上岡さんが考えてくれました。
「段を入れないほうがまとまる」「将来も手をかけずにいきたい^^;」
という意見を伝えて、
今までの方針を継承しつつ、しかも動きもあるスタイルを考えてくれました!

IMG_7880.jpg
IMG_7881.jpg

完成〜。

先のほうだけちょっと動きを出してもらいましたが、
ほんと、
このカットもほとんど時間かかってないです。
ブローも、森田さん方式で、「ぶわ〜」ってしただけで
ほぼここまでまとまってしまいました。
「ブロー」じゃなくて「ぶわ〜」。(笑)

IMG_7888.jpg

サロンで撮ってもらうの忘れたので、
家でセルフィーしてみました^^

私は髪の量と広がる質のせいもありますが、
髪が顔にかかると、かゆくてかゆくて、
よけい髪を結んでいました。
それが、顔にかかっても平気になりました。
だから、こんな顔にかかるなんてヘアスタイルにできたのは
初めてです!

で、今後もしばらく放置します^^

IMG_7887.jpg
これからも、どうぞよろしくお願いします<__>

posted by 石塚とも at 21:50| Raw Life! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月14日

チェックアウト

2週間メルボルンに滞在して、今日の深夜便で日本に戻ります。
戻ったら、日本でしかできない仕事を山ほどします。
そして、また次に備えます。

……という生活をしていると、数ヶ月に一度、大幅な「チェックアウト」というものをすることになります。

滞在した先の宿泊を出てくるときも「チェックアウト」なのですが、
自分の家のドアをしめて、カギを閉めて、スーツケースを押して出ていくときも「チェックアウト」。
二週間以上家をあけるなら、冷蔵庫の中も空にしていく必要があるし、タオルなんかも全部洗濯して出ていかないと、とくに温かい季節は残念なことになります。
それから、ベッドリネンも替えておきたい(フライトから帰って、横になったベッドが寝心地悪かったらいやですよね)。宿泊先ならホストがやってくれますが、自分の家はハウスキーピングを頼まないかぎり自分でやる必要があります。

そんな感じで、いったん、自分のいる場所と、持っているものを「棚ざらえ」している。
これ、結構いいのですよ。身体にというか、心にというか、ライフにというか。

できたこと。できなかったこと。改善できること。する必要がないと判断すること。
そういうことが可視化するから。

で。
掃除し終わったところは、
IMG_1833.JPG
IMG_1834.JPG

ここまで仕上げるのだけど、
「今ままさにチェッキングアウトの途中」
というときは

IMG_1832.JPG

こういう状態になります。

こういう状態を「ダンプ」というらしいです。
「ダンプカー」の「ダンプ」。
「ぶちまける」という意味ですね。

「ブレインダンプ」という言葉があって、
新しい企画を立てるときに、
頭の中にあるものを一切合切紙の上に吐き出してみる作業だそうです。
そこからいいアイディアをみつけたり、精度を上げていく。

この言葉を聞いたから、「持ち物ダンプ」を思い切ってやるようになったかも。
全部ぶちまけて、見てなくちゃ!(言い訳?^^)

ダンプして、ぶちまけて、いらないものは捨てて、
いるものはきれいに並べて、後を濁さぬように出発して、
次に行く。

けっこうこの瞬間が好きかも。
また次の人生にいけるようで。

IMG_1835.JPG
今は最後の夕ご飯を食べるため、スーツケース2個持って待ち合わせ中。
こちらに来てもうコーヒーも飲まないのだけど、ココナツミルクでアイスカプチーノを作れるというので注文してみた(でもたくさんは飲めなかった^^;)
posted by 石塚とも at 15:29| Raw Life! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月12日

人生2回目のクレジットカード不正使用被害にあった

タイトルどおり、人生2回目のクレジットカード不正使用被害にあった。

1度目のときは、自分で気がつく前に、カード会社の人が気がついて連絡があってわかる、という感じだったので(「一応確認ですが、○月○日に大口のお買い物されてませんよね」と聞かれた)なんの不安もなく収束したのだが、今回は、昨日(3月11日)明細確認のためにログインしてみたら、身に覚えのない現金引出記録があるではないか。4日前の3月7日。それも1日4回も。。。
スクリーンショット 2018-03-11 09.22.55.png

そして合計で1,200ドルって!!

青くなりかかりましたが、この明細、落ち着いて見たら、おかしいところがいろいろある
まず、クレジットカードで現金を引出した場合、引出した端末の場所や銀行名が明細に上がってくるのですが、何も書いてない(サイバー犯罪だからないのだろう)
それから、クレジットカードで現金を引き出すというのは、一時的にカード会社からお金を借りることですから、通常、引出した瞬間、自動的に次回引落し日までの金利も明細に上がるのですが、それがない。
そして、この現金、米ドルで引き出されてる(私は今オーストラリアにいる)。

盗難デスクに電話してカードを止めたときには「海外で不正使用された場合調査に1ヶ月ぐらいかかります。カード再発行手数料も現状はお客様のご負担になります」と言われてうまくしゃべれないほど動揺してたのだが、担当者からの電話を待つ一晩のあいだに、「これは絶対に不正使用として処理してもらえるはずだ」と落ち着いた。
そして、翌日の月曜日に担当者から電話をもらって、そのときにはすでに「ハワイで不正使用されたようです。全額保険の対象になります。カード再発行手数料もこちらで負担します」と結果が出ていた。

これで、ちょっと「何事もなかったように処理する力」がついたかな? と思った。
動揺していたときは、誰かに泣きつきたかったけど、冷静に考えて、一晩待てたから。
1200ドルという金額は少なくないが、それ以外に、自分が「被害者としてターゲットにされた」という気持ちはダメージを与える。でもそれにも「たまたまであって私に落ち度があったわけじゃないし」と思えたから。

こういう犯罪に対して、防ぎようがあるかというと、ないのだと思う。
私は普段どおりに使っていただけだし、どうも今回の犯罪、私がどうかされたんじゃなくて、カード会社のデータにアクセスされたのだと思われる(任意に選ばれた私の番号が不正使用の対象になってしまった)。
それでも、気をつけましょ。

IMG_1797.JPG
IMG_1799.JPG
IMG_1800.JPG

先程テレビのニュース番組をつけたら(BBCワールド)、これほど日本のことをニュースで長く見るのは初めてだったので驚いた。
東京の特派員が出てきて、日本で報道されている内容に加えて、小学校の名前の意味まで説明していた。


posted by 石塚とも at 23:00| Raw Life! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする