無料ダウンロードe-book
高速ブレンダー、ジューサーを特価でご紹介
ローフード・フォー・ビジー・ピープル
お知らせ(2023/02/09)updated!
書店様各位 読者様より『ローフード・フォー・ビジー・ピープル』のお問い合わせがあった書店様、1冊から卸売いたします。送料は当方もち、振込手数料はご負担いただきますが、各銀行に口座があります。お問い合わせ用メールフォームはこちら


メルマガ『ロービューティジャパンの野菜くだもの通信(「ロービューティ寺子屋改題」)の配信を開始しました。登録ページはこちら

有料記事「あなわたシリーズ」配信中です。


寺子屋メルマガ(配信終了)バックナンバーはこちらから読めます。
英語メルマガ(更新できてないけど) 登録はこちら バックナンバーはこちら
英語学習ドリルのダウンロードページがサービスを終了してしまったので、ただいまDLできません! 引越し先探し中。


英語・寺子屋の新規生徒様募集は当面しませんが、「以前どんなことをしていたのか?」読みたい方はこちらからどうぞ。
寺子屋・受講生様の声
英語教室・受講生様の声

2012年06月01日

私とアンチエイジング

数日前に、生徒さんに、
「ともさんは、全然年齢より若いのに、
アンチエイジングについてアピールしないんですか?」
と言われて、
初めて、自分が「アンチエイジング」というものに
まるっきり関心がないことに気づきました。

関心がないから、自分の辞書になかったのだと思います。

アンチエイジングに関心がない理由は、

・「若いほうが有利」という感覚が、よくわからない。
・歳をとればとるほど、いいことのほうが多い。
(恋愛に関してすら)。
・なんだか、「歳をとらない」ことが、もはや当然になってしまった。
(←このブログの左のサイドバーにある写真の2005年は39歳で、あのときが
「おばさん」の最高潮だった気が(笑))


だから、自分のなかで「39歳ってなんておばさんだったんだろう」って
思って、(現在の)46歳って、なんて若いんだろう」って思ってる、
不思議な現象(笑)。


考えてみると、
「アンチエイジング」というアクションは、、
「歳をとることが不利だ」とか「歳をとることが怖い」という
マインドセットが前提としてあって、その前提を打ち消そうとすることから
始まる。
「アンチ」、というだけあって。

とすると、人をエイジングに追い込むのは、歳をとることそのものではなく、
実は、「歳をとることが不利だ」とか「歳をとることが怖い」という
マインドの方ではないかしら? 

持っているのが余計なものを内側に抱え込んで
しかもそれを打ち消そうとするのは、
アクセルとブレーキを同時に踏むような、
ガソリンの無駄遣いなことになってしまうように思う。


新解釈の『スノーホワイト』を見てきましたが、
継母役のシャーリーズ・セロンが、
「十分美しいの(ってか超きれい)なのに、自分の中に持っていたこの恐れが具現化して
自滅してしまった」
役を熱演してました。
(しかも今回の白雪姫は、「若くて美しい」ゆえに王子に選ばれて継母に勝つのではなく、
自ら剣を持って滅ぼしてしまうので、さらに問題がはっきりした気がします)
人が、白雪姫の母になるのは、「白雪姫でいつづけたい」と思った瞬間なのだ。


若いときのほうが、歳をとったときより唯一有利だと思うのは、
「若さゆえの怖いもの知らず」
という言葉に表される勇気なんだけど、
実は私は、
若い時のほうが怖いものがいっぱいあった。
今のほうが、
恐怖はないし、
お金や時間やそれらを作り出す技術は若い時よりあるし、
かわいいお洋服は今のほうがずっと安く売ってるし、
人間関係だって良い築き方を知っているので、
やっぱり今のほうが有利だと思うのです。。。






応援、ありがとうございます。
いろいろな人にインスパイアをお分けできるように、
1日1回の応援クリックいただければ幸いです。


メルマガ「石塚とものロービューティ寺子屋」では、
ローフードを超えて、おとなの女の人生に役立つ情報を発信しています。
こちらもごひいきにしていただければ幸いです。
http://www.mag2.com/m/0001243615.html

「日々のおいしいもの」「映画」「生活のtip」は
twitter で発信しています。
@tomoishizuka
をフォローお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村 ダイエットブログ 食べるダイエットへ


(「拍手ボタン」から感想を書いてくださる方へ。
「拍手ボタン」の感想は一つの場所に全部まとめて集まってしまうので、
日にちやテーマなどどの記事についての感想か簡単に示していただけると嬉しいです。
ご協力ありがとうございます)











posted by 石塚とも at 00:31| Raw Life! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
test
RBJブックストア 現在のオススメ本と文具ベスト6

→もっと見たい方はこちら

(2022/12/16更新)

『人生が変わる血糖値コントロール大全』
https://amzn.to/3FtQMqV
糖尿病でなくても血糖値の乱高下を繰り返す「血糖値スパイク」が意外な不調の原因かもしれない。実践して効果を感じてます。

『ザリガニの鳴くところ』
https://amzn.to/3HaBSXx
2021年本屋大賞翻訳小説部門受賞。小説で最近一番やられた本です。2022年に映画も公開されました。

『サーカス象に水を』
https://amzn.to/3UuXVvm
古い本ですが、アメリカで口コミでベストセラーになり、ロバート・パティンソン主演で映画になりました。あっと驚かせるラスト。

『マクリーンの川』
https://amzn.to/3HeZgTU
ブラッド・ピットの出世作『リバー・ランズ・スルー・イット』の原作。兄が弟の死を回想し自費出版した原作が世界的ベストセラーに。冒頭がが名文。

『心的外傷と回復』
https://amzn.to/3H5x9Xk
戦争、虐待、犯罪、カルト宗教…。暴力が人の心に傷をつける過程と、人の心がそこから回復する過程を解説した一級の書。ロングセラー。

q.jpg

『ミドリ ベルトシール マグネット13 』
https://amzn.to/3uqTZB0
よく使うノートにつけると、カバンの中で開くのを防ぎます。ペンもつけられます。