無料ダウンロードe-book
高速ブレンダー、ジューサーを特価でご紹介
ローフード・フォー・ビジー・ピープル
お知らせ(2023/02/09)updated!
書店様各位 読者様より『ローフード・フォー・ビジー・ピープル』のお問い合わせがあった書店様、1冊から卸売いたします。送料は当方もち、振込手数料はご負担いただきますが、各銀行に口座があります。お問い合わせ用メールフォームはこちら


メルマガ『ロービューティジャパンの野菜くだもの通信(「ロービューティ寺子屋改題」)の配信を開始しました。登録ページはこちら

有料記事「あなわたシリーズ」配信中です。


寺子屋メルマガ(配信終了)バックナンバーはこちらから読めます。
英語メルマガ(更新できてないけど) 登録はこちら バックナンバーはこちら
英語学習ドリルのダウンロードページがサービスを終了してしまったので、ただいまDLできません! 引越し先探し中。


英語・寺子屋の新規生徒様募集は当面しませんが、「以前どんなことをしていたのか?」読みたい方はこちらからどうぞ。
寺子屋・受講生様の声
英語教室・受講生様の声

2009年04月06日

「グリーンパワー」vs「イキイキ酵素くん」使い比べ2

 さて、後半です。
 ただでさえ値段の高さがビハインドなのに、とり回しの良さでポイントを重ねられてしまった、グリーンパワー君。

GP.jpg
↑「にんじんとりんご」などのように、「野菜と果物」を組み合わせたジュースを作るとき、フィルターを付け替えるのが無難です(できないことはないですが、つまる確率も大きいです)。
 ギアが細かいので、「酵素くん」のように自動的に野菜が吸い込まれていくことがなく、自分で押してあげることが必要です。にんじんは固いのでちょっと労力がいります。他の人が使っているのを見たことがあるんですが、やっぱりにんじんは途中でつまっちゃってました。

GPjuice.jpg
↑ここまでいわれて、果たして味はどうなのか。
「酵素くん」と同じ条件(にんじんのストレート)で試飲。

あ!

全然味が違う!
(全員驚)

「酵素クン」はさらっと軽いのですが、「グリーンパワー」は、ぎち〜〜〜っと栄養を搾り取っている感じがします。甘みも強いし、にんじん独自のえぐみも残っています。ようするに「にんじんのあじ〜」って感じなんですね。

 「酵素クン」と同じ条件でミックスジュースにりんごのパルプをいれたものを飲んだのですが、こちらも、いかにも「食べるジュース」という感じになり、食べ応えがあったです。

 さらに。

pulpe.jpg
↑奥が「酵素クン」のにんじんパルプ、手前が「グリーンパワー」のにんじんパルプです。見た目だけでも手前の方が「ぽろっ」としているの、わかります? 触っても、奥はしっとり(普通の高速回転の「べちゃっ」よりはいいですが)、手前はぱさぱさです。やっぱり「グリーンパワー」の方が「絞り出し力」はあるようです。

 さてさて。
 とり扱いの悪さでかなり分が悪かった「グリーパワー」ですが、できあがりのジュースの味で、全部追いつくほど実験者をうならせてしまいました。
 それをふまえて、「3」で、どういう人が、どちらを買うべきか? ご意見を申し上げます。

 ブログ村のランキングが79日連続で100台を保っています(登録サイト28万。実は今日、自己最高の92位になりました。何日か続けられるかな?)。「ローフード」カテゴリは今日も参加が増えて55になっています(すごいですねー)。訪問者の皆様、読み終わったらぜひクリックお願いします。

ブログ村 ローフード
ブログ村 菜食・ベジタリアン 
posted by 石塚とも at 18:30| Comment(0) | 道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
test
RBJブックストア 現在のオススメ本と文具ベスト6

→もっと見たい方はこちら

(2022/12/16更新)

『人生が変わる血糖値コントロール大全』
https://amzn.to/3FtQMqV
糖尿病でなくても血糖値の乱高下を繰り返す「血糖値スパイク」が意外な不調の原因かもしれない。実践して効果を感じてます。

『ザリガニの鳴くところ』
https://amzn.to/3HaBSXx
2021年本屋大賞翻訳小説部門受賞。小説で最近一番やられた本です。2022年に映画も公開されました。

『サーカス象に水を』
https://amzn.to/3UuXVvm
古い本ですが、アメリカで口コミでベストセラーになり、ロバート・パティンソン主演で映画になりました。あっと驚かせるラスト。

『マクリーンの川』
https://amzn.to/3HeZgTU
ブラッド・ピットの出世作『リバー・ランズ・スルー・イット』の原作。兄が弟の死を回想し自費出版した原作が世界的ベストセラーに。冒頭がが名文。

『心的外傷と回復』
https://amzn.to/3H5x9Xk
戦争、虐待、犯罪、カルト宗教…。暴力が人の心に傷をつける過程と、人の心がそこから回復する過程を解説した一級の書。ロングセラー。

q.jpg

『ミドリ ベルトシール マグネット13 』
https://amzn.to/3uqTZB0
よく使うノートにつけると、カバンの中で開くのを防ぎます。ペンもつけられます。