無料ダウンロードe-book
高速ブレンダー、ジューサーを特価でご紹介
ローフード・フォー・ビジー・ピープル
お知らせ(2023/02/09)updated!
書店様各位 読者様より『ローフード・フォー・ビジー・ピープル』のお問い合わせがあった書店様、1冊から卸売いたします。送料は当方もち、振込手数料はご負担いただきますが、各銀行に口座があります。お問い合わせ用メールフォームはこちら


メルマガ『ロービューティジャパンの野菜くだもの通信(「ロービューティ寺子屋改題」)の配信を開始しました。登録ページはこちら

有料記事「あなわたシリーズ」配信中です。


寺子屋メルマガ(配信終了)バックナンバーはこちらから読めます。
英語メルマガ(更新できてないけど) 登録はこちら バックナンバーはこちら
英語学習ドリルのダウンロードページがサービスを終了してしまったので、ただいまDLできません! 引越し先探し中。


英語・寺子屋の新規生徒様募集は当面しませんが、「以前どんなことをしていたのか?」読みたい方はこちらからどうぞ。
寺子屋・受講生様の声
英語教室・受講生様の声

2009年06月14日

ローフード・世界の車窓から・インド編

 エンジェル隊の人たちの間で、「世界の車窓から、インド編」のビデオを回すのが流行っていた、というのが話の発端です。
 私は忙しくて見ている時間がないから、と、パスしちゃったんですが、それを見たMikan さんが「ああ〜、あれはおいしそうだった、(加熱だけど)豆にただガラムマサラと塩をかけたものを、新聞紙でくるんで「おやつ」として売っているんですよ」

 というんです。

 で、夕食のときにやってみましたら。。。(最近、発芽させたムング豆は常備菜的にあります)

moyashi300.jpg

 エンジェル隊全員+本日事務所が決まったお祝いにお招きしたともさん一同、黙り込む衝撃のうまさ!

 あまりに簡単です。
 が、明日からうちの主食になりそうなほど、うまいです。
 ローフードになってからも恋しかったものはインド料理(ローカレールーはなかなか好みの味にならなかった)ですが、これなら

発芽ムング豆+ガラムマサラ+塩。

 これだけです。

 ちなみに、インドだと屋台で、むいたキュウリにガラムマサラをまぶして売っていたりするそうな。
 それもおいしそうだなあ。

 先ほどまで家にいらした「ローフード+建築」の香奈子さんが「書きます」といってたんですけど、衝撃的なうまさに待っていられないので書いちゃいます^^;

 でも今日はともさんのお祝いパーティだったのでごちそうを作ったので手分けして書かないといけないぐらいネタがあるのでよろしくお願いします♪

 ブログ村のランキングが125 日連続で、総合100台を保っています(登録30万5000。昨日177 位、)。「このブログはいいこと書いてある」と思った方、「もっとほかの人にも読んで欲しい」と思った方、どうぞクリックお願いします。
 「ブログ村」の登録ブログが現在90。このまま生命力あふれるロー・ワールドが広がっていくといいですね。

ブログ村 ローフード
ブログ村 菜食・ベジタリアン
 

(追記)
 このブログをアップした直後にブログ村の更新記録を見たところ、ご参加のorganic life さんに、更新されたばかりの「インドではスプラウトさせたムング豆を朝食に食べる」という記事を見せていただきました。(お料理に、さっき自分が食べたのと同じ豆の写真が写っているのはびっくりしたり@@親近感)。
 私たちが「インド料理」として知っているのは、どうやらごく一部のようですね(「韓国料理」といえば焼肉だけではないし、「日本料理」といえば、寿司とてんぷらだけではないように)。
 インド料理、もっと開発してみたくなってきました。
posted by 石塚とも at 00:50| Comment(0) | レシピ(スウィーツ以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
test
RBJブックストア 現在のオススメ本と文具ベスト6

→もっと見たい方はこちら

(2022/12/16更新)

『人生が変わる血糖値コントロール大全』
https://amzn.to/3FtQMqV
糖尿病でなくても血糖値の乱高下を繰り返す「血糖値スパイク」が意外な不調の原因かもしれない。実践して効果を感じてます。

『ザリガニの鳴くところ』
https://amzn.to/3HaBSXx
2021年本屋大賞翻訳小説部門受賞。小説で最近一番やられた本です。2022年に映画も公開されました。

『サーカス象に水を』
https://amzn.to/3UuXVvm
古い本ですが、アメリカで口コミでベストセラーになり、ロバート・パティンソン主演で映画になりました。あっと驚かせるラスト。

『マクリーンの川』
https://amzn.to/3HeZgTU
ブラッド・ピットの出世作『リバー・ランズ・スルー・イット』の原作。兄が弟の死を回想し自費出版した原作が世界的ベストセラーに。冒頭がが名文。

『心的外傷と回復』
https://amzn.to/3H5x9Xk
戦争、虐待、犯罪、カルト宗教…。暴力が人の心に傷をつける過程と、人の心がそこから回復する過程を解説した一級の書。ロングセラー。

q.jpg

『ミドリ ベルトシール マグネット13 』
https://amzn.to/3uqTZB0
よく使うノートにつけると、カバンの中で開くのを防ぎます。ペンもつけられます。