無料ダウンロードe-book
高速ブレンダー、ジューサーを特価でご紹介
ローフード・フォー・ビジー・ピープル
お知らせ(2023/02/09)updated!
書店様各位 読者様より『ローフード・フォー・ビジー・ピープル』のお問い合わせがあった書店様、1冊から卸売いたします。送料は当方もち、振込手数料はご負担いただきますが、各銀行に口座があります。お問い合わせ用メールフォームはこちら


メルマガ『ロービューティジャパンの野菜くだもの通信(「ロービューティ寺子屋改題」)の配信を開始しました。登録ページはこちら

有料記事「あなわたシリーズ」配信中です。


寺子屋メルマガ(配信終了)バックナンバーはこちらから読めます。
英語メルマガ(更新できてないけど) 登録はこちら バックナンバーはこちら
英語学習ドリルのダウンロードページがサービスを終了してしまったので、ただいまDLできません! 引越し先探し中。


英語・寺子屋の新規生徒様募集は当面しませんが、「以前どんなことをしていたのか?」読みたい方はこちらからどうぞ。
寺子屋・受講生様の声
英語教室・受講生様の声

2014年08月15日

《デトックス》というよりは《悪魔祓(ばら)い》…(食べもの・健康) vol.286

***********************************************************************

石塚とものロービューティ寺子屋

《デトックス》というよりは《悪魔祓(ばら)い》…(食べもの・健康) vol.286

***********************************************************************

みなさまこんにちは。
「石塚とものロービューティ寺子屋」は、
「一番大切なことを愛する」読者の皆様に向けて、
今、この時代に学ぶべき価値を発信することを目指しています。
「究極のタカラ=自分との出会い」をご一緒に探求してまいりましょう。


☆★☆ローフード・フォー・ビジー・ピープル☆★☆
あと1000冊で販売終了します
ローフードの基本とレシピ開発の土台が学べます。
まだお持ちでない方は、一冊持っておいてくださいね。
書籍
http://goo.gl/31fdYv
DVD
http://goo.gl/vefC7g



☆★☆ このメルマガのバック・ナンバー・ブログです。
とくに最近購読を開始された方は、ぜひお読みになってみてください ☆★☆
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net



☆★☆無料e-book☆★☆
◆『あなたの「日本語」を味方にすれば、 「英語」はもっとラクに伸びる。
ロービューティジャパン英語教室のメソッドの一部を無料でお伝えします。vol.01』
超ボリューミー! !これだけでもお教室が開けるぐらいの内容です^^
お友達にもぜひ下記のURLをご紹介ください。
http://www.rawbeautyjapan.com/ebook/RBJe_reportvol0120120717.pdf



☆★☆  《デトックス》というよりは《悪魔祓(ばら)い》…(食べもの・健康) vol.286 ☆★☆


最近、順調にメルマガやブログを更新できていますね♪


そのきっかけになったのは、
実は、食べものではなく「クレイ・パック」なんです。


いろいろな健康法や美容法で紹介される
クレイ・パックですが、ゲルソン療法でも使用します。
おもに、痛み止めとして。

一方私は、厳格ゲルソン生活にして今日で90日なのですが、
最後の30日ぐらい、生活のエネルギー・レベルを著しく下げてたのが
「膝の痛み」
だったんです。
クレイ・パックで痛み軽減してから気がついたのですけどね。


なんで「子宮まわり治療」で「食べものでの治療」で
関節に痛みが出て来るのかすごい不思議なんですが、
解毒反応というのは、ありとあらゆる形で、
ありとあらゆるところから出て来る、
筋肉痛、関節痛というのは、非常に
ありふれた形だそうです。
あと、多いのがヘルペス関連の症状。
口内炎はとても多く、私が今年になってから
しつこく出ている三叉神経痛もその一つだと思われます。
(今まで10年以上出てなかったんですから)

私はもともと膝が弱くて、
バレエでもグラン・プリエがめちゃくちゃ苦手です。
そこへもってきて、食事を続ければ続けるほど、
ひざがちりちりするようになり、
階段は、上りはもちろん、下りも使いたくなくなりました。


それで、今まではあまり重視していなかったのですが、
7月中旬に、2泊3日で成田の村上さんのところにリトリートに行きまして、
そのとき、もうひとりの参加者さんに行っていたクレイ・パックに
再注目しました。


やってみたら……
めちゃめちゃきいた〜〜。


クレイの質でかなり作用に違いがあるらしいのですが、
村上トレーナーが今気に入っているのが
iherb で取り寄せられることがわかり、
それだと価格的にも惜しげもなく使えるので、
毎日やっています。


そうしたら、ごきげん指数があがって、
ここ数ヶ月、全然そこまでモチベーションが及ぼなかった
書きものがすらすらできるように、
気がついたらなっていたのです。

上記でも書きましたけど、
具合が悪い時というのは、
それが当たり前になっちゃっているので
どこが悪いかわからないものなんですよね。
(だから怖いんです)。


そして……クレイ・パックをしているときの
不思議な感想なのですが、
クレイを当てていると、そこに
「毒素が吸い込まれていく〜〜」みたいな
感覚が、確かにありました。
体感ですから数値化できないのですが、
「ぐおおおお〜〜〜っ」と吸い込まれいてく
感じがあるんです。それも毎回。
そのときの感覚を言語化してツイッターなりFBなりに
書こうとしたら、どうしても
「幽体離脱」という言葉が沸いてきて困りました。


ノルウェーの画家、エドヴァルド・ムンクの代表作で
『叫び』ってありますよね。
これ↓
http://goo.gl/dcT4nw

こういう感じで、
「何か(誰か?)」が吸い込まれていくような感じがするんです。


死病じゃない私でさえそんな感じがするわけですが、
ガンの患者さんになると、
そのな・ん・じ・ゅ・う・ば・いもスゴイのが起こるらしいのです……。


この場に書くことはあまり適切でないと思うので、
最小限度にしますが、
重度の患者さんから毒が出て行くときというのは、
毒の方も必死というか、もう
「断末魔」みたいなことが起こってもケアする人たちは驚かないらしい。
追い出す患者さんの方も本当に大変らしい。
そのお話を聞いて、私が思わず漏らしてしまった感想が、
「デトックス」というより「悪魔祓い」」というものだったのでした。


(それを聞いて、「ガンの養生」というのは
ガンになってからやるもんじゃない、とつくづく思いました。
知ってしまったのなら、知識のタンスにしまいこんでいる場合ではない。
結局は日々の積み重ねであり、その積み重ねを「ライフ」と
呼ぶのです、たぶん)。


「ゲルソン・クリニックに入院している患者さんは、よく泣く」
と、村上トレーナーが下記のブログに書いています。
http://ameblo.jp/gersonhstjpkoei/entry-11896404857.html


ゲルソン療法は、「病と心は関係している」という説を
まったく持ち出さない完全唯物論であることが
特徴的なのですが
(これに対する考察がかなり頭の中にできているので、
また別の機会にね)
それでも、そこまでの断末魔を自分の中に巣食わせてきてしまった
人生の一日、一日の経験、選択、記憶を
全部棚卸しし、そして手放していくのですから、
そりゃあもう、涙がたくさん出ることでしょう。


私でも、ぐわっと泣けることがあります。

最近、私の妹がこのメルマガ(ブログ)読んでいるので
ちょっとやりにくいのですが^^;

その涙というのは、
今まで流してきた中で、もっとも切ないものです。

「どうして、あんなことが起こったのか」。
「どうしたら、止められたのか」。
「なぜ、他の選択肢も見ないで過ごしてきてしまったのか」。
何度思い返しても、答えの出ないこと。


それはたしかにとっても切ないことなのですが、
でも、同時に、脚とか背中にはったクレイから、
「ぐわわわわ〜〜ん」といろいろなものが出て行っているのと
同時進行で起こるので、
「おおこれも一緒に出ていってるんだなあ」
とわかりますので、
閉塞感には陥らなくてすみます。
「ここまでやると、このことは二度と起こらない、
最低でもずっと軽減されている」という
確信もあります。

3ヶ月でそれなりに
頭痛だひざ痛だ三叉神経痛だとやりましたからね。
その後の「一段上がった」と感じられる気分の良さも。


そして、「悪魔祓った」あとって……
それを「明るさ」とか、「希望」とか「ポジティブネス」なんて
言葉で言い表してはいけないびっくりな感覚が出るのですが、
そのあたりはまだ言語化中であります。



《本日のまとめ》
村上春樹の『ノルウェイの森』に
「死は、生の対極でなく
その一部として存在している」という
有名なフレーズがありますが、
セルフ・ケアは生の一部どころか全部なのです。



本日もお読みいただき、
ありがとうございました。

次回も楽しみにしてくだったら
とても嬉しいです。


【お知らせ】
ご意見、ご要望、石塚ともに聞いてみたいご質問を遠慮無くお寄せください。
お名前、メルアドは残す必要ありません。
ただ、この感想フォームは、ブログ、メルマガ、すべての記事の感想が
一ヶ所に集まってしまう仕組みになっているので
「メルマガの何号感想」というふうに書いていただけると嬉しいです。
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/article/146935122.html


【応援のお願い】
今日の記事が「役だった」と思いましたら

・ツイッターでのリツイート
・facebook でのシェア
 ブログ村「女磨き」ランキングをクリック。
 http://beauty.blogmura.com/ladiesbrushup/
・ご自分のブログにリンクを貼って感想記事を書く

などの応援をお願いします。


ジューサー類のご紹介は現在休止中です。

バイタミックス(ロービューティジャパン特別価格でお取り扱いしています)
http://rawbeautyjapan.seesaa.net/category/6337973-1.html


発行人 石塚とも
ブログ『Raw Food, Raw life, Raw love.』
http://rawbeauty.seesaa.net

石塚とものプロフィール
http://www.rawbeautyjapan.com/about_us/


登録・解除フォーム
(まぐまぐ版・1295部)
http://www.mag2.com/m/0001243615.html
(インフォマグ版・510部)
http://www.infomag.jp/Site_6330.html


本文は著作権により保護されていますが、有料の媒体への転載をのぞき、
許可なく転送、転載可能です。
その場合は、メルマガの紹介をお願いいたします。


2014-08-04 17.05.03.jpg

先日日本橋千疋屋でいただいた
フルーツプレート。ベリーと
パイナップルは抜きです。

2014-08-15 12.51.15.jpg

本日のランチ。

いつも読んでくださってありがとうございます。
はげみになりますので、
応援クリックをどうぞよろしくお願いいたします。。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村 ダイエットブログ 食べるダイエットへ

ご意見、ご感想、質問、なんでもお寄せください。
(感想が一つの場所にまとめて集まってしまうので、
日にちやテーマなど、どの記事についての感想か示していただけると助かります。
ご協力ありがとうございます)



メルマガ「石塚とものロービューティ寺子屋」
あなたの人生にじわじわきく奥義。お教室の詳しい説明やご案内もこちらから。
どうぞご登録ください。
http://www.mag2.com/m/0001243615.html

メルマガの過去ログブログ
メルマガ登録の前にどんな感じか読んでみたい方
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net/

twitter
ブログ、メルマガのすべての更新情報が発信されます。
@tomoishizuka

facebook
いつでもフォロー出来ます。
お友達申請は、ひとことメッセージを添えてください。
https://www.facebook.com/tomo.ishizuka

補足・実際にアフガニスタンや東ティモールで文字通り「武器を捨てさせる」業務にあたってきた伊勢崎賢治さんの著書『武装解除 -紛争屋が見た世界』によると、当地の武装集団が武器を置く際、必ずといっていいほど「泣く」んだそうです。映画やニュースで出て来るままの「いかにもゲリラ〜、いかにもテロリスト〜」な男たちがおいおい泣くそうです。1945年8月15日の玉音放送のあとパラダイム(=世界観)を変えないといけなかった人たちもおいおい泣いたそうですよね。新しいパラダイムのリインストールはそれだけの「変換の痛み」をもたらすものなのらしいのです。これ書いててそれを思い出しました。(2014/08/16)
posted by 石塚とも at 22:30| ロービューティ寺子屋バックナンバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
test
RBJブックストア 現在のオススメ本と文具ベスト6

→もっと見たい方はこちら

(2022/12/16更新)

『人生が変わる血糖値コントロール大全』
https://amzn.to/3FtQMqV
糖尿病でなくても血糖値の乱高下を繰り返す「血糖値スパイク」が意外な不調の原因かもしれない。実践して効果を感じてます。

『ザリガニの鳴くところ』
https://amzn.to/3HaBSXx
2021年本屋大賞翻訳小説部門受賞。小説で最近一番やられた本です。2022年に映画も公開されました。

『サーカス象に水を』
https://amzn.to/3UuXVvm
古い本ですが、アメリカで口コミでベストセラーになり、ロバート・パティンソン主演で映画になりました。あっと驚かせるラスト。

『マクリーンの川』
https://amzn.to/3HeZgTU
ブラッド・ピットの出世作『リバー・ランズ・スルー・イット』の原作。兄が弟の死を回想し自費出版した原作が世界的ベストセラーに。冒頭がが名文。

『心的外傷と回復』
https://amzn.to/3H5x9Xk
戦争、虐待、犯罪、カルト宗教…。暴力が人の心に傷をつける過程と、人の心がそこから回復する過程を解説した一級の書。ロングセラー。

q.jpg

『ミドリ ベルトシール マグネット13 』
https://amzn.to/3uqTZB0
よく使うノートにつけると、カバンの中で開くのを防ぎます。ペンもつけられます。