無料ダウンロードe-book
高速ブレンダー、ジューサーを特価でご紹介
ローフード・フォー・ビジー・ピープル
お知らせ(2023/02/09)updated!
書店様各位 読者様より『ローフード・フォー・ビジー・ピープル』のお問い合わせがあった書店様、1冊から卸売いたします。送料は当方もち、振込手数料はご負担いただきますが、各銀行に口座があります。お問い合わせ用メールフォームはこちら


メルマガ『ロービューティジャパンの野菜くだもの通信(「ロービューティ寺子屋改題」)の配信を開始しました。登録ページはこちら

有料記事「あなわたシリーズ」配信中です。


寺子屋メルマガ(配信終了)バックナンバーはこちらから読めます。
英語メルマガ(更新できてないけど) 登録はこちら バックナンバーはこちら
英語学習ドリルのダウンロードページがサービスを終了してしまったので、ただいまDLできません! 引越し先探し中。


英語・寺子屋の新規生徒様募集は当面しませんが、「以前どんなことをしていたのか?」読みたい方はこちらからどうぞ。
寺子屋・受講生様の声
英語教室・受講生様の声

2010年12月11日

キャラ変わり

 「死の誘惑」とか「幸福価値観再構築」とか着床しなかったとかときどき危なっかしいことを書きながら夏〜秋が終わったわけだけど、どうやら本格的に再誕生が完了したようである。6月に島ファミさんちでお話をさせていただいたときに、チャレンジっていうのは「直面・じたばた・突き抜け」の3つの局面がある、というようなことをいったのだけれど、なんとか「突き抜け」の局面に入ってくれたようである。仕事と恋愛、とてもたくましくなった。自分で突き放す(「切る」じゃないよ)ができるようになった。「ふられる」ことよりも「ふる」ことの方が私には難しい(かった)し、「すっぱり切る」より「適切な距離をほほ笑みながら保つ」方がもっと難しい。でも、心の中のある場所が満たされると、もしくは、「こころゆくまでじたばた」すると、あるとき肩の関節がするっとはずれて縄を抜けてしまう。気がついてみると、自分の周りに、自分が抜けた縄が落ちている。そして、その「縄抜けルート」が身体に記憶されていれば、次回も同じことができる。迷路に入れたネズミと同じね。これをいわゆる「学習」と呼ぶ。

 今年の夏〜秋は、ブログ更新が少なかった。残っているかぎりで2002年からウェブ上に日記を書いているけど、10年間で一番少なかったように思う。それはなぜかというと、自分の中でキャラが変わって行ったからだ。キャラクターが変わるということは、ストーリーが変わるということと同じなのよね。
「生で食べてキレイになる 改訂版」のコラムに書かせていただいたのだけれど



 私の自己イメージ(=キャラ)というのは、「自分の中の資源に気づききっていない、ちょっとイタタな、心の中に傷を抱えた女の子がいる女性」というものだった。しかし、この夏〜秋のじたばたのあいだに、さし上げたものがたくさんあり、いただいたものがたくさんあり、交換(交歓?)しているうちに、かなり変わった。地球(自分)がぱっかり割れてしまって、その中から新しい地球(自分)が生まれるような体験が何度もあった。
 そうこうしているうちに、今までなかったものが、私の中に芽生えた。それは、私の語彙の中で一番近い言葉でいえば「愛」である。満たされているから自由になれるという感覚があって、今までとっていた自滅パターンを確実にとらなくなった。

 そうこうしているうちに、「どうしてあんなことができるんだろう?」と思っていたのに、「これなら、私にもできるかもしれない」という言葉が雷鳴のようにとどろくシチュエーションが、いくつか起こり始めた。

 昨日のことだけど、1年以上習ってきた厳しい厳しいS先生に突然いわれた。「あなたの筋肉は固まっちゃってる。でも、伸ばしていけば絶対に変わる。開く脚です」。1年以上見てるけれど、先生が生徒にそんな言い方をするのは、2、3度ぐらいなのだ。その日は、自分が「どうしてあんなことできるんだろう」とおっかなびっくりバレエを習っていたのが「私にももしかしたらできるかもしれない」と思ってスタジオに入った初めての日だった。驚きもあったが、言葉がコア・ビリーフに作用しているだろうことは、自分でもわかっていた。

 変わっちゃったキャラに、自分の紡ぐ言葉が追いついていない。長年、女の子キャラの視点からの言葉を研鑽し続けてしまったために、成熟キャラとしてうまく言葉が出てこないのだ。でも、これを書き出したから、本当に再誕生なのかもしれない。

 一週間前ぐらいから、ジュースを大量に飲みだした。新しく買ったジューサーが素晴らしく良くて(この件については別記事で近日投稿します)、ジュース中心の生活が、これぞ私がしたかった生活なんだと気づいた。身体も軽くなってくるし、思考もクリアだ。先週ツイッターで「新しい事業計画」とつぶやいたばっかりだったのに、すでにそれを壊して新しい案が浮かんでいる。
 こういうときに、こういう自分に、ジュースはすごく合っている。

 羽化した蝶の羽が伸びるように、変わっちゃったキャラが定着するまで、もうしばらく時間がかかりそうだ。

応援よろしくお願いいたします&素敵なコミュニティへのボタンをどうぞ♪
にほんブログ村 ダイエットブログ 食べるダイエットへ
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ



 

 
posted by 石塚とも at 00:32| 自分の変化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
test
RBJブックストア 現在のオススメ本と文具ベスト6

→もっと見たい方はこちら

(2022/12/16更新)

『人生が変わる血糖値コントロール大全』
https://amzn.to/3FtQMqV
糖尿病でなくても血糖値の乱高下を繰り返す「血糖値スパイク」が意外な不調の原因かもしれない。実践して効果を感じてます。

『ザリガニの鳴くところ』
https://amzn.to/3HaBSXx
2021年本屋大賞翻訳小説部門受賞。小説で最近一番やられた本です。2022年に映画も公開されました。

『サーカス象に水を』
https://amzn.to/3UuXVvm
古い本ですが、アメリカで口コミでベストセラーになり、ロバート・パティンソン主演で映画になりました。あっと驚かせるラスト。

『マクリーンの川』
https://amzn.to/3HeZgTU
ブラッド・ピットの出世作『リバー・ランズ・スルー・イット』の原作。兄が弟の死を回想し自費出版した原作が世界的ベストセラーに。冒頭がが名文。

『心的外傷と回復』
https://amzn.to/3H5x9Xk
戦争、虐待、犯罪、カルト宗教…。暴力が人の心に傷をつける過程と、人の心がそこから回復する過程を解説した一級の書。ロングセラー。

q.jpg

『ミドリ ベルトシール マグネット13 』
https://amzn.to/3uqTZB0
よく使うノートにつけると、カバンの中で開くのを防ぎます。ペンもつけられます。