無料ダウンロードe-book
高速ブレンダー、ジューサーを特価でご紹介
ローフード・フォー・ビジー・ピープル
お知らせ(2023/02/09)updated!
書店様各位 読者様より『ローフード・フォー・ビジー・ピープル』のお問い合わせがあった書店様、1冊から卸売いたします。送料は当方もち、振込手数料はご負担いただきますが、各銀行に口座があります。お問い合わせ用メールフォームはこちら


メルマガ『ロービューティジャパンの野菜くだもの通信(「ロービューティ寺子屋改題」)の配信を開始しました。登録ページはこちら

有料記事「あなわたシリーズ」配信中です。


寺子屋メルマガ(配信終了)バックナンバーはこちらから読めます。
英語メルマガ(更新できてないけど) 登録はこちら バックナンバーはこちら
英語学習ドリルのダウンロードページがサービスを終了してしまったので、ただいまDLできません! 引越し先探し中。


英語・寺子屋の新規生徒様募集は当面しませんが、「以前どんなことをしていたのか?」読みたい方はこちらからどうぞ。
寺子屋・受講生様の声
英語教室・受講生様の声

2023年11月18日

やっと、また会えたね (!)  /ブログ記事たくさん更新  vol.115(通算466)

こちらの記事は
2023年11 月11日配信分の転載です。
メルマガ登録は、このブログの右上のピンクの窓、もしくは
https://www.rawbeautyjapan.com/ml_yasaikudamono/
から、
広告の入らない独立版が登録できます。
楽しみに読んでくださる方はぜひご登録ください。


**************************************************************************

Topic1  やっと、また会えたね (!)

ものを100個処分して99個は後悔しなくても、
最後の1個で強烈に後悔したりすること、ありませんか?

わたしにとってその相手は、
パナソニックのフード・プロセッサーでした。
2005年、川崎市から港区の六本木に引っ越してくるときに
処分してしまったのですが、
購入したのが1990年だと思うから、まだブランド名が「ナショナル」だったと思います。

お勤めを始めて一人暮らしを始め、
給料で最初に買った家財道具の一つだったので、思い入れも深かったのです。

その後、ローフード生活を始めてから
クイジナートの大きなフード・プロセッサーを購入しましたが、
「昔のナショナルのほうが良かったなあ」とずっと思っていました。
海外の調理家電はサイズが大きいので、日本のキッチンには不向きですね。

今週の水曜日にパナソニックを注文して、木曜日には届いて、
その日からもうなくてはならないものになっていました。

昔持っていたのは予算の関係で、野菜スライス機能のついていないモデルでしたが、
今回は野菜スライスがメインの目的で、
ハイスペックモデルにしました。

今思うと、当時予算を頑張って、野菜スライス機能をつけてたら、
一生、手放さなかったかもしれません^^
というタラレバの話はおいておいて、
これがもう、生野菜たくさん生活には大活躍します。
どんなスライスも4秒でやってのけます。

きゅうり、セロリ、大根、白菜などをスライスして
酢と油でマリネして、食べています。
マリネのブログ生地はこちら
https://rawbeauty.seesaa.net/article/501379512.html


それ以外に、これはフープロのメインの刃の仕事ですが、
パン生地もこねられます。

パンこねと野菜スライスの写真を、
インスタにあげました。
https://www.instagram.com/p/CzfXg5LyLQb/?img_index=1

(seesaa ブログに動画がうまくアップロードできないので、上記のインスタリンクから
ご覧ください)

今、レンティオでブレッド・メーカーをレンタル中なのですが、
フープロのほうが上手に捏ねられるので、
ブレッド・メーカーは近日返却することにしました。

使い始めてまだ2日ですので試していないのですが、
「大根おろし機能」も楽しみです。
というのは、以前持っていたのはこの日本独特の機能である
「大根おろし機能」がイマイチだったので。
もし使いづらかったとしても、今まで使った機能で十分満足です。

さらに、パナソニックのフープロは、食品を入れるボウルがガラスだという
利点もあります。
クイジナートは強化安全プラスチックです。
安全性には配慮しているかもしれませんが、
洗い続けていると、ガラスのほうが断然きれいです。

なんか、昔、事情があって手放した相手が、
スペックアップして戻ってきた気がしてしまいました。
自分の方もスペックアップしているといいですけどね笑



**************************************************************************

Topic2  ブログ記事たくさん更新

今週、ブログの記事をたくさん更新できました。

また忙しくて続かないかもしれないですが、
ブログ記事はヘッダーやフッターをつけたりしなくてもよく、
投稿に時間がかからないので、メルマガより更新の手間がかからないです。

ぜひのぞいてみてください。
ブログ村も復活したので、投票してくださったら嬉しいです。
https://rawbeauty.seesaa.net




今回のお話は、ここでおしまいです。
ご愛読いただきまして、まことにありがとうございました。
次回も楽しみにしていただけるように、頑張ります。


ロービューティジャパンの野菜くだもの通信

ブログ
http://rawbeautyterakoya.seesaa.net
このメルマガのバック・ナンバー
http://rawbeauty.seesaa.net/category/27696233-1.html

このメルマガの投げ銭ページ
一口100円で、何口でも投げ銭できます。
https://note.com/ishizukatomo_rbj/n/n3328054a5d8f


外国語学習メルマガ「しみこませる英語力」
(独立版できました)
https://www.rawbeautyjapan.com/ml_shimikomaseru/

☆★☆ 英語無料e-bookDLできます ☆★☆
◆『あなたの「日本語」を味方にすれば、 「英語」はもっとラクに伸びる。 』
http://www.rawbeautyjapan.com/ebook/RBJe_reportvol0120120717.pdf


☆★☆ローフード・フォー・ビジー・ピープル☆★☆
ローフードの基本と時間をかけないレシピが学べる古典。
簡単なアボカド・ディップから、三段がさねの「ロー・コテッジ・パイ」まで
1冊に147のレシピを収録のボリュームです。
書籍
http://goo.gl/31fdYv
DVD
http://goo.gl/vefC7g


☆★☆ローフード わたしをきれいにした不思議な食べもの☆★☆
今でも愛読してくださる方がいる、通称「ピンクの本」。
生の野菜と果物をたくさん食べる価値をお伝えしました。
http://goo.gl/jcnftQ


登録・解除フォーム
(独立版・登録)
https://www.rawbeautyjapan.com/ml_yasaikudamono/
(独立版・メルアド変更・解除)
https://www.rawbeautyjapan.com/ml_yasaikudamono/fm_change.html
(まぐまぐ版)
http://www.mag2.com/m/0001243615.html

twitter : tomoishizuka
instagram: tomoishizuka
threads : tomoishizuka

連絡フォーム
http://www.enpitu.ne.jp/tool/formmail.cgi?id=72381
メールアドレス
rawbeauty8あっとgmail.com

本文は著作権により保護されていますが、有料の媒体への転載をのぞき、
許可なく転送、転載可能です。
その場合は、メルマガの紹介をお願いいたします。

応援よろしくお願いいたします♡
にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村
posted by 石塚とも at 18:24| 「野菜くだもの通信」バックナンバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年11月11日

ラテン語とスペイン語とイタリア語を交互にやっている

ちょっと前に、メルマガで
「スペイン語を学ぶと英語も上達するというのは本当か?」という記事を書きました。
https://rawbeauty.seesaa.net/article/500941922.html

 その記事内で、語学学習アプリduolingo を使ってスペイン語を学んでいる、ということを書いたのですが、duolingo にはイタリア語、ポルトガル語、そしてラテン語まであったので、それらを交互にやり始めました。

 スペイン語、イタリア語、ポルトガル語、そしてフランス語も、ラテン語系の言語です。
 「これらの言語は、兄弟みたいなもの」なんて言う人もいます。

 でも、わたしは20代のとき、憧れのイタリアに旅行するためにラジオ講座で勉強して旅行会話程度のイタリア語はできるようになったのに、スペイン語はまったく通じなかったのです。ましてや、ポルトガル語も(マカオで)まったくわかりませんでした。

 そのため、「スペイン語、イタリア語、ポルトガル語、フランス語というのは、そんなに似ているのか? それとも違うのか?」というのがずっと喉にひっかかった小骨のような疑問でした。

 あれこれ手を出しているので、「男の子」「女の子」「りんご」「牛乳」を学んだ程度ですが、それでもこれらの言語は全然違う、ということがわかり、ほっとしました(喉から小骨が抜けました)。

 そして、「男の子」「女の子」「りんご」「牛乳」がわかるだけでも、言語って、バリアがとれるものだなと実感しました。

 いろいろなことに手を出しすぎているので、そんなに進まないと思いますが、duolingo は暇つぶしのゲーム感覚でできるので、ちょこちょこやってみようと思っています。

 なお、ポルトガル語は早々に挫折して(話すシーンを想像できない)ラテン、スペイン、イタリア語の中では、ラテン語を一番やっています。この3つの中で単語がフランス語に一番近いのはラテン語なので、一番らくなのです(文法は衝撃的に違います)

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
posted by 石塚とも at 01:19| 好きなこと(語学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年11月09日

ブックストア記事『はじめてのバレエ・レッスン 1バーからセンターへ』『2アレグロからポワント』

『はじめてのバレエ・レッスン 1バーからセンターへ』


https://amzn.to/3FMJVrX




『はじめてのバレエ・レッスン 2アレグロとポワント』

https://amzn.to/3u50v3J



今から30年近く前、当時体調もメンタルも崩していて何もできず、やっと少し動けるようになってきたときに、近所のスーパーの中にあるカルチャースクールのチラシを見て「やってみようかな」と思ったクラシック・バレエ。それ以来、ずーっっと残念バレエを続けています。
当時「初学者が読む本がないかな」と思って購入した本を再度入手してたのは、この本に書いてある「基本」を再確認しようと思って。
この本、カバーにロシアのバレエ学校の子どもたちの写真が使われていてめちゃ可愛い。中が写真でなくイラストなのもかわいい。しかし、のですが、著者のサリア・マーラさんが言ってることがめちゃめちゃキツイ! 立ち方の指導から厳密で、これができないと先に進んじゃダメ、と、は書いてないのですが、そうなんだろうなあ、というのが言外ににおっています。
でも、その「立ち方」から、もういっぺん確認してみたくなったのです。あの頃のわたしより、少しはできるようになったかなあ。(たぶんできてない)。

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村
posted by 石塚とも at 02:52| RBJブック(文具雑貨)ストア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年11月08日

ブックストア記事『永遠の旅行者(上)(下)』

『永遠の旅行者(上)(下)』

https://amzn.to/3FOZ0cw




初版が2006年なので、もう20年近く前の本になってしまいましたが、今年の夏にやっと読めました。
永遠の旅行者=パーマネント・トラベラーとは、居住地を定めないで所得税を回避する人たちのこと。わたしが初めて知ったのは、テレビの司会者だった大橋巨泉さん。成功コーチのジェームス・スキナー氏なんかもそうだと言われています。

この本では主人公をお金のために狙って所得税回避する人というより、いろいろ人生のいきさつでそうなっちゃったみたいなハードボイルな生き方をする人として描いていて、ちょっと鼻につきはしますが、圧倒的な情報量の多さで充実した読書時間を過ごせました。

著者の本は、そのあとも読み続けています。

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村
posted by 石塚とも at 01:48| RBJブック(文具雑貨)ストア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブックストア記事『総理通訳の英語勉強法』(講談社現代新書)

『総理通訳の英語勉強法』(講談社現代新書)

https://amzn.to/3skHc5T



記事は、先週配信したメルマガ(この記事の下半分)に詳しく書いています。

わたしはこの本を読んで、「語学を物心ついてから学んで、聞いて、話せるようになる、って、こういうプロセスなんだ」ということが、はじめてちゃんとわかったような気がします。このとおりに勉強するのはラクではないけど、「こういうふうに勉強すれば確実に身につく」っていうのがわかって、勉強に不安なく取り組めるようになりました。

あとは学習量です。死ぬまでにどれぐらい進めるかな。

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村

posted by 石塚とも at 01:34| RBJブック(文具雑貨)ストア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
test
RBJブックストア 現在のオススメ本と文具ベスト6

→もっと見たい方はこちら

(2022/12/16更新)

『人生が変わる血糖値コントロール大全』
https://amzn.to/3FtQMqV
糖尿病でなくても血糖値の乱高下を繰り返す「血糖値スパイク」が意外な不調の原因かもしれない。実践して効果を感じてます。

『ザリガニの鳴くところ』
https://amzn.to/3HaBSXx
2021年本屋大賞翻訳小説部門受賞。小説で最近一番やられた本です。2022年に映画も公開されました。

『サーカス象に水を』
https://amzn.to/3UuXVvm
古い本ですが、アメリカで口コミでベストセラーになり、ロバート・パティンソン主演で映画になりました。あっと驚かせるラスト。

『マクリーンの川』
https://amzn.to/3HeZgTU
ブラッド・ピットの出世作『リバー・ランズ・スルー・イット』の原作。兄が弟の死を回想し自費出版した原作が世界的ベストセラーに。冒頭がが名文。

『心的外傷と回復』
https://amzn.to/3H5x9Xk
戦争、虐待、犯罪、カルト宗教…。暴力が人の心に傷をつける過程と、人の心がそこから回復する過程を解説した一級の書。ロングセラー。

q.jpg

『ミドリ ベルトシール マグネット13 』
https://amzn.to/3uqTZB0
よく使うノートにつけると、カバンの中で開くのを防ぎます。ペンもつけられます。