無料ダウンロードe-book
高速ブレンダー、ジューサーを特価でご紹介
ローフード・フォー・ビジー・ピープル
お知らせ(2022/01/07)updated!
メルマガ『ロービューティジャパンの野菜くだもの通信(「ロービューティ寺子屋改題」)の配信を開始しました。登録ページはこちら

有料記事「あなわたシリーズ」配信中です。


寺子屋メルマガ(配信終了)バックナンバーはこちらから読めます。
英語メルマガ(更新できてないけど) 登録はこちら バックナンバーはこちら
英語学習ドリルのダウンロードページがサービスを終了してしまったので、ただいまDLできません! 引越し先探し中。


英語・寺子屋の新規生徒様募集は当面しませんが、「以前どんなことをしていたのか?」読みたい方はこちらからどうぞ。
寺子屋・受講生様の声
英語教室・受講生様の声

2022年11月26日

「加熱野菜の大量摂取で、脂肪が燃焼する?」 vol.053 (通算404)

こちらの記事は
2022年11月26日配信分の転載です。
メルマガ登録は、このブログの右上のピンクの窓、もしくは
https://www.rawbeautyjapan.com/ml_yasaikudamono/
から、
広告の入らない独立版が登録できます。
楽しみに読んでくださる方はぜひご登録ください。


**************************************************************************

前回53号、前々回52号のメルマガで紹介した
glucose revolution
(邦訳 『人生が変わる 血糖値コントロール大全』
https://amzn.to/3Exv1Vr )

を実践して、衝撃的な効果を実感し、
いろいろ考察しています。

「なんでそんなに一生懸命まじめに食事法を実践するの?」
と聞かれること、ときどきあるのですが、
実は、その最大のモチベーションは「お腹がすかない」
食事を探していることにあるのです。

本当にしょっちゅう(たぶん子どものときから)
「のたうち回るほどお腹がすく」状態を体験しているのですが、
「お腹がすく」ということは、実は「体内の脂肪が燃えていない」
状態なのです。
反対に、食べたものが、エネルギーとして使われずに、
脂肪として溜め込まれてしまう状態。

それは、カロリーのとりすぎのせいではないのです。
というか、順番が逆で、体内に取り込んだエネルギーを使うことができないから、
もっととりたくなり(あるいは「とれば解決する」と思い)
その悪循環を繰り返した結果が「とりすぎ」になるのです。

血糖値スパイクを頻繁に繰り返すと、
グルコースが正しく使われず、体内に溜め込まれてしまうからです。

わたしがローフード100%からスイッチしてゲルソン療法のプロトコルに
のっとった食事法を始めたのは2011年でしたが、
そのときにゲルソン・ミールを続けられたモチベーションが
「おいしい」
ということと
「ゲルソン式に加熱した野菜をとると、満腹感が長続きする」
ということでした。
「おいしい」の方は
「グルメ食としてゲルソン・ミール食べている人に初めて会った」
とトレーナーの人から笑われたり感心されたりしていましたが、
「満腹感が長続きする」ことについては
周囲の人にもあまりシェアしなかったと思います。
それほどにもいつもお腹が空いていることを言うのが
恥ずかしかったんだと思います... 。

でも今、「グルコース・レボリューション」を参考に
血糖値の点から考え直してみると、
加熱野菜をたくさんとるとお腹がすかない理由がよくわかります。

まず、生野菜に比べてたくさん食べられるため、繊維質の大量摂取が
可能になること。
そして、野菜の中に含まれている炭水化物を加熱すると糖になるので、
「適度な糖」をとることができ、満足感&血糖値安定のバランスのよい
糖質摂取になること。
さらにダメ押しとなるのは、血糖値が高くなく安定することによって、
体内の脂肪がグルコースに変わって血液に流れ、エネルギーとして
使われることです。
これが「燃焼」という現象なのです。
燃焼してたら、お腹はすかない。貯蔵エネルギーを燃やして満たされているから。

加熱によってビタミンや酵素は失われますので、
「加熱さえ食べればよい」と言っているのではなく、
生野菜も同様に摂取が大切です。
ただ、生野菜だけだと「おなかを満たす」ほどの繊維と糖質をとることが
できず、ナッツ類をとるか、加熱炭水化物(=穀物)を
とることになります。
ナッツ類には糖が含まれなさすぎるし、
穀物では糖質過剰になり
(上にも書いたように大量糖質摂取は、一時的に満腹感があるが持続しにくい)
長時間の満腹感を得ることができません。
血糖値の乱高下を起こさない体質に生まれた人ならいいですが、
もしそうでなかったとしても、
現代の糖が溢れた世界で食事をしていたら、
だんだんスパイクを起こすようになっても不思議はないのです。

なんかすごくすごく納得がいきました。
自分の身体に何が起こっているのか。
何を必要としていて、どうすればいいのか、
やっとそのキモがわかった気がします。
「空腹」という強烈な体感を伴う体験だったから、
文字通り「身をもって知った」というべきでしょうか。

早速、加熱用の野菜を多めに買ってきました。
大好きな野菜ばかりです。
「ほうれん草」
「ブロッコリー」
「カリフラワー」
「ちりめんキャベツ(chou vert シュー・ヴェール)」
https://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/vegitable/kyabetu-Savoy.htm
「円錐キャベツ(chou pointu シュー・ポワンチュ)」
https://www.oisix.com/ShouhinShousai.ss2-1642_1651.htm
「フェンネル(ういきょう)」
https://delishkitchen.tv/articles/833

大きなサラダの後に、これらの野菜をゲルソン方式で加熱したもの
(少しの水を入れて、ステンレス製の鍋で超弱火で30分加熱する)
をたくさん食べています。
量でいうと、1日に、ほうれん草一把とブロッコリー、カリフラワー、キャベツ類
で1個分食べきる感じ。

たいしたカロリー量じゃないはずなのに、
これで満腹感が持続し、
外出しても家に帰って炊事をしようというエネルギーの余裕があり、
集中力も増すなんて、本当に不思議。
身体も軽くなってきました。

血糖コントロールの話は、また順次書いていきます。
高血糖の方、遺伝的にその傾向がある方、
今まで考えたことなかったけど、午後に集中力が落ちたり
甘いものが食べたくなる方、
過食・暴食しているわけじゃないのに脂肪に変わりやすい方

などには、参考になる部分があるのではないかと思います。


参考書籍は、こちらをどうぞ。
https://amzn.to/3tUbcmk


今回のお話は、ここでおしまいです。
ご愛読いただきまして、まことにありがとうございました。
次回も楽しみにしていただけるように、
いい記事を書きたいと思います。


ロービューティジャパンの野菜くだもの通信
「加熱野菜の大量摂取で、脂肪が燃焼する?」 vol.053 (通算404)

ブログ
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net
このメルマガのバック・ナンバー
http://rawbeauty.seesaa.net/category/27696233-1.html

このメルマガの投げ銭ページ
一口100円で、何口でも投げ銭できます。
https://note.com/ishizukatomo_rbj/n/n3328054a5d8f




外国語学習メルマガ「しみこませる英語力」
(独立版できました)
https://www.rawbeautyjapan.com/ml_shimikomaseru/

☆★☆ 英語無料e-bookDLできます ☆★☆
◆『あなたの「日本語」を味方にすれば、 「英語」はもっとラクに伸びる。 』
http://www.rawbeautyjapan.com/ebook/RBJe_reportvol0120120717.pdf


☆★☆ローフード・フォー・ビジー・ピープル☆★☆
ローフードの基本と時間をかけないレシピが学べる古典。
簡単なアボカド・ディップから、三段がさねの「ロー・コテッジ・パイ」まで
1冊に147のレシピを収録のボリュームです。
書籍
http://goo.gl/31fdYv
DVD
http://goo.gl/vefC7g


☆★☆ローフード わたしをきれいにした不思議な食べもの☆★☆
今でも愛読してくださる方がいる、通称「ピンクの本」。
生の野菜と果物をたくさん食べる価値をお伝えしました。
http://goo.gl/jcnftQ


登録・解除フォーム
(まぐまぐ版)
http://www.mag2.com/m/0001243615.html
独立版
https://www.rawbeautyjapan.com/ml_yasaikudamono/
(メルアド変更・解除)
https://www.rawbeautyjapan.com/ml_yasaikudamono/fm_change.html


連絡先アドレス
rawbeauty8あっとgmail.com

本文は著作権により保護されていますが、有料の媒体への転載をのぞき、
許可なく転送、転載可能です。
その場合は、メルマガの紹介をお願いいたします
posted by 石塚とも at 21:22| 「野菜くだもの通信」バックナンバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
test
RBJブックストア 現在のオススメ本と文具ベスト6

→もっと見たい方はこちら

(2022/12/16更新)

『人生が変わる血糖値コントロール大全』
https://amzn.to/3FtQMqV
糖尿病でなくても血糖値の乱高下を繰り返す「血糖値スパイク」が意外な不調の原因かもしれない。実践して効果を感じてます。

『ザリガニの鳴くところ』
https://amzn.to/3HaBSXx
2021年本屋大賞翻訳小説部門受賞。小説で最近一番やられた本です。2022年に映画も公開されました。

『サーカス象に水を』
https://amzn.to/3UuXVvm
古い本ですが、アメリカで口コミでベストセラーになり、ロバート・パティンソン主演で映画になりました。あっと驚かせるラスト。

『マクリーンの川』
https://amzn.to/3HeZgTU
ブラッド・ピットの出世作『リバー・ランズ・スルー・イット』の原作。兄が弟の死を回想し自費出版した原作が世界的ベストセラーに。冒頭がが名文。

『心的外傷と回復』
https://amzn.to/3H5x9Xk
戦争、虐待、犯罪、カルト宗教…。暴力が人の心に傷をつける過程と、人の心がそこから回復する過程を解説した一級の書。ロングセラー。

q.jpg

『ミドリ ベルトシール マグネット13 』
https://amzn.to/3uqTZB0
よく使うノートにつけると、カバンの中で開くのを防ぎます。ペンもつけられます。