無料ダウンロードe-book
高速ブレンダー、ジューサーを特価でご紹介
ローフード・フォー・ビジー・ピープル
お知らせ(2022/01/07)updated!
メルマガ『ロービューティジャパンの野菜くだもの通信(「ロービューティ寺子屋改題」)の配信を開始しました。登録ページはこちら

有料記事「あなわたシリーズ」配信中です。


寺子屋メルマガ(配信終了)バックナンバーはこちらから読めます。
英語メルマガ(更新できてないけど) 登録はこちら バックナンバーはこちら
英語学習ドリルのダウンロードページがサービスを終了してしまったので、ただいまDLできません! 引越し先探し中。


英語・寺子屋の新規生徒様募集は当面しませんが、「以前どんなことをしていたのか?」読みたい方はこちらからどうぞ。
寺子屋・受講生様の声
英語教室・受講生様の声

2009年05月20日

美しいう○こ、美しい怒り

 先日書いた、「大脳の排毒は言葉によって行う」という説の続きです。

 コメントにつけていただいたんですが、この排毒というのは、「ありがとう」とか「愛しているよ」というポジティブな言葉で行うという話ではないんです。とは別の話を書こうとしていたのでちょっとずれますがごめんなさい。
 「ありがとう」とか「愛しているよ」というのは、言いかえると、「栄養のような言葉」で、排出というよりは摂取、という点で必要だと思います。がいつも必要ではもちろんありますけどね。

 ここで書こうとしていたのは、「自分の怒り」をいかに上手に外に出すか、ということ。

  あのね、う○こにもいろいろあるじゃないですか。
 量もたっぷり、質も申し分ないのが出てくると、もはや「嬉しい」を通り越して「誇らしい」(笑)気分だし、量が少なかったり、おなかに残っている感じがあったり、形がとどまらなかったりすると、「これでよかったかなあ」という気持ちになりますよね、とくに、ローフードで排泄の快感のグレードが上がってしまうと。

 誤解されがちなんですが、「怒り」って出すのがいけないように思われてますけど、それは、毎日でなかったり、量が少なかったりお腹に残っちゃったり形が美しくない怒りしか見たことがないからじゃないかなあ、って思うんです。
 美しい怒りは美しいう○このように洗練された、そりゃーそりゃー見てうるわしい、しかも1日2〜3回はたっぷり出るものなのです(と言いきってしまいます)。
 
 だって、怒りのもとは毎日たくさん入ってくるんだからね。それなのに今まで出せなかったのは、「怒りのう○こ製造酵素」(?)がなかったから。努力感なしに、自然に出せてくれれば、出すのが恥ずかしくない。どころか、もっとたくさん出したくなるんじゃないかと思うんです。
 
 だけど、う○こと怒りには1つだけ違いがあって、う○こは自分ひとりで出たものを見て「ああ〜〜美しいわ」と自己完結できるけど、怒りはそうはいかないんですね。何があなたをそうさせているのか、どうすれば怒らなくてすむのか、相手に、優雅に伝えられる。それが「美しいう○こ的怒り」だと思うんですね。

 その「伝える」ツールが「言葉」なんですよね。
 人によっては、芸術とかで表現する人もいるでしょう。もしかしたら、料理で表現する人もいるかもしれません。でも、怒っている相手に向かっていきなりのみで彫刻作り出したり包丁で何か切り始めるわけにいかないですし。ちっとも何表現されているかわからない人もいます。
 言葉を使って生活しない人間はいません。パソコンで、コピーしたかったらctrl (またはアップルマーク)+c と決まっているようなものです。相手と自分を結ぶコードで伝えれば、ちゃんと伝わります。それだけのことです。

 それだけのことがとっても難しいのは、怒ると、自己決定能力が鈍ってしまって、ctrl +Cのキーが押せなくなっちゃうんですね。
 でも、ローになったら大丈夫。なぜなら、ローになるというのは、この、キーを押す能力が飛躍的に増すということだから。優雅にCtrl +Cのキーをたたいて、相手に、自分の欲求を伝えましょう(相手はパソコンではありませんが、かなりの確率で伝わることにあなたは驚くでしょう)。

 この自分のコマンドしたいキーを押す能力のことを、アサーティブネスといい、「アサーティブ・トレーニング」という形でワークショップも行われています。

 私が何度も読んで勉強した本は絶版になっちゃったみたいですが、数年前からブームになっているので、たくさん本が出ています。



 そして、これをさらに深いレベルまで突っ込んだものが、「ノンヴァイオレント(非暴力)・コミュニケーション」です。先日紹介したこの本もそうですし、



 英語が読める方は、ローフードの本2〜3冊読んだら、次はこれをお読みになったほうが人生変わるかもしれません。



 あのー、よくしがちな間違いなんですけど、「あの人は心が温かい人だ」っていうのって、非暴力コミュニケーションの考え方からすると、ちょー暴力コミュニケーションなんですよ。
 その人が心が温かいかどうか、ジャッジすることなんかできなくて、自分のニーズを満たしてくれたかどうかしかないから。下手すると、「あの人は心が温かい人だ」「あの人は冷たい人だ」ということで人をコントロールすることだってできちゃいます。
(親子関係で、「あなたはいい子」「あなたは悪い子」で子どもをコントロールできちゃうのと同じ)

 私は今、このブログを維持していくためのスポンサーシップとして英語の勉強法を売ってたり、美しいバストの作り方を売ってたりするんですけど、それら両方とも一生の宝になりうる知識だと思うからご紹介しているわけですけれども(私はローフード屋ではなく「一生の宝屋」なんですきっと^^)、それでもこの「アサーティブ・トレーニング」「ノンヴァイオレント・コミュニケーション」ほどローフードの次にご紹介したいものはないですね。だからうちに来る人にどんどんローフードふるまっちゃうように、この「言葉で表す美しいう○こ」のこともついしゃべっちゃいます。だって、まず、自分が気持ちよくなり、相手も気持ちよくなって、お互いの人生がすごい勢いで変わっていくから。

 ブログ村のランキングが110日連続で総合100台を保っています(登録30万5000。昨日192位)。どうぞ応援よろしくお願いします。「ブログ村」の登録ブログが82に増えてます。ローフード・ブログを作ったらどうぞ登録してくださいね。このまま生命力あふれるロー・ワールドが広がっていくといいですね。

ブログ村 ローフード
ブログ村 菜食・ベジタリアン
 
test
RBJブックストア 現在のオススメ本と文具ベスト6

→もっと見たい方はこちら

(2022/12/16更新)

『人生が変わる血糖値コントロール大全』
https://amzn.to/3FtQMqV
糖尿病でなくても血糖値の乱高下を繰り返す「血糖値スパイク」が意外な不調の原因かもしれない。実践して効果を感じてます。

『ザリガニの鳴くところ』
https://amzn.to/3HaBSXx
2021年本屋大賞翻訳小説部門受賞。小説で最近一番やられた本です。2022年に映画も公開されました。

『サーカス象に水を』
https://amzn.to/3UuXVvm
古い本ですが、アメリカで口コミでベストセラーになり、ロバート・パティンソン主演で映画になりました。あっと驚かせるラスト。

『マクリーンの川』
https://amzn.to/3HeZgTU
ブラッド・ピットの出世作『リバー・ランズ・スルー・イット』の原作。兄が弟の死を回想し自費出版した原作が世界的ベストセラーに。冒頭がが名文。

『心的外傷と回復』
https://amzn.to/3H5x9Xk
戦争、虐待、犯罪、カルト宗教…。暴力が人の心に傷をつける過程と、人の心がそこから回復する過程を解説した一級の書。ロングセラー。

q.jpg

『ミドリ ベルトシール マグネット13 』
https://amzn.to/3uqTZB0
よく使うノートにつけると、カバンの中で開くのを防ぎます。ペンもつけられます。