無料ダウンロードe-book
高速ブレンダー、ジューサーを特価でご紹介
ローフード・フォー・ビジー・ピープル
お知らせ(2023/02/09)updated!
書店様各位 読者様より『ローフード・フォー・ビジー・ピープル』のお問い合わせがあった書店様、1冊から卸売いたします。送料は当方もち、振込手数料はご負担いただきますが、各銀行に口座があります。お問い合わせ用メールフォームはこちら


メルマガ『ロービューティジャパンの野菜くだもの通信(「ロービューティ寺子屋改題」)の配信を開始しました。登録ページはこちら

有料記事「あなわたシリーズ」配信中です。


寺子屋メルマガ(配信終了)バックナンバーはこちらから読めます。
英語メルマガ(更新できてないけど) 登録はこちら バックナンバーはこちら
英語学習ドリルのダウンロードページがサービスを終了してしまったので、ただいまDLできません! 引越し先探し中。


英語・寺子屋の新規生徒様募集は当面しませんが、「以前どんなことをしていたのか?」読みたい方はこちらからどうぞ。
寺子屋・受講生様の声
英語教室・受講生様の声

2009年05月27日

ローフードとライフワーク

 一昨日書いた、「『ローフードを使ってビジネスできたらいいなあ』と、ちょっとでも考えたことがある人へ」の続きです。

 本田健さんの『ライフワークで豊かに生きる』



 には、

「ライフワーク」を構成する要素として、次のように書かれています。

* 生まれ変わってもやりたいこと
* それをやっているだけで楽しいこと
* 見ているまわりまで楽しませ、幸せな気分にさせること
* 無人島に流れ着いてもやりたいこと
* お金を払ってでもやりたいこと
* いつもまわりの人にほめられたり、「もっとやったら」と薦められること
* すこしでも時間があればやってしまうこと

 そして、「ライフワークをしていると起こる現象」として、次のような要素をあげています。

  * 「静かなワクワクと感謝」があること
(わーっと燃えあがるような情熱は、下記の「衝動行動」であることが多い。)
* 「つきることのない情熱」が湧いてくること
* 「まわりを巻き込むパワー」があること
* まわりの人を「癒す力」があること
* 「自己完結」していること
* 「ツキの波」に乗っていること


 反対に、「ライフワークと思いやすいが、必ずしもそうではないこと」のでよくあるものは、次のようなものだそうです。

* 人を助けること
* 強制されたボランティアワーク
* 衝動行動
* 義務や役割でする仕事
* 使命感による行動
* 社会から評価される能力を使う仕事

 そして、「ライフワーク」を自分の仕事にするコツとして、「大好きなものを絞り込んでしまうのではなく、少し視点を動かして応用してみる」ということを述べています。

 たとえば、「ギターが大好き」な人だったら、

・「ギター奏者になる」

 だけでなく

・「ギターを教える人になる」
・「ギターを扱う楽器屋さんになる」
・スタジオやCD店経営
・「ギターのよさを伝えて歩く人になる→講演や執筆」

 といったように幅を広げて応用してみるということです。

 
 「ローフード」の本を出版して、本が少しずつ売れ始めたころ「お教室はやらないんですか?」という声がいくつもかかって、そのころはとても戸惑いを感じていました。
 というのは、この後「ローフードのことを伝えていくのには、お教室をやるしか選択肢がないのかな?」 それ以外のチョイスが自分にも見えなかったからです。
 
 しかし、「自費出版で『ビジー・ピープル』の翻訳を出版しよう」と決めて作業を始めてから、突然、落ち着きました。
 いや、「落ち着いた」という自覚すらなくなってしまうぐらい、我がなくなってしまうのです。ピンクの本の139ページに書いたような

「夢中になれるほど好きな仕事を持ちたい、とかいう台詞を聞くけど、好きかどうか、なんて考える余裕もなかった」

「ただ、『好きだ』と思う代わりにいえるのは、ひたすら『勝手に手が動いていた』ってことだ。」

 という感覚を、再び味わいました。

 正直「静かなワクワクと感謝」なんて気持も味わいませんでしたが(笑)、気持ちがよかったのは事実です。
 かっこいいことばですが、自分が感じた感覚をもっとも正確に書き表すなら、そこで感じたのは、「完全なる静けさ」という感覚でした。

 ローフードの学校には「ここに行きたい!」という学校をなかなか見つけられない自分が、30万円もするこれはぽんと買う予定です。
 これを使って何をしようかなーと考えると、次々とアイディアがわいてきます。

 30万円使うなら、シェフのもとで研鑽したいとか、いい包丁が欲しいとか、よい食材を仕入れる旅に出たいと思う人も多いでしょう。 
 ここらあたりに「完全なる自己肯定」のヒント、つまり、あなたの特性を見つめる作業がありそうです。

 ローフードとは、「あなたは何者ですか?」と聞いてくる料理です。


 「ローフード」+「あなたの個性」=クリエイション。
 ローフードを通じたライフワークは無限に作り出せるかもしれません。

(後半部、別投稿で詳しく書いた方がいいと思ったので、少し削除加筆しました)

 ブログ村のランキングが113日連続で、総合100台を保っています(登録30万5000。昨日162位)。どうぞ応援よろしくお願いします。「ブログ村」の登録ブログが85に増えてます。ローフード・ブログを作ったらどうぞ登録してくださいね。このまま生命力あふれるロー・ワールドが広がっていくといいですね。

ブログ村 ローフード
ブログ村 菜食・ベジタリアン


 
 
posted by 石塚とも at 22:43| Comment(5) | ちょっと哲学的なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「30万円もするこれ」がCS4とは!
かなりビックリです。昨夜、データ確認のことを
ちょっと心配していただけに何かシンクロです。
素晴らしい〜♪ 
Posted by yuta at 2009年05月28日 09:53
ライフワーク40過ぎていまだに見つけられず…。
トホホな私。
生きている間に見つかればいいかなぁ、なんて思っています。
石ともさんほんとうにキラキラしていますね。
お会いしたことないけれど、ブログからにじみ出てます。
すごい!
Posted by ぷりん at 2009年05月28日 10:11
>yuta さん、

もちろん、yutaさんのためですよ、なーんて。
インデザインとアクロバット買うと、それだけで
20万円いっちゃうので、
「えーい、セットで買っちまえー」と(お得だし)

>ぷりさん、

「ライフワーク」って「見つけなきゃ」と
思うと逃げていくらしいです。
なんだか禅問答みたいですね。
Posted by 石とも@管理人 at 2009年05月28日 23:19
完全なる静けさ・・素敵です★
私もこの感覚を心底欲し求めていて、愛してやまない感覚だと思います。
・・ライフワークはまだ見つかっていないのに、その感覚だけは、数え切れないほどの過去生からの魂に刻みこまれた感覚がそう感じさせるのかな、って思います。

ローフードは生きることが決して身体だけの問題では決してないことを体現させてくれるものなのですね★
一人一人の個性が開花してゆく地球人としての基本のように思えます。
Posted by jurri at 2009年06月01日 19:34
>jurri さん、

>完全なる静けさ

うーん気持ちいいんですよー。

>一人一人の個性が開花してゆく

たぶんわかっていらっしゃると思いますが、
それが、表面的に「ライフワークを見つけた」とか
そういうことじゃないんですよね。

Posted by 石とも@管理人 at 2009年06月02日 23:44
test
RBJブックストア 現在のオススメ本と文具ベスト6

→もっと見たい方はこちら

(2022/12/16更新)

『人生が変わる血糖値コントロール大全』
https://amzn.to/3FtQMqV
糖尿病でなくても血糖値の乱高下を繰り返す「血糖値スパイク」が意外な不調の原因かもしれない。実践して効果を感じてます。

『ザリガニの鳴くところ』
https://amzn.to/3HaBSXx
2021年本屋大賞翻訳小説部門受賞。小説で最近一番やられた本です。2022年に映画も公開されました。

『サーカス象に水を』
https://amzn.to/3UuXVvm
古い本ですが、アメリカで口コミでベストセラーになり、ロバート・パティンソン主演で映画になりました。あっと驚かせるラスト。

『マクリーンの川』
https://amzn.to/3HeZgTU
ブラッド・ピットの出世作『リバー・ランズ・スルー・イット』の原作。兄が弟の死を回想し自費出版した原作が世界的ベストセラーに。冒頭がが名文。

『心的外傷と回復』
https://amzn.to/3H5x9Xk
戦争、虐待、犯罪、カルト宗教…。暴力が人の心に傷をつける過程と、人の心がそこから回復する過程を解説した一級の書。ロングセラー。

q.jpg

『ミドリ ベルトシール マグネット13 』
https://amzn.to/3uqTZB0
よく使うノートにつけると、カバンの中で開くのを防ぎます。ペンもつけられます。