無料ダウンロードe-book
高速ブレンダー、ジューサーを特価でご紹介
ローフード・フォー・ビジー・ピープル
お知らせ(2023/02/09)updated!
書店様各位 読者様より『ローフード・フォー・ビジー・ピープル』のお問い合わせがあった書店様、1冊から卸売いたします。送料は当方もち、振込手数料はご負担いただきますが、各銀行に口座があります。お問い合わせ用メールフォームはこちら


メルマガ『ロービューティジャパンの野菜くだもの通信(「ロービューティ寺子屋改題」)の配信を開始しました。登録ページはこちら

有料記事「あなわたシリーズ」配信中です。


寺子屋メルマガ(配信終了)バックナンバーはこちらから読めます。
英語メルマガ(更新できてないけど) 登録はこちら バックナンバーはこちら
英語学習ドリルのダウンロードページがサービスを終了してしまったので、ただいまDLできません! 引越し先探し中。


英語・寺子屋の新規生徒様募集は当面しませんが、「以前どんなことをしていたのか?」読みたい方はこちらからどうぞ。
寺子屋・受講生様の声
英語教室・受講生様の声

2012年07月29日

南青山ジュースバー物語。

 7月21日配信の、テンプルビューティフルの光田さんのメルマガを読まれましたでしょうか? バックナンバーの掲載がないようなのですが、一部は光田さんのブログにも書かれています。
 そこで紹介されていた本は、「この世でのお役目を完了して」、もう輪廻する必要がなくなってしまったとされる人の記録を描いた『転生の終焉』、それから、水俣病で苦しみ、地場の漁場を使いものにならなくされてしまった漁師さんたちの姿を描いた石牟礼道子さんの『苦海浄土』、そして、池袋四畳半の貧乏生活から憧れだったコピーライター、直木賞作家になり、成功を謳歌しながら、それなのに「何かが足りない」渇望感が行間からにじむ「林真理子節」全開の、『南青山物語』(アンアンに連載されてる『美女入門』の旧タイトル)。





 なんだか三題噺のようなタイトルですが、まず、光田さんのメルマガ読んで、「私、相当転生率下がったかも」って思った。私がときどき書いたり口にする「神様からの宿題を終わらせる」って、そうか、次に転生しちゃいそうな芽をつむってことなのかもしれない、って、膝を打ちたいような気持ちだった。
 
 だって本当にもう、いろいろ頑張って、いろいろ成果を出しちゃったんだ。『ローフード』のピンクの本を出してから4年間。健康も、自己イメージも、お仕事も、家族も、人とのお付き合いも、「そこに行けたらいい」と思うところにはみんな来ちゃった。このまま好きなものを食べていったらいいし、手になんとか職もついたし、人とのつながりも、私を力づけてくれるものになった。
「死ぬとき、後悔する?」っていう問に対して、気になることが、ほんとにない。

 さて、火曜日、水曜日とジュースだけで過ごして、仕事の都合で2日間で切り上げたところ、復食に失敗してしまい、ちょっとうっぷな木曜日と金曜日だった。

 あつくてあつくてあつかった金曜日の夕方、日が落ちてきた頃、ようやく家の前からバスに乗って、2つ先のバス停で降りて、てくてく歩いて、またまたSky High へ。ほかにもう食べたい(飲みたい)ものがなかったのです。とくにビーツとレモンのジュースがおいしくておいしくて。

 「なんか飲ましてくれ〜〜」とドアを開けたら(アル中の患者みたいですね)店主のまみちゃんがひとりで店番してて、「おう、飲みねえ」(嘘です)とばかり、ビーツのジュースを出してくれて、カウンターをはさんでおしゃべりした。
 ひゃー、「自分の飲みたいもの」を飲みながら「おしゃべりができる」っていう欲求を叶えてくれる場所が、都内のどこにも(っていうか世界のどこにも?)なかったんだ! 世間には、日本には立ち飲み屋、フランスにはカフェ、イタリアにはバール、ロンドンにはパブがあるというのに。(LAにはジュースバーがあるが、そこに友達はいない)ちょいと小一時間であったが、声が大きいのも隠さず(カッコ悪いけどもういいや)おしゃべりして、ジュースとチョコシェイクを作ってもらって、ローパッタイもテイクアウトして(焼き鳥屋のおみやげみたいですね)、帰りはまさに南青山全開の骨董通りを歩いて帰ってきた。

 前回のオープニングパーティの時に、実は初めてちゃんと歩いてみたのだけど、青山学院の周り、南青山の裏通りには、店主こだわりのかわいらしいブティックが本当にいっぱいなのだ。どの店主も、そこにお店を出すのが夢だったんだと思う。愛情を持って丁寧に見立てられ、ウィンドウに並んだ、こだわりの服やバッグたちを眺めるのは楽しかった。たくさん物があふれる街だが、「物質文明」のネガティブさは感じなかった。むしろ、そこにも十分に「人間味」があった。

 一方、私が南青山をふらふらしていたのは金曜日の夜7時半頃、つまり、ちょうどその頃、首相官邸前ではデモがまっさかりの時間帯なのであった。かつてのイメージと違い、穏やかに、しかし毎週パワーアップしているというデモ。

 私はどっちも好きだし、他にも好きなものはたくさんある。

 もちろん、嫌いなものはこれからもたくさん出てくると思うし、ストレスだって感じるだろうけど、今ここで感じている「完了感」は、ひとつの到達点なのかな? と、思ったりするのだ。

skyhighjuice01.jpg
↑ルビー・カラーのジュースは、我が家のデスクにのせても絵になる。



応援、ありがとうございます。
いろいろな人にインスパイアをお分けできるように、
1日1回の応援クリックいただければ幸いです。


メルマガ「石塚とものロービューティ寺子屋」では、
ローフードを超えて、おとなの女の人生に役立つ情報を発信しています。
こちらもごひいきにしていただければ幸いです。
http://www.mag2.com/m/0001243615.html

「日々のおいしいもの」「映画」「生活のtip」は
twitter で発信しています。
@tomoishizuka
をフォローお願いします。


にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村 ダイエットブログ 食べるダイエットへ


(「拍手ボタン」から感想を書いてくださる方へ。
「拍手ボタン」の感想は一つの場所に全部まとめて集まってしまうので、
日にちやテーマなどどの記事についての感想か簡単に示していただけると嬉しいです。
ご協力ありがとうございます)











posted by 石塚とも at 17:58| Raw Life! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
test
RBJブックストア 現在のオススメ本と文具ベスト6

→もっと見たい方はこちら

(2022/12/16更新)

『人生が変わる血糖値コントロール大全』
https://amzn.to/3FtQMqV
糖尿病でなくても血糖値の乱高下を繰り返す「血糖値スパイク」が意外な不調の原因かもしれない。実践して効果を感じてます。

『ザリガニの鳴くところ』
https://amzn.to/3HaBSXx
2021年本屋大賞翻訳小説部門受賞。小説で最近一番やられた本です。2022年に映画も公開されました。

『サーカス象に水を』
https://amzn.to/3UuXVvm
古い本ですが、アメリカで口コミでベストセラーになり、ロバート・パティンソン主演で映画になりました。あっと驚かせるラスト。

『マクリーンの川』
https://amzn.to/3HeZgTU
ブラッド・ピットの出世作『リバー・ランズ・スルー・イット』の原作。兄が弟の死を回想し自費出版した原作が世界的ベストセラーに。冒頭がが名文。

『心的外傷と回復』
https://amzn.to/3H5x9Xk
戦争、虐待、犯罪、カルト宗教…。暴力が人の心に傷をつける過程と、人の心がそこから回復する過程を解説した一級の書。ロングセラー。

q.jpg

『ミドリ ベルトシール マグネット13 』
https://amzn.to/3uqTZB0
よく使うノートにつけると、カバンの中で開くのを防ぎます。ペンもつけられます。