無料ダウンロードe-book
高速ブレンダー、ジューサーを特価でご紹介
ローフード・フォー・ビジー・ピープル
お知らせ(2023/02/09)updated!
書店様各位 読者様より『ローフード・フォー・ビジー・ピープル』のお問い合わせがあった書店様、1冊から卸売いたします。送料は当方もち、振込手数料はご負担いただきますが、各銀行に口座があります。お問い合わせ用メールフォームはこちら


メルマガ『ロービューティジャパンの野菜くだもの通信(「ロービューティ寺子屋改題」)の配信を開始しました。登録ページはこちら

有料記事「あなわたシリーズ」配信中です。


寺子屋メルマガ(配信終了)バックナンバーはこちらから読めます。
英語メルマガ(更新できてないけど) 登録はこちら バックナンバーはこちら
英語学習ドリルのダウンロードページがサービスを終了してしまったので、ただいまDLできません! 引越し先探し中。


英語・寺子屋の新規生徒様募集は当面しませんが、「以前どんなことをしていたのか?」読みたい方はこちらからどうぞ。
寺子屋・受講生様の声
英語教室・受講生様の声

2012年09月07日

全然甘くないスムージー

それは、例えて言えば、「ちょっと冷たい、スイミング・プール」のようなものだった。
入る前は躊躇しちゃうのですが、
入ってみると、「とっても気持ちいい!」みたいな。


……というわけで、1日に最低1回は「全然甘くないスムージー」を
5日目。(9月3日から)。
感想は…… おいしい。なんで早くやらなかったんだろう?
とくに、私が作ってるレシピは、
「プレーン・ヨーグルトに甘みを加えないでそのまま食べてる」
感じがするのです。

私の場合、「葉野菜と果物を混ぜた」いわゆるグリーン・スムージーが苦手だ、
っていうのは、グリーン・スムージーのことを日本でもファンの人たちが紹介し始めた
2009年頃からずっとあり、このブログでも何度も書いているのですが、
中でも一番苦手なのが「バナナ」を入れたものでした。
感覚的な表現ですが、「バナナ」の甘みが「グリーン」の効力を中和しちゃう感じがして
「もったいない」感じがしたのですね。
それから、ずーっとGSとは縁遠い生活をしてきて、
なぜこのたびそんなものを思いついたのか?

ちょっと恥ずかしいのですが、私はひとりで仕事をしているわけですが、
しばしば、とてもお腹がすいて何か食べたくなることがありました。
栄養の問題もあったのかもしれませんが、
どちらかといえばストレスというか、仕事の目鼻がつけらないとき、食に走りたくなっていたのです。
(そういう精神状態になりやすい栄養状態だったのかもしれず、
このへんは鶏と卵です)
ちゃんと腰を据えてやらないといけないときに、集中できるお腹の状態がほしい。
そんなことをずっと考えていて、そして試してみたのが「甘くないスムージー」でした。

世の中のおいしいものはたくさん食べちゃったからローになれたのだけど、
ローのおいしいものも、ずいぶん食べちゃった気がするしね。

この全然甘くないスムージーを試してわかった、
とても良かったことは、
味覚に「センター」ができるということだったのですよね。
甘みも、塩味も入ってないって、こういうことなんだ、
っていうのが、毎朝、確認できる。

1日のうちの他の食事で「甘み」「塩味」を感じることはあるわけですが、
「センター」ができることで、
「あ、こんなに甘いんだ」
「あ、こんなにしょっぱいんだ」ってことに、
非常に意識的になれるのです。
その結果として、「甘み」「塩味」が、わずかでも
「ごちそう」と感じられるようになってきている気がします。

「自分、そんな甘いもの好きじゃないなー」という気持ちは
結構前から生まれていて、
ただ、「ローってカロリーが足りないからある程度はとったほうがいいのかな」
などと、漠然と考えていたのですが、
この、全然甘くないスムージーを飲むようになってから
「おお、こっちのほうが自分の求めてたものじゃん」と
思うようになりました。
「こっちのほうが満足感がある」という感覚は
間違いがないものだからです。

IMG_2982.JPG
IMG_2975.JPG
IMG_2976.JPG
↑毎日こんな感じ。



いつも読んでくださってありがとうございます。
記事が気に入ってくださいましたら、
いろいろな人にインスパイアをお分けできるように、
1日1回の応援クリックいただければ幸いです。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村 ダイエットブログ 食べるダイエットへ


メルマガ「石塚とものロービューティ寺子屋」では、
ローフードを超えて、おとなの女の人生に役立つ情報を発信しています。
こちらもごひいきにしていただければ幸いです。
http://www.mag2.com/m/0001243615.html

「日々のおいしいもの」「映画」「生活のtip」は
twitter で発信しています。
@tomoishizuka
をフォローお願いします。


(「拍手ボタン」から感想を書いてくださる方へ。
「拍手ボタン」の感想は一つの場所に全部まとめて集まってしまうので、
日にちやテーマなどどの記事についての感想か簡単に示していただけると嬉しいです。
ご協力ありがとうございます)












posted by 石塚とも at 22:18| Raw Food! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
test
RBJブックストア 現在のオススメ本と文具ベスト6

→もっと見たい方はこちら

(2022/12/16更新)

『人生が変わる血糖値コントロール大全』
https://amzn.to/3FtQMqV
糖尿病でなくても血糖値の乱高下を繰り返す「血糖値スパイク」が意外な不調の原因かもしれない。実践して効果を感じてます。

『ザリガニの鳴くところ』
https://amzn.to/3HaBSXx
2021年本屋大賞翻訳小説部門受賞。小説で最近一番やられた本です。2022年に映画も公開されました。

『サーカス象に水を』
https://amzn.to/3UuXVvm
古い本ですが、アメリカで口コミでベストセラーになり、ロバート・パティンソン主演で映画になりました。あっと驚かせるラスト。

『マクリーンの川』
https://amzn.to/3HeZgTU
ブラッド・ピットの出世作『リバー・ランズ・スルー・イット』の原作。兄が弟の死を回想し自費出版した原作が世界的ベストセラーに。冒頭がが名文。

『心的外傷と回復』
https://amzn.to/3H5x9Xk
戦争、虐待、犯罪、カルト宗教…。暴力が人の心に傷をつける過程と、人の心がそこから回復する過程を解説した一級の書。ロングセラー。

q.jpg

『ミドリ ベルトシール マグネット13 』
https://amzn.to/3uqTZB0
よく使うノートにつけると、カバンの中で開くのを防ぎます。ペンもつけられます。