無料ダウンロードe-book
高速ブレンダー、ジューサーを特価でご紹介
ローフード・フォー・ビジー・ピープル
お知らせ(2023/02/09)updated!
書店様各位 読者様より『ローフード・フォー・ビジー・ピープル』のお問い合わせがあった書店様、1冊から卸売いたします。送料は当方もち、振込手数料はご負担いただきますが、各銀行に口座があります。お問い合わせ用メールフォームはこちら


メルマガ『ロービューティジャパンの野菜くだもの通信(「ロービューティ寺子屋改題」)の配信を開始しました。登録ページはこちら

有料記事「あなわたシリーズ」配信中です。


寺子屋メルマガ(配信終了)バックナンバーはこちらから読めます。
英語メルマガ(更新できてないけど) 登録はこちら バックナンバーはこちら
英語学習ドリルのダウンロードページがサービスを終了してしまったので、ただいまDLできません! 引越し先探し中。


英語・寺子屋の新規生徒様募集は当面しませんが、「以前どんなことをしていたのか?」読みたい方はこちらからどうぞ。
寺子屋・受講生様の声
英語教室・受講生様の声

2009年01月12日

ナチュラルハウス青山店でも平積みになりました!

 ナチュラルハウスといえば、1982年創業の、日本の自然食料品店の草分けですが、そちらの青山店でも拙著『ローフード 私をキレイにした不思議な食べもの』を扱っていただけることになりました。
 ナチュラルハウスにはたーくさん、自然農業、エコ、スピリチュアル関係の本がありますが、平積みされるのはごくわずか。その中に入れていただけたのは、長年のナチュラルハウスさんとグスコー出版さんのお付き合いのたまものです。ありがとうございます。

nh1  nh2  nh3
↑3枚目の写真では、拙著のプロデューサー、きくちゆみさんが訳した「現代社会のスピリチュアルな真相」も正面置きになっていまいした!

 ところで、『ローフード』のカバーを考えるときに、「グリーンとかオレンジとか『野菜』を表すものはもう使い古されているから思い切って内面を表す色〜ピンク〜でいこう」と、デザイナーとさんざん悩んで決断にいたったのですが、けっこう目立ちますね。
 日本ではピンクは赤ちゃんの色、女性の色ですが、欧米では「健康」の色です。生命力と健康のイメージが伝わるといいです。

 ナチュラルハウスの店員さんとお話したところでは、昨年の秋あたりから、ローフードの情報を求めていらっしゃる方がとみに増えたそうです。また、店員さんのなかにもローフーディストがいるそうです。
 「改革」が行われるときは少しずつですが、「革命」が起こるときは一瞬です。打ち合わせなんかしないのに、みんなが同じ方向を見始めたらそれは革命の始まりです。2009年は、そんな年になるかもしれません。

 「ローフード・ブログ」という地味な(いやもはやそうでもないのかな)内容にもかかわらず、ブログ村(登録サイト25万3000)のうち、100位の前半につけています。本当にみなさまの力はすごいです。ありがとうございます。
 どうぞ読み終わりましたらクリックして、情報を押し上げてください。また、たくさんのロー情報の中から、ご自分にあったものを取捨選択してみてください。

ブログ村 ローフード
ブログ村 菜食・ベジタリアン
posted by 石塚とも at 16:59| Comment(13) | 出版・イベント他お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ!!
私は、今ナチュラルハウス青山で働いていますが石ともさんの本があってびっくりしました。
最近お店でもローに興味がある方にお会いします。
これからもっとローが広まっていくと嬉しいですね。。
Posted by r at 2009年01月12日 17:24
Posted by r at 2009年01月12日 17:26
昨日、ナチュラルハウス青山で有機野菜買いました!
本コーナーの方も見れば良かったです。
店員さんに質問したいことはナッツでローストと書いてなくて「ドライフルーツ」と書いてあるのはローと思っていいのかです。昨日はナッツを買わなかったので質問しませんでした。今度はしてみます。

本のカバー、いいピンク色だと思いました。私はスペースクリアリングの延長でこちらの本を知ったので、露骨に食べ物の色で無い方が健康義務感を連想せずに済んだと思います。オレンジだと食欲を連想してしまいます。
Posted by スムージー at 2009年01月12日 19:17
しつこいようですが、
卓越のセンス〜!!とおそれいりました!(宮の森☆で生まれたカバーの色)

宮の森、好きです。
Posted by *Jewels* at 2009年01月12日 20:26
>rさん、

ナチュラルハウスの方が見てくださっているなんて、
うれしいです^^ ありがとうございます。
貴店でもロー・コンシャスな方が少しずつ増えているんですね。
どんどんお客さんが増えて、ローな商品も増えてくれるとうれしいです。

>スムージーさん、
ナチュラルハウスは扱う点数が非常に多いので、
ローの品揃えはこれからといったところです。
ララバーも欲しかったんですけど扱いがないということでした><
ナッツは今のところみなローストみたいなので、
ローが入ってくれればいうことなしですね。
(青果はおいしいものがいっぱいあるので)

>Jewels*さん、

宮の森の人、喜ぶと思いますよー。
見てる? >宮の森の人(笑)(今宣伝ハガキ制作中)
Posted by 石とも@管理人 at 2009年01月12日 22:15
>石ともさん、
 ナッツのこと教えてくれてありがとうございます。
 今TV見てるのですが、スマスマの料理コーナーでローフードをリクエストしてくれる芸能人居ればいいのになぁと思いました。
 またはリクエストの料理をローでソックリに作ってくれるとか・・・45℃くらいまでなら温かくてもOKなんですよね?
 あと、そういえばディハイドレーターの代わりに電子レンジの「発酵」ボタンの40℃で何かできるといいなと思いました。今度やってみます。
Posted by at 2009年01月12日 22:57
こんにちは。
「ローフード」探して
こちらの地方の紀伊国屋さんで聞いてみましたが
入っていませんでした。
目的の本を探しながらの書店めぐりも楽しいものです。

さりげなくディスプレイされているピンクの表紙を見つけた時の喜びを味わいたいので(「あったーー!」みたいな。)
焦らず探してみるつもりです。



Posted by こもも at 2009年01月13日 22:23
>こももさん、

書店に「健康食」のコーナーがあると
置いてもらうのが簡単なんですけど
(目玉だから)そういうコーナーがないと
難しいみたいです。
書店の方に「この本ありますか?」って
聞いてくださると書店の方が「なんだそれは?」tって
思ってくれるので、あちこち楽しく回ってみてください。
ありがとうございます。
Posted by 石とも@管理人 at 2009年01月14日 12:38
わたしは青果担当のスタッフですが、ナッツについての情報です。
ナッツの中でくるみだけはローストではないです。乾燥させるときの温度も48度以下です。
これは業者に確認済みなので大丈夫です。

ドライフルーツですが、ノヴァのものは基本的に48度以下の乾燥または天日乾燥ですが、プルーンは48度を越えています。
参考にして下さい。。。
Posted by r at 2009年01月19日 15:08
rさん、

正確な情報ありがとうございます!

お店で「これはローですか?」と聞いてもお店の人も
わかっていない(ないしは、なぜローに
こだわるかわかってない^^;)
場合もあるので、お店の方からの情報は
強力ですね!
今週の木曜日に、フィロソフィー・ナイトの材料を仕入れに行くつもりです!
Posted by 石とも@管理人 at 2009年01月19日 19:00
ナチュハイコミュで拝見したときに、この柔らかい色合い(一番好きな色)に惹かれ、現在に至ります。
欧米では『健康』の色なのですね。
ハートチャクラの色ですし、ローフードだけでなく、そこに同時に在る温かい愛と歓びも伝わりますね。
ホント並べると存在感すごいです〜♪
Posted by 静歌 at 2009年01月24日 13:41
こんにちわ。
京都のジュンク堂にも10冊くらい並んでました!
すごいですね〜きてますね〜
もう一冊買おうかと思ってしまいました^^

「50代からの超健康革命」を買おうと思っていたのですがなかったので「フィットフォーライフ」を買いました。もう一度初心にかえって勉強します。ナチュハイもいいですよね。
Posted by きわこ at 2009年01月27日 14:50
>静歌さん(亀レスごめんなさい)

カバーを気に入ってくださってありがとう
ございます。
デザイナーさんもほんと、喜ぶと思います^^

ハートチャクラの色かあ〜
意識したことなかったけど、
最近、ハート・コンシャスになってきたかな?
(昔は結構ハートレスなやつだった)

>きわこさん、

おお〜〜 そうですか、情報ありがとうございます^^
たぶん、ジュンク堂、ナチュラルハウスは常時在庫にしてもらえると思います。
(東京店は何度もなくなっては補充されてる)
「いつもある店」があるのは
ありがたいですね。
Posted by 石とも@管理人 at 2009年01月27日 18:11
test
RBJブックストア 現在のオススメ本と文具ベスト6

→もっと見たい方はこちら

(2022/12/16更新)

『人生が変わる血糖値コントロール大全』
https://amzn.to/3FtQMqV
糖尿病でなくても血糖値の乱高下を繰り返す「血糖値スパイク」が意外な不調の原因かもしれない。実践して効果を感じてます。

『ザリガニの鳴くところ』
https://amzn.to/3HaBSXx
2021年本屋大賞翻訳小説部門受賞。小説で最近一番やられた本です。2022年に映画も公開されました。

『サーカス象に水を』
https://amzn.to/3UuXVvm
古い本ですが、アメリカで口コミでベストセラーになり、ロバート・パティンソン主演で映画になりました。あっと驚かせるラスト。

『マクリーンの川』
https://amzn.to/3HeZgTU
ブラッド・ピットの出世作『リバー・ランズ・スルー・イット』の原作。兄が弟の死を回想し自費出版した原作が世界的ベストセラーに。冒頭がが名文。

『心的外傷と回復』
https://amzn.to/3H5x9Xk
戦争、虐待、犯罪、カルト宗教…。暴力が人の心に傷をつける過程と、人の心がそこから回復する過程を解説した一級の書。ロングセラー。

q.jpg

『ミドリ ベルトシール マグネット13 』
https://amzn.to/3uqTZB0
よく使うノートにつけると、カバンの中で開くのを防ぎます。ペンもつけられます。